パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

My・パチンコ・これくしょん111(SANKYO-14)   

f:id:kingdomfreedom:20190726190449j:plain

う~む、また懐かしいものが出てきたものである。いわゆる100円ライターで、15年前のものだから、今でも火が点くのか誰だって興味があるところである。最近のモノとは異なり、軽い力で火を点けられるのが長所であり、試してみたところ、火が点いた。凄いね、日本。15年経過しても使えるなんて。パチンコの関連グッズとして100円ライターはいくつもあるから、これからもちゃんと使えるのか確かめながら紹介するとしよう。

SANKYO新規則第1号とあるように、このライターは平成16年10月に発表された「CRフィーバー大ヤマト2」関連グッズである。「ZX」は確変率71%、「ZF」は確変率68%で、どちらも大当たり確率は1/496.5というもの。これ以降、翌年まで多くのパチンコ台のメイン機種が1/490以下になった。これだけ低い確率にも関わらず多くの人に名機と慕われ、内緒の話だが令和になってからも某ホールにまだ設置されている(令和元年8月現在。ただし、某有名サイトの機種名リストからは今年になって外された)。その壊れ方(ハンドルとかボタンとか)は壮絶だが、よくもまあ15年近くも生き残ったものだ。

ちなみに、ライターは新品同様である。(令和元年10月15日)

※追記:令和元年10月末現在、関東地方某ホールの「CRフィーバー大ヤマト2」はまだ現役で稼働中。

ⓒ2002松本零士 ユウガ<「大銀河シリーズ」より>

kingdomfreedom.hatenablog.com