パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

上野駅公園口が移設オープンする日。そして山手線あれこれ

f:id:kingdomfreedom:20200318114259j:plain

3月上旬、公園口前の様子

今年3月14日、山手線に30番目の駅として高輪ゲートウェイ駅が開業した。その日、駅の切符を購入するのに長い列ができたという。いつか見に行きたいとは思うけれど、ダイヤ改正日でもある当日は、群馬県を走る「SLぐんまよこかわ」を撮影していた。鉄道好きとしては非主流的な動きではある。いわゆる鉄ちゃんが嫌いで、集団に加わるのも嫌だから、その輪に入るのを本能的に避けているのかもしれない。

ニュースで知ったことだが、開業日の高輪ゲートウェイ駅に集まった一部の人には常識からかなり逸脱した行動も見られたという。ホームで三脚を立てる、フラッシュをたく、一般利用客に迷惑をかける、乗務員の指示に従わない……。もう何年も何十年も言われていることで、もちろん鉄道に限ったことではないけれど、結局は自分さえ良ければいいということなんだろう。どの世界にも一定量はおかしな奴がいるものだ、と諦めるしかないのか。

 

ところで、今日3月20日は、山手線上野駅の公園口が100メートルほど北側に移設される日だ。これを書いている今はまだ夜中の2時だが、初電が走る頃には新たな公園口がオープンすることになる。自動改札機が増え、何よりも明るい雰囲気になりそうだ。

f:id:kingdomfreedom:20200318114358j:plain

工事中のロータリー。中央奥に見えるのが新しい公園口。右奥に旧公園口

思えば、数年前(平成29年頃)から工事をしていた。掲載写真は3月上旬のものだが、その時もまだ工事中だった。エキュート上野や展望テラスは4月下旬のオープンらしい。また、公園口改札前の道路はロータリー化されるとのこと。次に上野公園の桜を見に行く際は、新しい公園口改札口を通ってみようと思う。

 

山手線の話題は尽きない。渋谷駅の工事は常態化しているが、目的地への経路をしっかり把握できればかなり便利になったことがわかる。新しい施設や店も増えており、行くたびにちょっと迷いつつも楽しい。

 

原宿駅の新駅舎と新ホームは3月21日から供用開始になると発表されている。旧駅舎は歴史があって見た目は良かったけれど、駅ホームから改札口に至る通路などは狭くて便利ではなかったし、古さが目立っていた。竹下通りには用がないけれど、年内には行ってみたいものだ。

 

山手線を走っていた最後のE231系は今年1月で引退し、今では全てE235系化されている。そういえば最近は「乗るたびにE235系ばかり来る」という印象だったけれど、全てE235系化されているのであるから当たり前のことだったのだ。SL以外の車両にはあまり興味がなく、電車も気動車も客車も「●●系」と言われても実はよくわからない。

 

新型コロナウイルスのニュース一色の昨今、ざっと見回しただけでも山手線(や鉄道)の前向きな出来事は少なくない。人込みは避けつつも、経済を少しでも回すために鉄道を利用し(←コレ重要)、周囲の人に迷惑をかけないように(←コレも重要)楽しんでいきたいものだ。(令和2年3月20日