KINGDOM FREEDOMの令名日和

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

熱い麻雀を打ちたい

f:id:kingdomfreedom:20210720054235j:plain

麻雀を覚えたのは高校1年生の時。それから数年間は狂ったように打ったものだが、ここ20年間ほどは、合わせても当時の数日分も打っていないのではないか。

 

当時は友人宅や雀荘で打つことが多かったが、多い時には2〜3卓稼働することがあった。3卓しかない安い雀荘の客はほとんど「ウチら」だけだった。他の客を見たことがない。

 

学生の本分は学業であるから、いつでも好きな時に打てるような状況を作るためにも麻雀を打てる人は多いほどいい。だから勧誘した。麻雀覚えてみないか? と。多くの人がその誘いを受けてくれたから、すぐにメンツには困らなくなった。

 

初心者M君の後ろで色々と教えている際、テンパッたのでリーチをかけるように指示し、裏ドラを見るように促した(当時はそういったルールでやっていた)。待ちはスーチーピン。すると、裏ドラのスーピンを見た瞬間にM君は「ロン!」と言った。いやいやいや、100歩譲って言うなら「ツモだろ」と思いつつ、まあまあまあで事を済ませた。

 

電気容量が大きくない某所(戦時中かよ)で卓を囲んでいた際には、1時間に2回程度、ブレーカーが落ちることがあった。30秒ほどで電気は復帰するのだが、先輩のT君はその際に牌をすり替える天才で、明かりが点いた後に妙に鼻をぴくつかせながら高い手を上がるのを得意としていた。今ではピアニストとして活躍している。

 

その友人のH君は、堂々とした体躯そのままに豪快なマージャンを打つ。負けたところを見たことがない。聞くと、冗談のように「負けたことはない」という。そして、遅れてやってきてすでに麻雀を打っているところに顔を出した際は、必ず自分の後ろに座りつつ「負けてるか?」と声をかけてくる。それが全然、嫌みな感じはせず、ごく自然で、親しみがあった。趣味が嵩じて彼は麻雀のプロとして活躍している。

 

某部室の狭くて暑くて密な環境でもよく打った。とにかくタダで打てる場所を見つけたなら多少リスクがあろうとも、ヤリたくなったらいつでもどこでも誰とでもヤリたいのだ。あれはすでに明け方だった。いくら打ちたいという気持ちがあってもさすがに睡魔には勝てない。M君は順番が回ってくるたびに仮眠してしまうので、起こさなければならない。彼の渾名は主に「サ行」と「パ行」で構成されている。それを口にすると多くの息が漏れる。密室が臭くなって一時的に空気入替のために中断しなければならなくなったことが何度もあった。徹夜麻雀もしんどいのだ。M君は大学卒業後1部上場会社に入り、今でもバリバリ活躍しているらしい。

 

友達が少ないH君とは一度だけ打ったことがある。その後、医者になったので地頭は良いのだろうが、麻雀の腕前は初心者同然。1回だけの手合わせだからその実力はよくわからないけれど、そこで負けて懲りたようで、二度と打つことはなかった。個人的にはバカなことを喋りつつ陽気に打ちたいタイプだから、目の前の手牌だけに集中するタイプの人とはあまり打ちたくない。

一度、麻雀の公式戦を観覧しに行ったことがあるが、知人の後ろで眺めつつ、もちろん声を出してはいけないし、不自然な動きをすることも禁じられ、あまりの窮屈さに二度と行くものかと誓ったものである。麻雀は楽しく打ちたい。

 

普段はごく普通に話し、それなりに朗らかなJ君は、麻雀を打つ時だけ人が変わる。まず、全く喋らない。誰が見ても怒っているような表情で、発声するのは「親満!」とか「ザンク」くらい。放銃すると、その手をチラッと見て和了者が点数を言う前に点棒を投げる。態度があまりにも悪いので数回しか打ったことがない。打っていてちっとも面白くないからだ。有名大学に進学したプライドがあり、自分ができることを他の人ができないとイライラする性格なのだ。そのプライドゆえ、40代を過ぎてから自己破産したと聞いた。

 

