パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

東京エレクトロン(8035)の株主総会に行ってきた

f:id:kingdomfreedom:20190618141739j:plain

ペットボトルの水をもらって9:40頃に着席した

3月決算メーカーの株主総会が始まった。今日は東京エレクトロン(8035)に行く。会場は東京メトロ並びに都営地下鉄大手町駅下車のパレスホテル東京2階「葵」である。池袋駅から丸ノ内線に乗って大手町駅を目指したのだが、通勤時間帯である。ホームが見えないほどの人の群れに窒息する思いがする。大手町駅に着いてからも人を惑わす。大手町駅はとにかく広く、丸ノ内線からパレスホテル東京に直結しているC13b出口までは500メートルほどあるのだ。時間に余裕があるから鼻歌交じりで歩けるが、知らずに来たら卒倒することだろう。

 

受付で会社案内と総会資料、そして1000円分のクオカードが入った封筒をもらい、水を受け取って会場内へ入る。

 

総会は10時ちょうどに始まった。聞き取りやすい声とわかりやすい資料を見て、会社への理解度が深まっていくことが自覚できる。質疑応答は9問で、会社への意見や激励などもあり、思わず議長の眉間に皺がよるような厳しい質問はない。来年度は減収減益見通しで、最大1500億円の自社株式取得決定後も株価は下がり続けているから、それに対する質問は出たものの、高い配当性向やROEもあるからか、波乱も混乱もなく1時間40分ほどで総会は終了となった。最後に、1996年から20年ほど社長や会長を務めた東哲郎氏の挨拶もあり、単純にいい総会だったと思う。

 

出席者の90%以上は50代以上で、女子比率は1.5%~2.3%といったところ。ハゲ比率は15%程度か。もし女子高校生が紛れ込んでしまったら、加齢臭で泣き出すような集団といえよう。

しかし、自分も含めて何をしに株主総会に行くのだろう。クオカードを1000円分、頂いたので赤字にはならないけれど、定時に間に合うように会場に行き、100分間おとなしく座り続け、言葉を発するわけでもなく、横文字や専門用語を聞いても100%理解しているわけでもないだろうに、株式保有の参考にでもするのだろうか。

個人的には、社長や取締役の顔つきや仕草を見たり、発言内容やその際の所作などを見ている。人間観察だ。

 

今日の東京エレクトロンの株価は前日比145円安(-1.02%)の14,120円で引けた。株主総会は滞りなく終わったけれど、株価上昇まではまだ少し時間がかかるのかもしれない。(令和元年6月18日)