KINGDOM FREEDOMの令名日和

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

 パチンコグッズお宝博覧会423(Daiichi-29)

f:id:kingdomfreedom:20200722165246j:plain

「フルーツパンチ」。そんな古い一般電役は打ったことがないから、ここから先はおじいちゃまの友人の部下の妻の親戚の母親の恩人の娘から聞いた話が中心なの。間違っていても怒っちゃイヤ。

 「フルーツパンチ」は平成2年にまず関西地方で販売されたんだ。7セグを使った単調な効果音のしょぼい機種だけど、当時のパチンコ台なんてみんなそんな感じだったから、今見てしょぼいとかいうのはナンセンスだよ。秘めたるポテンシャルは弩級だったからね。ゲーム性は、とにかくデジタルに図柄を揃えればいい。あとは右打ちしてパカパカ開く電チューに玉を入れれば出玉を得られる。そして、「フルーツパンチ」の唯一最大の特徴が連チャンなんだ。だから言ったろ、しょぼいとかワケわかんない戯言なんか言ってる場合じゃないんだよ。大当たり出玉がジャンジャンバリバリ払い出されている中、保留消化が始まってリーチでドン! たまんねぇなあ。これぞパチンコの醍醐味。

f:id:kingdomfreedom:20200722171205j:plain

ん?  「フルーツパンチ」じゃないの? えっ? 「CRフルーツパンチ」? ああ……そうなんだ。えっと、「CRフルーツパンチ」は平成28年に発表されていて、セルデザインも初代にクリソツなんだ。そ、そのグッズはこの横長のタオル。箱に入った状態の写真も載せておくから、あとはよろしく!(令和3年1月21日)

 パチンコグッズお宝博覧会422(三洋-40)

f:id:kingdomfreedom:20200722164503j:plain

5号機の「パチスロ聖闘士星矢~女神聖戦~」(平成27年発表)。すでに設置ホールはないようだが、その関連グッズがこの横長のタオルだ。マフラータオルなどとも称されるこの手のタオルは販促物として意外に重宝されているようで、これまでも何度も紹介してきた。そういえば、外箱も立派。

f:id:kingdomfreedom:20200722171319j:plain

ということで、以前のゴルフボールのように連続して掲載しようとも思ったけれど、連続予告は3回が好きだから、3連続としよう。(令和3年1月20日

車田正美東映アニメーション

kingdomfreedom.hatenablog.com

 パチンコグッズお宝博覧会421(豊丸-31)

f:id:kingdomfreedom:20200722162751j:plain

平成27年に発表された「CRウサビッチ パチンコの時間」。そのパチンコ関連グッズがこのトイレットペーパーだ。2個入り。中身を確認していないので、絶対トイレットペーパーなんだな? と念押しされたら自信はない。トイレットペーパーではなかったら100万円払わなければならないというゲームなら、参加しないかもしれない。しかし、見た目、これまでの経験上、触り心地などから導き出したのがトイレットペーパーなんだから、恐らく間違いないだろう。

なかなかに個性的なモチーフとのタイアップ機だったが、その関連グッズも個性的。恐らく、すでに配布されたこれらのトイレットペーパーは本来の役割であるケツ拭きに使われ、水洗トイレに流され、下水処理場でしっかり処理されて今は想い出とともに消え去ったことだろう。個性的なアタシとしては、この個性的な機種の個性的なグッズを、個性を尊重しつつ未来永劫に保管していこうとさっき心に誓った。(令和3年1月19日)

ⓒ2016 Viacom International Inc. All Rights Reserved.

kingdomfreedom.hatenablog.com

 パチンコグッズお宝博覧会420(オリンピア-2)

f:id:kingdomfreedom:20200722162550j:plain

灯台下暗し、という言葉を最初に使い始めたのが誰なのかは知らないけれど、まさにそんなことがあった。革靴はあまり履かないけれど、それなりに(というか自分なりに)高い靴が何足かあるので、たまに保革油の真似事みたいな感じでスポンジを使って磨いた気になっていた。靴がピカッと光ると気分が高揚するからだ。それで靴の持ちが良くなったか、といわれれば返答に困るけれど、自己満足はできる。

