パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

最大最悪のギャンブルに手を出してしまうのかっ!

f:id:kingdomfreedom:20191211104124j:plain

12/10池袋駅近くで見かけた黄色いIKEBUS。11/15には赤いIKEBUSの試運転に遭遇している

人は論理的な行動を取るとは限らない、ということは証明されているらしい。

朝令暮改、前言撤回で非常識的かつ非合理的な行動を取ることもあるだろう。

 

いきなり言い訳をし始めたのには理由がある。何かギャンブルをしようと考えたのだ。当然、それには理由がある。最近、デジタル時計を見たら11:11:11だったとか、車のトリップメーターに目をやったら222だったとか。何かを暗示しているのでは?(そんなことはないのに)良い流れが来ているのでは?(前向きな点は評価してもいいかもw)そう思ったのだ。

 

自分なりに何かを信じたり、何かを拠り所にしたり、何かにすがったりすることが必ずしも悪いことだとは思わない。信じすぎるあまり、それを望まない人まで巻き込むのは避けるべきだが(個人的には冠婚葬祭で六曜が活用されている程度のことには身を任せている)。

 

麻雀を打っていると「今は対子(トイツ)場だから云々」とか、パチンコを打っていると「アツいリーチをハズしたからしばらく当たらない」とか、宝くじを購入しようとすると「4番窓口は避けたほうがいい」とか、カジノでルーレットを楽しんでいると「流れが悪いからしばらくケンだな」とか、家を建てようとすると「この方角に水回りがあると気が悪い」とか、それがたとえ経験則から導かれたものであっても、万人に当てはまるわけではないし、科学的根拠がないものに説得力はない。株式投資では過去の豊富な経験が逆に判断を誤らせて大損することもある。行動を起こすにあたって正解を求めるのであれば、常に情報を刷新しつつ新たな考え方を導入して緻密に分析することが重要なのだ。

 

……というようなことはわかった(つもり)上で、やっぱり「流れ」みたいなものはある。感じる。乗ってみたい。きっかけにしたい。偶然が重なることでその流れが「必然」に変わり、行動を起こす基になる。

 

麻雀は10年近くやっていない。今のパチンコが勝ちにくいのは理解している。カジノは遠い。家は建てない。ということで、忌み嫌っているといっても過言ではない空くじ、もとい宝くじを買ってみようかと思う。競馬の有馬記念やボートレースのグランプリのほうがまだ分析する面白さやレースを楽しむ余地があるのだろうけれど、経験値が低すぎてそんな余裕がないのだ。

 

日本にある合法的なギャンブルの中で最も控除率が高く、ほぼ万人が負ける宝くじ。平成17年に売上額1兆1,047億円を記録した宝くじも、平成29年には7,866億円にまで落ち込んでいる。30%近い下落率だ。平成29年の売上額7,866億円の内訳を見ると、当選金46.9%(3,690億円)、公共事業などに使われる収益金38.1%(2,995億円)、印刷経費や手数料が13.7%(1,079億円)、広報費が1.3%(102億円)とのこと。(※注1)

 

多くの人が「宝くじは当たらない、お布施はもうヤメだ」と考えたのか、団塊の世代可処分所得が減少した影響が大きいのか、その分析は宝くじ評論家にでも任せるけれど、さしあたっての必要な分析は、年末ジャンボ宝くじの発売概要だ。

 

ふむふむ、1等賞金は7億円で、それが当たる確率は2,000万分の1か。1枚300円だから100枚、3万円分購入してやっと20万分の1か。2等は1,000万円で当たる確率は2,000万分の3≠666.7万分の1だから、3万円分購入すれば6.7万分の1。数字を分析してしまうと全く当たる気がしなくなる。出るのは溜息だけだ。

 

まるで宣伝のようだが、年末ジャンボ宝くじと同じ期間に発売される年末ジャンボミニもある。これは1等賞金が3,000万円で当たる確率は1,000万分の4(250万分の1)だ。1枚300円だから100枚、3万円分購入すれば2.5万分の1になる。2.5万分の1というのは、1日3食約23年間食べ続けて、そのうちの1食が当たる程度のもの。途方もない。

 

軽い気持ちでネット情報を見ただけなのに、すっかり落ち込んでしまった。

 

年末ジャンボ宝くじ発売終了まであと1週間弱。さて、どうしたものか。

論理的な行動を取るのか、非常識的かつ非合理的な行動を取るのか。

買わないという選択肢はあるだろう。

 

連番で10億円当たったら……夢だけ見て過ごすとしよう。(令和元年12月14日)

 

※注1…出典:総務省のHP「宝くじの売上額と収益金額の推移」http://www.soumu.go.jp/main_content/000583736.pdf