パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

プレミアム付商品券のあれやこれや

f:id:kingdomfreedom:20191001194125j:plain

知人の佐藤君から借りました。撮影後はスタッフで美味しく頂きました

 プレミアム付商品券とは何か?

 

「消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和地域の消費下支えのため、プレミアム付商品券事業を実施します。」

内閣府のHP上の文言である(太字部分も)。

 

令和元年10月からの消費増税にともない、政府は景気対策のためにキャッシュレス決済などを条件にポイント還元策も実施するという。事業者の規模によって還元ポイントは2%と5%となしもある。食料品など軽減税率が適用されているモノもあるし、持ち帰りとイートインで税率が変わるとか、景品の額によって税率が変わるとか、もう全然理解できない。

 

プレミアム付商品券は、条件を満たした人だけが25,000円分使える商品券を20,000円で購入できる。1家族に2人、条件を満たす人がいれば最高50,000円分の商品券を40,000円で購入できるわけだ。

 

再び内閣府のHPを見てみる。「購入いただいた「プレミアム付商品券」は税率引上げ後の6か月の間、地域の幅広い店舗で日常的なお買い物にご利用いただけます。」

とのことだ。

 

知人の佐藤君から借りた東京都板橋区のプレミアム付商品券(プレミアム付板橋区内共通お買物券)を見ると、有効期間は来年2月29日までとなっている。参考のため他の区なども見てみると、3月末までの地域もあれば2月末までの地域もある。それならHPにも「5か月~6か月」とか「概ね6か月」と書いてほしいかも。

 

また、地域によっては使えるお店が少ないケースもありそうだからちょっと見てみたら、例えば東京都青ヶ島村は商品券使用可能店舗が1軒しかない! もちろんこれは特殊なケースだろうが。

 

プレミアム付商品券購入対象者は、軽減税率とポイント還元策も考慮に入れつつ、上手く使ってほしいものである。(令和元年10月5日)