使っているのは「ツヤ革専用 ダブルシャイン」と書かれたものだが、かなり前から下駄箱に入っていたことは覚えている。しかし、これがパチンコ関連グッズだったとは! だいぶ使い込んでそろそろ新品に変えなくてはならないと考えていたところなので、写真も撮って紹介もしたから、そろそろお役御免としよう。

平成20年に発表された「CR叶姉妹危機一髪!」のグッズでした。(令和3年1月18日)

ⓒKANO SISTERS/PONY CANYON 

kingdomfreedom.hatenablog.com

※平日に1回必ずアップ!「パチンコグッズお宝博覧会」(令和元年5月1日~11月15日までは「My・パチンコ・これくしょん」)のNo.1はこちらです。

My・パチンコ・これくしょん1(SANKYO-1) - KINGDOM FREEDOMの令名日和

日和

ゆでタマゴの殻を踏んでみた

f:id:kingdomfreedom:20210117151902j:plain

朝食にはゆでタマゴを2つ食べる。ゆでたまごではない。それでは漫画家になってしまう。

ゆでタマゴ以外に、牛乳やパン、ソーセージ、そしてミニトマトやほうれん草炒めなども食すから、洋食派に見えるかもしれない。しかし、こだわりは全くなく、和食でも問題はない。ただ、作るのが簡単なほうを選んでいるに過ぎない。事実、朝食に凝っていた時期には朝から鮭を焼いたり、納豆や海苔などを用意したりと、しっかりご飯のおかずを作っていた。

 

今日(1/16)も朝食でゆでタマゴを2つ食べた。以前は目玉焼きにしていた。しかし、ガス代を考えると、数日分を一気に作って保存しておけるゆでタマゴのほうが節約できそうだし、食器を洗うことを考えてもこちらのほうが効率的だという結論に達し、それ以来、もう数年間はゆでタマゴ派である。

 

卵を何分煮るか、というのは永遠の課題だが、個人的には7分である。それが経験値から導き出した最適解なのである。ただ、たまに計り忘れることがある。ケアレスミスである。だって人間ですもの。

それが昨日、生じた。適当に煮た。

昨日は作ったばかりのものを食べたから問題はなかったが、今日は昨日作った分を冷蔵庫から取り出して食べた。

 

タマゴの皮剥きは嫌いではない。食べる前の儀式として、心の準備として、良い時間だと考えている。たかが10秒くらいだし。ところが、今日は上手く剥けない。薄皮が上手くはがれないといったレベルではなく、かなり慎重に剥かないとタマゴ自体に傷を付けてしまうレベルだ。タマゴ剥きの時間は10秒ほどが理想だから、いくら剥きにくいタマゴであってもそれ以上の時間をかけたくない。ということで、まるで月のクレーターのようなボコボコの剥きタマゴが完成したというわけだ。

 

ゆでタマゴには塩をふりかけるのが好きだ。少量の塩。何グラムからはわからない。経験則で決めている。今日も以前と同じようにかけようとしたところ、湿気っているのか塩が出てこない。フタを開け、箸の上のほうでかき混ぜてからフタを絞め、適量を振りかけたところ大増量となって塩が降り注がれた。手で削ぎ取ってから食す。美味い。

 

朝食を終え、使用した食器を台所に戻すため椅子から立ち上がり、2歩ほど進んだところで右足の裏に激痛が走った。思わず「痛(つぅっ)!」と口に出したほどだ。恐らくタマゴの皮をむいている際に飛んだと思われる殻の破片が落ちていたのである。

 

ボコボコのゆでタマゴを(一時的とはいえ)塩大増量で食べ、挙げ句の果てに殻が足に刺さるという不運の連鎖。ただ、逆に考えると、珍しいことが3連発したのだからラッキーかもしれない。特に、尖ったゆでタマゴのカケラを踏めるなんてそうそうあることではない。悪者が家の中で裸足で暴れていたら、攻撃の手段として卵のカケラを落としまくる作戦を今思いついたし、たまには尖ったゆでタマゴのカケラを踏んでみるのも悪くない。

何事もポジティブに捉えることで、人生を楽しもう!

