パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

大河ドラマ「麒麟がくる」は好発進らしい

f:id:kingdomfreedom:20200120130356j:plain

NHK大河ドラマの「麒麟がくる」の関東地区の平均視聴率が19.1%だったとか。その昔、ウチにも視聴率調査の依頼があって……はさておき、4年ぶりの好発進と伝えられている。私も視聴した一人である。

 

昨年は早々に大河に見切りをつけ、「ポツンと一軒家」を楽しんでいた。今年の大河は時代劇であり、降板女優の話題もあったから「撮り直したのはどのあたり?」といった野次馬根性も手伝って初回はNHKにチャンネルを合わせた。

 

その初回放送後は「麒麟がくる、極彩色に賛否」といった見出しの記事があり、この「〜に賛否」という見出しは大嫌い(賛否は何事にもあるだろうし、どちらかに肩入れすることでの反論を避けているし、考えられた見出しではない中途半端なものだから)なのだが、それはまた別の機会に譲るとして、ひとまず次も見ようかなという気にはなった。撮り直しの違和感はないかな〜、探しちゃおうかなあ〜という思いもあるし、次回以降に登場する俳優への興味もある。

 

とはいえ、ここ10年くらいで最後まで興味を持って見続けた大河はほぼない。浮気せずにどこまで見続けるか。大河を多少なりとも楽しみにしている自分に気がついて年を取ったなあと思いつつ、もうしばらく様子見程度に受信料の元を取るべく(w)日曜日の午後8時には家にいるようにしようと思う。(令和2年1月20日