仲間内で麻雀をやっていると、どうしても負ける人が決まってくる。H君はその典型だった。賭博罪で検挙されることもないようなチョコレートをかける程度のレートで打っていたにもかかわらず、数ヶ月もすると1ヶ月頑張って働いた分のアルバイト代が吹っ飛ぶくらい負けている。当然、すぐには払えないから「借り」となる。他の人は基本、いつもニコニコ現金払いなのだが、H君が負けると、いくら勝ったところで実入りはない。それどころか、H君以外の人が負けた場合、「じゃあ、H君に1万円貸しがあるから、彼から受け取って」となる。負の連鎖。それでも誘われると断らずに負け続けた彼はある意味、立派である。

 

はっきりした性格で、利口とまではいえないまでも口が上手く、声が大きくて女子にももてたT君。高い手を上がれば素直に喜び、高い手をテンパイしているのに誰かに安い手で流されると手牌を公開して「こんな手を張っていたのに安く流しやがって」と声を荒げる(悪気はない)。降りるということがほとんどなく、大した勝負手でもないのに突っ張っていく。見ていて気持ち良くなるほどで、その強引さは見習いたいと本気で思ったほどだ。人生においても数多くの勝負に挑んでいき、成功者になったといっても過言ではない。

 

今は麻雀を打つために4人集めることは難しい。熱意が足りない。徹夜の可能性を視野に入れつつ打ち始めるといった無計画なこともしにくい。そのため、過去10年間は確実に一度も麻雀を打っていない。過去20年に広げても何回、打ったことか。

 

久しぶりに熱い麻雀を打ちたいけれど、叶わぬ夢かもしれない。思い出に浸るのが精一杯だ。「気」が衰えているから。(令和3年7月24日)

高崎駅周辺では次にいつSLが走るのだろう

f:id:kingdomfreedom:20210719094643j:plain

安中駅に到着するSLぐんまよこかわ※令和3年7月18日、動画撮影したものを切り出し

7/17土曜日。上越線をSLぐんまみなかみが走った。

7/18日曜日。信越本線をSLぐんまよこかわが走った。

どちらもD51 498が12系客車を牽引した。

 

しかし、7/18を最後に、これから夏休み期間に入るというのに、SLは運行されない。昨年は4月から6月までSLの運転が新型コロナウイルスの影響により休止されたけれど、少なくても今年の8月と9月の2ヶ月はそれに次いで長い期間、運行されないことになる。

 

これは実に寂しいことである。その理由はわからないけれど、一ファンとしては10月以降の運行に期待したいところだ。訓練運転が行われるなら撮影に行こうかな。(令和3年7月23日)

7月18日、この夏最後に信越本線を走ったSLぐんまよこかわの映像↓

youtu.be

冴えない3日間-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210720052928j:plain

7/19月曜日。目の前にある卓上カレンダーの7/19は赤い(海の日)けれど、昨年のカレンダー製作後に今年の祭日は変更されたのだっけ。22日と23日は祭日で場は開かれないから、今週は3日しかないことになる。4連休前の手じまいがあるだろうから、今週は冴えない展開になりそうだ。

アメリカ株は3指数ともに少し大きめの下降となった。日本株は連れ安だろう。下がる際の付き合いの良さにはそろそろ飽きたが、日経先物も下がっているし、買い場だと考えるしかない。

 

先週金曜日に望外のストップ高を演じたベクトル(6058)は、寄り付きこそ高かった(前営業日の終値1,095円、今日の始値1,125円)もののすぐに3%近いマイナスへ。一応800株持っていて、権利(優待あり)は2月だから当分先。一応長期用と考えているから、ストップ高がなければ株価さえあまり見ずにいたかもしれない。一応今日かなり上がるなら手放してもいいのだが、さてどうしたものか。

 

決算発表で下がったエルテス(3967)をまだちょっと早いかと思いつつも1,097円で拾い、タツモ(6266)前場高値(1,734円)で売ろうとして約定せず。ベクトルは板は見ていたが注文は出さず。

日経平均株価は4連敗で1,000円ほど下がった。

本日の日経平均株価終値…27,652.74円(前営業日比-350.34円)

 

20日火曜日アメリカ株は3指数ともに大きめの下降となった。日本株は連れ安だろう。下がる際の付き合いの良さには飽き飽きしているが、日経先物も下がっているし、買い場だと考えるしかない…のか?