 

足の裏はまだ痛いけどな。(令和3年1月17日)

決算発表で上へ下へ-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210112172358j:plain

1/12火曜日。関東地方にも雪が降るという天気予報もあって、しんしんと冷える家の中から外を眺める。どんよりとした曇り空ではあるが、まだ雨・雪は降っていない。年末年始の休みの後に3連休があり、コロナ禍で仕事も何もかもが不規則状態ということもあり、何となく今日が新年の仕事始め的なイメージすらある。

 

場が始まって6分、東海ソフト(4430)が前日比+90円の1,213円で寄り付いた。1/8に発表された9-11月期(2Q)の決算発表で経常利益が拡大したことを知っていたから、ほぼ予想通りの上昇である。欲を出せばキリがない。11時前にちょっとへたってきたところで半分ほどの持ち株を売りに出す。後場、ラストに近いところで約定した。

一方で、何があったのかはわからないけれど、タツモ(6266)が10時まで右肩上がりで1,500円台を回復した。5%ほど上がると売りたくなるけれど、長期で見ている銘柄だからその気持ちを抑える。2月の権利(配当と優待)狙い(直前までに大きく値上がりすれば売却する)で500株だけ持っているベクトル(6058)が1,000円台に乗り、他の2月権利銘柄も順調に値上がりしている。

とはいえ、メイン銘柄が下がっていて、先週購入した銘柄も今日はお休み気分だから、評価額は減少している。場の状況をリアルタイムで見られるからこそ信用取引ができるし、板の動きを見るのは趣味のようなものだけれど、その分、総資産もリアルタイムで上下してその数字に一喜一憂しやすく、ちょっとした値動きで(±5%程度。銀行などの金利を考えるととんでもない数値だ)買いたくなったり売りたくなったりして結果的に短期取引になることがある。まあ、自分の置かれた立場を最大限に活かし、自分がやれることをやって何とか1円でも多く稼ぐだけのことではあるが。

 

13日水曜日。窓から注ぐ日の光が優しい。外は寒いだろうが、外出の予定はないからガラス1枚隔てた外界を余裕の心で眺める。さて、パソコンでも開きますか。それが9時半のこと。

東京エレクトロン(8035)は見ているだけで気持ちがいい。本日は1,000円以上も上がって43,000円台に乗っている。3ヶ月前まで26,000円台だったハズ。最低単位数を持っているだけでも150万円以上の利益になる。最大最悪の問題は、個人的に1株も持っていないということだ。悔しい。デイトレか短期で取ってやる! いつの日か。

メイン銘柄が下がっているので買い支えるため(w)買い注文を出す。東海ソフトは長い目で見ても上がると考えているから、昨日売った株数分を本日午前の最安値で注文する。東証1部、東証2部、東証マザーズJASDAQとどの市場も10時現在の時価総額は前日比±0.01%~±0.08%程度とまさに小動きである。そんな中、恐らくPR TIMES(3922)の好決算の影響でベクトルが上昇している。タツモも利が乗ってきた。ある程度長い目で見ている銘柄とはいえ、上がっていくのを見るのは楽しいものである。

 

前場の勢いが後場に入ると日経平均株価はさらに加速する。前場で本日最安値の+1円で買えたと喜んでいたメイン銘柄がいったん切り返したのに再度下がり、買値を下回った。素直に気分が悪い。前場と比較すると、後場保有株がマイナス方向に動いている。たまたま見た日経平均株価+333.33円(14:11:48)という3の5並びを見ても普段よりも「おっ!」と思う度合いが少ない。

 

14日木曜日。本日も日経平均株価は右肩上がりである。現状維持程度が精一杯だろうという当たり前の予想は覆された。しかし、上がっているのは225関連であり、それにつられてもちろん東証1部銘柄は上がっているけれど、それ以外の市場はマイナスになっている。笑っているのはGPIFなどの機関中心だろう。負けると大きく報道されるGPIFだが、最近はニュースにもならない。つまり「ニュース」というのはそういうこと。報道されない、ということこそ「ニュース」と捉えるべきだ。アメリカ大統領選挙などでもそれが露骨に表れている。

