パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

道路交通法改正。より高い安全運転の意識を!

f:id:kingdomfreedom:20191212131350j:plain

12月1日から道路交通法の一部が改正された。ポイントは、携帯電話使用等対策の推進を図るための規定の整備だ。いわゆる「ながらスマホ」により悲惨な交通死亡事故が発生しているということで、

★携帯電話使用等で交通の危険を生じさせた場合、罰則は1年以下の懲役または30万円以下の罰金、違反点数は6点(免許停止)となる。

★携帯電話使用等(保持)の場合は、罰則は6月以下の懲役または10万円以下の罰金(反則金は普通車で18,000円)、違反点数は3点となる。

 

悲惨な交通事故をなくすためにできることをやるのは賛成だし、実際に携帯電話使用等で交通事故を起こしてしまった人に対する厳罰化は現在の日本の世論の流れから見てやむを得ない。日本社会に広く告知して(最近は外国人がレンタカーを運転するケースも多いから、彼らへのしっかりした啓蒙が必要)危険な運転を少しでも減らせればいい。

 

一方で、携帯電話使用等(保持)による罰則(反則金や違反点数も)は厳しい。そして、警察官の恣意的な取締りが発生する可能性が高く、現場での軋轢が発生しそうで心配だ。それを差し引いても、そこまでの罰を与えなければならないほど事態は逼迫しているのだろうが、注視とはどの程度の時間なのか、注視により車の挙動に異常が発生したのか、運用面での難しさを感じる。

 

個人的には運転や車社会への興味・関心が大きいので、12月から施行された道路交通法の概略は理解しているし、当然、携帯電話使用等により違反行為となるようなこと、勘違いされそうなことをするつもりは全くない。

 

ただ一つ、個人的に心配なのは、現在使用している車にはナビゲーション画面にしか時計がないことだ。運転中に時計を見ることは意外に多く、その度にナビを注視する。表示されている数字が小さいし、背景の地図と混ざってちょっと見にくいからだ。腕時計を見ればいいのでは? とよく言われるけれど、運転時間の多くを占める夜に腕時計は役立たない。新たに見やすい電波時計でも購入するしかないだろう。ナビも音声案内を中心に使用し、画面を注視しなくても済むような運転を心がける必要がある。

 

※ナビ画面の時計をある程度の時間、見ることは罰則の対象ではないが、何を見たのか、注視したのかしていないのかの判断はそれぞれの取締り現場での判断になる。また、「注視」の定義も巷間、約2秒などと言われているが、これも判例で定まっているわけではないし、ストップウォッチで計ることもあるまい。

 

ごく一部の法律や条例やルールやマナーを守れない輩のせいでこんな道路交通法が施行されたわけだが、これまでもこれからも一般常識と道路交通法遵守を心がけている人にとって悪影響はない。常に安全運転をするだけ、である。(令和元年12月28日)