日経平均株価は意外に下がらない。保有株式も前日より評価額はプラスになっている。安くなった銘柄を買いたいが、思いつくのは先週末に少し売った三櫻工業(6584)くらい。1,282円で売ったが、本日前場における最安値が1,157円。出来高は平均して100万株前後あるし、動きも大きめだから短期で取りつつ上昇に乗りつつ売買を繰り返すには良い銘柄である。もっと出来高が少なくて動きも悪い銘柄で鼻息荒く短期売買をしているのは、その銘柄の動きやクセがわかったような気になっていて、実際に収益が上がっているからだ。逆に言うと、三櫻工業はまだそこまでわかった気になれない。さて。

 

後場三櫻工業前場よりも下がったので1,147円で購入。BASE(4477)が3%弱上がったのはいい感じ。今週最後の取引日である明日に少し売りたいから、ひとまず明日は1,600円を超えてほしいところだ。

 

本日の日経平均株価終値…27,388.16円(前営業日比-264.58円)

 

21日水曜日アメリカ株は昨日下げた分をほぼ取り返す程度の上げとなった。今日は少し売りたい。持ち株が上がれば日経平均なんてどうでもいい。どうせ上がるだろ。

 

昨日、証券会社からメールが来ていた。未決済建玉の返済期日が近づいているとの連絡だ。メイン銘柄(現物やNISA、信用分で千株単位持っている最大&最長保有銘柄)の信用分の一部が来週、期日を迎えるのだ。現物分はもう数年以上持ち続けていて、信用分でも常に千株単位で持ち続けている。現金があれば現引きするし、その前に現物で買い足す。下がったら買い、上がったら売る。だから信用分を半年近くも持ち続けるのは珍しい。

 

ひとまずメイン銘柄は今日も上がっているから売り注文を出そうとしたらパソコンが固まった。思わずマウスに八つ当たりをするが、直らない。そんなこんなで5分ほど格闘してやっと注文できる頃には20円ほど上がっていた。2,000円儲かった。ラッキー!

 

日経平均株価は10時前を頂点に前場引けにかけて値を下げ、一時前日比500円近く上昇していたものの、前場終わりでは+135円ほど。ショボい。売りたいBASEは下がり、ベクトルは冴えず、アツいのは部屋の温度(正午前で30度)だけ。

 

後場に入って盛り返すと思いきや、日経平均株価は冴えない。メイン銘柄は一時前日比+3%ほど上昇し、前場で売った金額を超え、この分ではVWAPよりも安く売ったことになってしまい、嬉しくないのだが…。

マザーズ銘柄の中で所有しているWaqoo(4937)BASEHENNGE(4475)あたりが下げているのが気に入らない。現物分はともかく、信用分もあるからとっとと上げてとっとと売ってとっとと楽になりたいのだが。メイン銘柄が踏ん張っているからしばらくは持ち続けることができるけれど、含み損がある銘柄を見るのは楽しくない。

 

3日間ということもあるけれど、全然予定通りにいかないオリンピック開幕週であった。(令和3年7月22日)

7/21の日経平均株価終値…27548.00円(前日比+159.84円)

 パチンコグッズお宝博覧会546(オリンピア-4)

f:id:kingdomfreedom:20210519193924j:plain

パチスロガールフレンド(仮)~聖櫻学園メモリアル」といえば平成29年に発表された5号機である。ちなみに、パチンコでは今年になってニューギンから「Pガールフレンド(仮)」が発表されている。「パチスロガールフレンド(仮)~聖櫻学園メモリアル」のグッズはクリアファイルで、質量ともに満足のいくものとなっている。見ているだけでニヤついてしまうのはなぜだろう。(令和3年7月21日)

