パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

車のナンバープレートが盗難被害に遭ったあの日

f:id:kingdomfreedom:20200603101103j:plain

※写真は一部加工してあります

緊急事態宣言の期間も終わり、徐々に日常を取り戻しつつある。しかし、数日間〜2ヶ月ほど休業していた影響は色々とあるもので、廃業した店や、営業は開始したけれど以前のような賑わいのない店、久し振りの営業でカンを取り戻せていない店などがある。個人的には、3週間くらい休んでいた飲食店がやっと開けたので6月になってから恐る恐る行ってみたのだが、肉は古いし、提供タイミングは悪いし、火をつけるのを忘れるなどいくつかのミスがあった。巡航運転に入るまでしばらくかかりそうだ。

 

先週、車内から現金などを盗まれたことを書いて思い出したのだが、もう一つ、ナンバープレートの盗難被害に遭ったことがある。

 

まだ、運輸支局(自動車検査登録事務所)名の後に続く「自動車の種別による分類番号」が2桁だった頃に購入した車に乗っていたが、その時点で車を買ったら3桁になるというタイミングである。いつものように徒歩と電車を使って出社しようと家を出て、駐車場を何気なく見たら違和感があったのである。バッチリメイクで決めているはずが口紅だけ塗り忘れているというか、左足が革靴で右足がスニーカーみたいなただならぬ気配というか。それでも、気のせいだと思い込もうとした。その現実から目を背けたいという深層心理がそうさせたのだろう。ナンバープレートがない?

 

先ほど見えたのは車の後部だけだが、前に回ったらそちら側のナンバープレートもなかった。何とも間抜けな顔をした我が愛車。施錠はされたままであり、車内から盗まれたものはなく、傷もついていなかった。それは救いだった。

 

警察にナンバープレートが盗まれたことを申告し、新たにナンバープレートを申請して取り付けるように言われたから一応聞いてみた。「プレートが戻ってきたら、それをつけられますかね?」。洒落で言ったつもりだったが、警察官曰く「犯人は盗難車に取り付けて使うために盗んだんだろうし、そんなものが返ってきたところで再び使いたいか?」。

 

その後、愛車のナンバーは「自動車の種別による分類番号」が3桁になり、「一連指定番号」も変わってしまった。無駄な時間と経費もかかった。盗まれて良かったことなど何もない。いや、今日、この文章を書けたことだけは良かったのかも。人間、思い込みが大切である。(令和2年6月7日)