パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

パチンコグッズお宝博覧会164(高尾-9)  

f:id:kingdomfreedom:20190911160019j:plain

令和元年も今日で終わりである。早いものだ。ちょっと前に令和になったと思ったのに、もう令和2年だって。

大好評の「パチンコグッズお宝博覧会」(旧My・パチンコ・これくしょん)も今日で164回目。令和元年5月の最初の平日から始めたわけだが、順調に回を重ねている。特に困ったことはないし、面倒なことも少ない。肩の力を抜いて適当にやることには長けているんでね。

とはいえ、今回が令和元年最後の「パチンコグッズお宝博覧会」なので、やっぱり特別な、イベント的な、記念碑的な、象徴的な、明示的な、そんな何かを載せたいと1ヶ月と3日前から考えていた。それがコレ。缶コーヒーである。

左が平成23年の「パチンコCR弾球黙示録カイジ2」、右は平成26年の「パチンコCR弾球黙示録カイジ3」の発表に際してそれぞれ配布された缶コーヒーだ。では、缶を裏返してみよう。

f:id:kingdomfreedom:20190911160823j:plain

缶底には賞味期限が書いてある。平成23年発表の「パチンコCR弾球黙示録カイジ2」は2012年1月30日、つまり平成24年1月末が賞味期限。平成26年発表の「パチンコCR弾球黙示録カイジ3」は2015年11月28日、つまり平成27年11月末が賞味期限。関係ないけれど、写真の背景はSANKYOのカレンダーで、今年(平成31年→令和元年)のものだ。過去に撮影した写真を載せているわけではないよ、というアリバイ作りのようでこういったことは嫌いなのだが、ま、たまには。

さて、このコーヒー、簡単にいうなら、大幅に賞味期限が切れている。そんな賞味期限が切れた2種類のコーヒーをこうやって載せられるなんて、感涙モノである。問題は、いつ、飲むかだけ。(令和元年12月31日)

福本伸行講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

福本伸行講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

福本伸行講談社・VAP・NTV

kingdomfreedom.hatenablog.com