CyberAgent,Inc. All Right Reserved. ⓒCA/GFB-P

 パチンコグッズお宝博覧会545(藤商事-41)

f:id:kingdomfreedom:20210519193651j:plain

「ヘルプ」という機種名の中で最も有名な機種は何か。そんな問題を出された。一昨日の夢の中で、である。若い俺は「CRAヘルプ!!!恋が丘学園おたすけ部」(平成28年発表)と答えた。最近髪の毛が後退して頭頂部が思い切り禿げてきた俺は「CR髪さまヘルプ」(エース電研。平成13年発表)と答えた。まともに働かず自己破産して周囲に迷惑をかけまくった還暦間近の俺はヘルプ(銀座。平成5年発表)と答えた。全部俺だったり答が合っていなかったりしても夢の中での出来事だから整合性などあるわけがない。

何が言いたいか? このクリアファイルは「CRAヘルプ!!!恋が丘学園おたすけ部」のものである、ということだけだ。そんなこと、言っちゃっても、いいですか?(令和3年7月20日

ⓒDecco / ⓒSGF

kingdomfreedom.hatenablog.com

 パチンコグッズお宝博覧会544(Daiichi-37)

f:id:kingdomfreedom:20210519193552j:plain

記憶というのは混濁するものである。少なくともパチンコグッズお宝博覧会原稿執筆者は。というのも、歌手の氷川きよしを題材にしたパチンコ台は1回だけ出ていたと思っていたのだ。しかし、そのグッズとなるクリアファイルを見たところ、「CR氷川きよし2 ~今夜はきよしとふれあいましょう~」と書いてあるではないか。つまりこれは、初代が平成22年に発表された後、平成26年に世に出た2代目のほうだったのである。

クリアファイル4枚セット。背景が青、赤、金で構成されている3枚を見ると、何となくチャンスアップを連想してしまうのは職業病の一つかもしれない。(令和3年7月19日)

ⓒNagara Production

kingdomfreedom.hatenablog.com

コロナ禍の節約食事生活

f:id:kingdomfreedom:20210715112205j:plain

緊急事態宣言(まん延防止含む)の期間のほうが平時よりも長い東京の2021年。群馬県は平時だが、外出自粛、三密回避の大前提は守りつつ生活している。

 

有効期間が今年6月末までの予定だった群馬県の食事券(1万円で1.25万円分使用できる)は、6月下旬になって7月以降も使えることがアナウンスされた。7月第3日曜日までは残っていた食事券を使ってちょっぴりお得に外食していたが、ついに切れた。

 

ファミレス系を中心にした株主優待券が恐らく2万円分くらいはあり、使用期限までにそれを使い切りたいから、まずはそれを使う。並行して、対象飲食店は少ないけれどQUOカードが3万円分くらいはあるはずなので、それも積極的に使っていこう。

 

あとは、Tポイントとdポイントがある。Tポイントは食べログで連携して使えるのだっけ? dポイントはホットペッパーでも使えるはず。これらも合計すれば3万ポイント以上あるから、飲食店の予約はちょっぴり面倒臭いが、ポイントなどというものは早く使ったほうがいいというのが持論だから(その割に多くのポイントが残っている矛盾はいつものことw)、来週の連休から使っていく。

 

これら株主優待券、QUOカード、Tポイント、dポイントを使用している間に群馬県の食事券が販売開始になるのが理想的だ。何の権限も責任もないから適当なことを言うと、個人的には新規感染者よりも医療の逼迫と感染による死亡者数の2つを基準にして緊急事態宣言(まん延防止含む)や様々な自粛態勢を考えるべきだと思うから、明日からでも食事券の販売を再開してもいいと考えている。今後の新型コロナウイルス感染者の増加傾向によるから予想するのは難しいけれど、オリンピック開催によって大都市における新規感染者が増加せず、特に群馬県は最近でも10人以下だけれどそれが維持もしくは減少すれば、遅くても緊急事態宣言の期限とされる8/22以降に販売再開となるのではないか。使用期限は10月末。

 

自粛は飽きた。疲れた。悪い意味で慣れた。

 

カスによるゲス行動でクソみたいな生活を余儀なくされて数年。自粛生活により生活レベルは一段と下がり、全てにおいて倹約する生活をしている。

 

それなら自炊生活のほうが安上がりよ、という意見は参考にしつつ(w)、まずは暑い夏を乗り切ろう。(令和3年7月18日)