パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

北陸新幹線安中榛名駅19本停車は11日間限定でした

f:id:kingdomfreedom:20191026190912j:plain

令和元年6月撮影

北陸新幹線台風19号による影響で一部区間が運転中止となり、10月14日〜24日まで東京駅〜長野駅間で折り返し運転を行った(長野駅以西については省略)。各駅停車の「あさま」のみが走ったこともあり、安中榛名駅には1日19本もの「あさま」が停止することになった。これは、開業以来初の出来事だったが、11日間のみのこと。

台風前に比べると本数が減ったり時刻が変わったり停車駅が減ったりしたものの、10月25日に東京〜金沢駅間が暫定ダイヤで開通した。

 

安中榛名駅を中心に考えると、一時的に1日19本もの列車が停車したものの、暫定ダイヤでは上り12本、下り11本となった。北陸新幹線は東京方面と金沢や富山などとの速達性が主目的の路線だから、「かがやき」や「はくたか」を少しでも多く運転するべきであり、小さな通過駅は多少不便になっても仕方がない。ただ、このダイヤはあくまでも暫定的なものであり、11月30日以降は停車しないかもしれないと予告されている列車、下りの「はくたか553号」と「あさま605号」、「あさま617号」もある。これが本当に止まらなくなったら安中榛名駅の下りは8本になってしまう。

 

11月30日以降、どのようなダイヤとなるのか。注視していきたい。(令和元年10月27 日)