パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

日経平均株価が9月になって1,000円以上も上がりました

f:id:kingdomfreedom:20190912092337j:plain

日経平均株価は、令和元年8月末で20704.37円。9月になって最初の取引日である2日こそ20620.19円と下がったものの、そこからは7連続で上昇し、昨日11日には21,597.76円と、8月末に比べて893.39円の上昇となった。今日12日前場途中時点でも160円ほど上げている(9時半現在)。

株価は世界的に見ても下がる要素ばかりが目につき、9月上旬に1,000円も上がるなどと予想した人は少ないのではないか。カラ売りが入りすぎたこと、アメリカの株高、円安、そして今週はメジャーSQと、結果的に上がったことに対して後付けで理由を挙げることはできるけれど。

個人的には9月権利(配当と優待)を考慮した株式購入はほぼ終えた。IPOは少ない資金をあっちこっちに移動しつつ前期型と後期型の両方に申し込み、もちろん一つも当たらない。下がったら信用全開勇気凛々天衣無縫で購入予定のいくつかの銘柄は緩やかに上昇し続け、もう逃げられたと認識している。

消費税の増税が待ち構えている10月。9月上旬の株価上昇が仕掛け的なもの(円の動きで300円程度の上昇は説明できるが)なら、9月権利を考慮してもそろそろ頭打ちだろう。すでに消費増税も米中間の問題も織り込んでいるならともかく、今後も難しい読みにくいわかりにくい理解しがたい予想外の展開が続くはずだ。

そんなときは、場をしばらく離れる、短期か超短期(デイトレなど)で攻める、中期から長期に備えて勉強する、といったことが考えられる。が、株キチ〇イにとって株価を見ない生活は考えられないし、デイトレするには資金が足りない。長期に備えてNISAでの購入はしていて、そのための研究はしている。

さあ、そんなことを書いている9月12日10時の段階で、日経平均株価はまた上昇し始め、前日比+200円を突破して21,800円台に再び乗った。自分の持ち株の中で構成比が最も高い銘柄の元気がないのは気がかりだが、ここ数年、最も利益を生み出している銘柄だけに、多少の停滞くらいは気にしないことにしている。

さて、それでは仕事に戻りますか。千葉県のほうでは台風15号の影響による停電が続いていて、知人も住んでいる地域だけに、少しでも早い復旧を願って。あと、もう9月も中旬になったのだから、もう少し涼しくなることを心からお願いして。(令和元年9月12日)