パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

巣籠り効果により、株式への投資が増加する?

f:id:kingdomfreedom:20200408155641j:plain

最近、ネット証券会社の口座開設数が伸びているという。SBI証券の口座開設数はついに500万を突破し、野村證券楽天証券も今年3月の開設数はかなり伸びたという。世界的な新型コロナウイルス蔓延の影響により、全ての国の株式は下落の一途となり、今が株を買う良い機会と考えた人が多かったのだろう。

 

思い返すと自分もそうだった。リーマンショックで株価が信じられないくらい下がったので、ほぼ全財産を株に突っ込んだ。時期が良かっただけでド素人でも簡単に利益を出すことができ、「自分は天才なんじゃないか」と自惚れたことがなかったといえばウソになる。

 

今、世界を見渡せば、まだ新型コロナウイルスによる死者は増え続けている。戦いの終わりが見えない。それでも、感染者のペースが落ちたといっては株価が上がり(その分析があっているかどうかには疑問の余地がある)、死者数が増えたり財政出動に失望したりしたといっては株価が下がっている。それも、1000㌦(ダウ平均株価)とか1000円(日経平均株価)とか、通常ではなかなかお目にかかれない乱高下を繰り返している。1日の値幅が1000㌦とか1000円を超えることもあり、それはAI取引の影響だとされているけれど、ザラ場でパソコンのキーボードをパタパタ叩きながら注文を入れる個人にとっては、板を見ていると目が回りそうである。10分で2~3%動く銘柄もあるのだから。

 

この乱高下は、株取引を始めた、もしくは始めようとしている人たちへの手荒い歓迎なのか。恐怖感を植えつけようという策略なのか。そのどれでもないとは思うけれど、多くの人が自宅に籠っているから、株価が下がった今は株式投資を始めるチャンスではある(今は安いが、それは高い時と比べているからであって、今が最安値とは限らない)。銘柄分析に時間をかけられるし、値動きをじっくり見られるからだ。

 

4/7に東京都など7都府県に対し「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態宣言が発令されたことによって、今まで以上に外出する機会は減少する。自宅で作業をする人も少しは増えることだろう。個人的にも、今は仕事をしながら株取引もすることがある。新型コロナウイルスの蔓延による巣籠り現象は、働き方や学び方、買い物から人との付き合いだけではなく、生活の根本まで変えることだろう。

 

その場合に高騰する確率が高い銘柄は何か? 1世帯30万円も最大100万円(個人事業主への給付金)も最大200万円(中小企業への給付金)も給付される可能性は極めて低いだけに(※様々な給付条件がある)、多少なりとも株で利益を上げていきたい。新型コロナウイルスによって資産は半減したが、この戦いの終点が見えそうになった時、株価が必ず反転するのはわかっている。その時までしっかり生き残るべく、この巣籠りを活かしたいものだ。

4/10 15時現在の日経平均株価…19,498.50円(前日比+152.73円)(令和2年4月11日)