パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

渋滞1キロが常に表示されるナビはバグ? 

f:id:kingdomfreedom:20200125151943j:plain

関係ないけど、最近はエンジンをカギでかける車が減ってるなあ

昨夜(正確には1/24の夜)、安中市のR18で交通事故があった。上り車線にトラックが横転して完全に道を塞いでしまったため、警察は下り車線を両方向通行にして対処した。そのため、R18は上下線とも1キロ弱の渋滞が発生した。現場はちょうど2車線から1車線に変わるところであり、若干の渋滞が発生しても不思議ではないこともあり、ナビゲーションに渋滞マークが表示された際は(原因はわからなかったが)それを信じた。そして、実際に渋滞となった。

 

普段、使用している車のナビは、不思議なことに、ある地点で1キロの渋滞が発生していると常に表示しやがる。昼間であろうが夜中であろうが風雨が強かろうが大雪だろうが事故がなかろうが、その場所は常に「1キロの渋滞」。実際に通ると混雑すらしていない。スピードを落とすことなく快適に通過できる。だからもう、この「狼少年」には慣れてしまっている。

 

数年以上前になるが(関東としては)いきなりの大雪で道路網が麻痺した際、1キロを5時間かけて走行したことがある。古い車に乗っており、ナビは単なる地図表示装置で渋滞情報などは表示されない。高速道路の出口付近だったこともあり、天気という自然現象に巻き込まれただけでなく、人体の自然現象にも巻き込まれ、付近の雪は黄色く変色し……私は膀胱が強く尿意を我慢することには長けているので車外に出ることはなかったが、あと2時間動かなかったら大変なことになっていただろう。それから車を買い替え、渋滞情報などもしっかり表示されるナビを使うようになったというのに「狼少年」……。

 

それでもナビの渋滞情報はしっかり活用している。年々進化しているであろうナビの事故情報、渋滞や混雑の情報などを信じて受け入れ、心の準備をするわけだ。だから今回の事故渋滞においても、ナビに渋滞情報が表示された際、事故直後なのか、すでに交通整理している段階なのかによって異なる対処方法(迂回する、受け入れて待つなど)を考えていた。その根幹にあるのはナビの情報が正しいと信じる心、純真な気持ちである。実際問題、事故渋滞であっても動いているのであれば全てを受け入れてゆっくり進むしかないと思うし、ここまで進化したナビへの感謝もある。

 

だからこそ、どんなときでも「1キロの渋滞」と表示されるバグ(?)は解消されるべきだ。クレームではなく、情報としてナビ関連会社にこの事実を伝えようと思う。そうすることで、ナビ情報がより正確で緻密になっていくのであればちょっと嬉しい。(令和2年1月25日)

↓1月24日の交通事故の現場

https://youtu.be/LojvudMqAN8