パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

3月を最後にSL撮影から遠のいた結果、ガソリン代は浮いたけれど

f:id:kingdomfreedom:20200609122116j:plain

令和2年3月14日撮影。この光景が見られるのはいつのことだろう

最近、ガソリン代が減少したように感じる。

20世紀に購入した「ハイオク仕様の街乗り燃費約6キロの車」から新車に乗り換えた直後から燃費が良くなったのはわかっていたけれど、今年4月頃からガソリンを入れる頻度が少なくなり、多少ガソリン代が安くなったこともあって、家計に占めるガソリン代比率は確実に下がった。

 

これは新型コロナウイルスの影響である。群馬県では土日を中心に上越線信越本線をSLが走る。他に用事がなければその撮影に行っていて、今年も4月は7回、5月は8回(試運転込みなら10回)行く予定だった。1回の撮影で40〜50キロは走るから、月あたりにすれば300キロ〜500キロになる。それが全て中止になったのだから、どんなに鈍感な奴でもガソリン代が減ったことに気がつくというものである。

 

6月も予定していた5回分のSL撮影がなくなった。

 

7月以降も全く不透明で、以前は7月〜9月までのSL運転予定がJRのHPに明示されていたからそれに応じて予定を立てていたが、今は運転カレンダーが消えている。運転の予定が立たなくなってしまったのだろう。当然、こちらも撮影の予定は消え失せた。

 

ガソリンを入れる頻度が抑えられ、支出が減ったのは悪いことではないけれど、JRは収入が減り、鉄道マニアは趣味に割く時間が減り、観光客が落とす金も減った。経済が動かず会社は倒産し福祉への依存度が上がり……。全くこの新型コロナウイルスというのはタチが悪い。すでに東京オリンピックどころか、2年後のW杯さえ開催が危ぶまれ始めているとか。

 

未だに新規感染者が表に出てきている以上、自粛生活は継続せざるを得ない。もう以前のような生活には戻れないにしても、感染者0が1ヶ月程度続いて束の間でもいいから新型コロナウイルスから意識を遠ざけられるような生活をしてみたい。半ば義務のようにも感じつつSLを撮影していた3月までが懐かしく感じる今日この頃だ。

 

本来なら、今日は安中駅を15時59分に発車する旧型客車を牽くSLぐんまよこかわを撮影する予定だったので、この文章を16時にアップして自分の気持ちを表したいと思う。(令和2年6月13日)