パチンコグッズお宝紹介とたまに「株」と「SL」と「車」

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

パチンコグッズお宝博覧会250(西陣-10)

f:id:kingdomfreedom:20191219185122j:plain

「CR花満開」(平成5年)はバカみたいに連チャンするCR機で、保留1個目の連チャン性もあったから、通常図柄で当たっても期待感があってそりゃもう大変だった。3or7図柄でリーチがかかってスーパーリーチに発展しようものなら2台隣のおばちゃんが身体を大きく乗り出して覗いてくるなんて日常茶飯事。反対側で打っているおじちゃんだって、当たれと祈っているのかハズれろと念じているのかは知らないけれど、必死に図柄の動きを見てくれる。大当たりになってもハズれても、その図柄表示部分と人の顔を交互に見てから自分の台に戻る。それが常だった。そして、ドル箱をバンバン積み上げても普通のことだから、逆に3連チャン程度で終わってしまうと悲しかったものだ。

そんな「花満開」の魅力は物凄い連チャン性なのだが、低音で奏でるスーパーリーチもしっかりすっかりぽっかり心の奥のほうに沈殿しているから、その後に数多く発表されたシリーズ機でメインリーチとなっている花満開リーチがかかると、やっぱりちょっとときめいてしまう。人間なんてそんなものだ。

平成16年に出た「CR花満開極」も楽しかった。その前年に久しぶりにストップボタンが搭載された平和の「CRブラボーファイブ」が登場して以来、他メーカーからもボタンが付いた機種が出たが、西陣の「CR花満開極」にもボタンがあった。この変動では期待できないな、と思いながらボタンを押したらズガンと図柄が揃った際のあの快感。時間効率も良かったし楽しかったしいっぱい勝ったしいい思い出ばかりだ。

そうそう、写真は平成23年に発表された「CR花満開麗」のブツである。(令和2年5月12日)

kingdomfreedom.hatenablog.com

※「パチンコグッズお宝博覧会」(令和元年5月1日~11月15日までは「My・パチンコ・これくしょん」)のNo.1はこちらです。

My・パチンコ・これくしょん1(SANKYO-1) - KINGDOM FREEDOMの令名日和