パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

東北の私鉄がまだ現役だったころ……

f:id:kingdomfreedom:20190918150916j:plain

昭和52年。当時はまだ東北地方に数多くの私鉄が走っていた。

 

今でもそうだが、国鉄(現JR)なら沖縄県以外のすべての都道府県に存在したからそのすべてに乗りたいと考えるくらい興味があったけれど、私鉄は特に大都市圏を中心にあまり興味がなかった。ゆえに、国鉄全線乗車後に私鉄も全線乗ろうという常識的な思いが湧くことはなかった。思い返せば、国鉄であっても大都市近郊の、例えば総武本線片町線などは「完乗」という目標があるから乗っただけだ。逆にいうなら、私鉄であっても地方の1日に何本も走っていないような不便な列車には乗りたいと考えていた。

 

東北地方の国鉄乗り潰し旅に出た際に、私鉄の弘南鉄道、栗原電鉄、十和田観光電鉄南部縦貫鉄道岩手開発鉄道福島交通鉄道、津軽鉄道、同和鉱業花岡線に乗車したのは当然のことだった。当時、すでにこれらの私鉄はどれも見るからに経営が苦しそうに見えた。ローカル線然としていた。実際、その後、これらの多くの私鉄が廃止されてしまったが、令和の今でも弘南鉄道福島交通津軽鉄道の3線は生き残っているのだから凄い。東北地方の国鉄(現JR)も、日中線と大畑線、そして岩泉線はレールが剥がされてしまったけれど、第1次廃止対象路線でも久慈線宮古線、盛線、矢島線、角館線などは第3セクターとして生き残っており、鉄道に対する愛着があるのかもしれない。

 

写真の車内乗車券は、記念としてわざわざ購入したものが多い。一番安い形で発券してもらっていることからも、それがわかる。硬券乗車券もパンチが入っているから、実際に乗車するために買ったものだろう(記念にするなら基本的には未入鋏を希望する)。残念なのは写真右下の津軽鉄道の自動券売機による「軟券」だ。国鉄(現JR)の入場券をコンプリートしようと収集に熱を入れていた頃も、やはりこの軟券には手を焼いた。時間が経つにつれ、印刷された文字が消えてしまうのである。当時からすでに地方の私鉄なのに(失礼)自動券売機を導入していた事実は驚くべきことだが、収集家としては残念でしかない。(令和元年9月21日)