 

とまあ、日経225をメインに投資している人にとっては大きな利益を生んでいるであろう今の相場だが、ひねくれ者の自分のような隠れ東証1部銘柄(?)やマザーズ銘柄などをメインに売買している人にとっては今日も資産はマイナス方向に振れている。その多くは確かに「途中経過」でしかない中・長期銘柄ではあるけれど、日経平均が+300円を超えている中でその流れに乗れていないのは悲しい。

個別で見ると、やはり決算発表で大きく株価を下げた銘柄が多い。しばらく追いかけていた銘柄ではディップ(2379)が最終利益を66%下方修正し本日一時10%超のマイナス。ここ1ヶ月ほどで戻り基調となり、入るタイミングを窺っているうちに最安値から700円ほど上がってしまって買えなかったアララ(4015)は、1Q経常とはいえ通期計画の進捗率0.8%ではストップ安もやむを得ないところか。

すでに祭りが終わった(?)三櫻工業(6584)は少し所有し続けているから本日の5%近い下げは痛いところ。持っていないけれどどこかで参戦するつもりのピーバンドットコム(3559)も数%ほど下げている。どこまで引き付けられるか、腕の見せ所(?)である。

 

後場、14時の段階で日経平均株価は確かに前日比で+500円超となっていた。しかし、おやつを食べて戻ってくると前日比+200円を割るという不可解さ。何が起きたのか。ひとまずメイン銘柄とディップに買い注文を入れておく(どちらも約定)。

 

15日金曜日。週末ということもあってか、本日の日経平均株価はプラスで始まったものの右肩下がりとなっている。そんな中、ベクトルが3Q経常70%増益という昨日の決算発表を受けて大幅に上昇した。配当&優待狙い銘柄で保持するだけなので、正直なところ決算発表さえ見ていなかった。

後場になって、メイン銘柄とディップが下がってきたので買い注文を出しておく(約定)。日経225を中心とした値上がり相場が下げに転じれば、これまで大して上がっていない蚊帳の外銘柄も連れ安するだろう。この期に及んでも順張りはせず、相変わらずの逆張り。これまで何度も失敗しているパターンではあるが、またその二の舞になるのか。特にディップは、下がった木曜日の始値が意外に高かったので、それを根拠に買った。これも過去に何度も痛い目に遭っているケースであるが、さてどうなるか。

基本的にはまだ上に向かっていると思うけれど、警戒心と身軽に動ける状態をキープしつつ、場を見ていくしかない。(令和3年1月16日)

1/15の日経平均株価終値…28,519.18円

 パチンコグッズお宝博覧会419(ニューギン-21)

f:id:kingdomfreedom:20200722155542j:plain

本来、入れ物というのは、中身を汚さないため、傷めないためにある。缶ジュースくらいならそのままでいいけれど、カーテンや桃を購入したら紙袋に入れて持ち帰りたい。もちろん、ブランド物のバッグを買ったり、デパートで高級背広を誂えたら、そのデパート名が入った袋を見せびらかしながら持ち歩きたいという願望も理解できる。つまり、中身と外身が一体になって構成されることが多いということだ。

これもそう。中身はたぶん、タオルだ。newgin groupと書かれたシールを剥がしたくないから袋は開けていない。しかし、透明な袋を通して見える部分から類推するに、タオルで間違いないだろう。シールのせいでタオルの触り心地とかをレポートできないことに関しては忸怩たる思いがないといえばウソになる可能性もなくはないが、感情の揺らぎについては1/fゆらぎを絶賛研究中なので、いつの日か発表できることだろう……などと相変わらずワケのわからないことを書いたことについては謝る。スマソ。

何が言いたいのか。newgin groupといくつも印刷された透明な袋と中身のタオルは、これ全体で一つの「ブツ」を構成しているということ。ポップで美しいということ。これからもこのままの状態で保管していくということ。それだけだ。

毎度お馴染みではあるけれど、いつ頃のモノなのかはよくわからない。(令和3年1月15日)

kingdomfreedom.hatenablog.com