パチンコグッズお宝紹介と「株」&「SL」&「車」

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

ELぐんまよこかわに乗車してきた。3ヶ月半ぶりの運行再開を祝して

f:id:kingdomfreedom:20200712085505j:plain

f:id:kingdomfreedom:20200712085148j:plain

EF64 1001が高崎駅2番線ホームに入線してきた

7/11、ついに「EL・SLぐんまよこかわ」が3ヶ月半ぶりに走ることとなった。

 

信越本線高崎駅〜横川駅)と上越線高崎駅水上駅)をSLが走ることは、もはや日常の風景であった。沿線に住む人はその時間になると子どもを抱いたり手を引いたりして、走り抜けていくSLに手を振ったり歓声を上げたりする。様々な地域から鉄道や車を使って集まった人々はそれを被写体にシャッターを切ったり動画撮影をしたりする。

そんな日常は新型コロナウイルスにより一発で覆ってしまった。3/21を最後に運休し、4月からの旧型客車デビューも群馬DCオープニング号&ダブルSLぐんま号も八高線を走るはずだったSLも全て夢と消えた。

 

それがやっと新型コロナウイルスの対策を施して運行を開始することになったのだから、微力ながらJRに金を落とそうと考えるのは自然な流れだろう。普段は沿線での撮影に精を出し、たまに入場券(150円)を購入するくらいしか貢献していない。今日は乗車券と指定券分のお金をお小遣いから支払おう。

 

当日朝、高崎駅に降り立った。霧雨が降っているけれど、改札を抜けると「ELぐんまよこかわ」の発車案内板の撮影をする人がいる。ホームでは、あちらこちらで駅名板やポスターを撮影したり、入線に備えてホーム前方で待機する人々がいる。八高線から降車した人たちが「久し振りにSLが走るのね」といった目でホーム上の人らを眺めながら階段に急いでいる。乗務員や関係者も集まってきて、ホーム全体にワクワク感が漂っている。

 

これまでのELやSLの入線時と同じように歓迎されつつ2番線ホームに「ELぐんまよこかわ」が入ってくる。ホーム上の様々な場所でカメラを構える人々がいる。一通り撮影を済まして12系客車に乗り込む。コロナ対策のため、4人掛けの座席に2人までとなっているようだが、各ボックスは概ね埋まっている。この日を待っていた人が多いのだろう、皆、笑顔だ。

f:id:kingdomfreedom:20200712085315j:plain接続待ちがあって発車は遅れたけれど、「のってたのしい列車」だから、それを気にする人は少ないだろう。

電気機関車EL64 1001のホイッスルと、補機を務める蒸気機関車C61 20のそれに呼応する汽笛を残して高崎駅を15分近く遅れて発車する。未だ霧雨が降り続いていることもあり、沿線で手を振ったりカメラを構えている人は若干少なめではあるが、それなりにいる。皆、この日を待っていたのだ。

 

定番のジングルが流れた後に、案内放送が始まる。最近は、鉄道に乗ること自体が減ってしまった(特にコロナ禍ではほぼ皆無)し、このジングルを聞くのはいつ以来か思い出せないくらい前のことだ。過去に国鉄(現JR)の完全乗車を目指していた頃は休みがあると全国のローカル線に乗りに行っていて、宿泊代節約のために夜行列車や駅寝も多く、その頃に聞いた案内放送前などに流れるジングルは頭に残っている。だから、これを聞くと懐かしさで涙が出そうになる。

 

安中駅磯部駅と停車しながら「ELぐんまよこかわ」は快調に進んでいく。有名撮影ポイントの通称・安中鉄橋を望む傾斜地には20人以内くらいの撮影者がいる。少ない。雨が降って雑草が生い茂った場所に陣取るとなるとかなり濡れてしまうから、違う場所で撮影する人が多かったのか。松井田駅西松井田駅近くの撮影ポイントもまばらだけれどカメラを構える人がいる。手を振る人も多く、走る列車と沿線で見送る人々が一体になっているのを感じる。ほんわかする。ほっこりする。そういえば、安中駅では「のってたのしい列車」の運行を祝して、喜びを表す言葉を書いた紙を乗客に向かってアピールする人々がいたが、これも運転再開があってこそのこと。ついでに、列車内で配られた記念品の中には「群馬DCオープニング号ーダブルSLぐんま号 2020.4.4」と書かれたウチワも入っていたけれど、ある意味幻の列車のものだから、これはこれでいい記念になる。

 

横川駅に到着する。先ほどから霧雨が小雨に変わっており、ホームに降り立つと傘が欲しいくらいには降っている。何やら音が聞こえてくるのでその方向に近づくと、ホーム上で安中総合学園高校和太鼓部が演奏しているところだった。こんな光景も「のってたのしい列車」ならではだ。非日常を楽しみにきているから、到着後も高揚感が続くことになる。

f:id:kingdomfreedom:20200712085353j:plain

横川駅で。傘が欲しい程度の雨が降っていた

久し振りに楽しいひとときを過ごした。普段のSL運転日は沿線で撮影することが多いけれど、たまに乗車してみるのもいいものだ。1時間なんてあっという間である。

高崎駅→横川駅の乗車券代金…510円 指定席券代金…530円

f:id:kingdomfreedom:20200712181819j:plain

乗車したELぐんまよこかわ車内で頂いたもの

 さて、では復路の「SLぐんまよこかわ」の撮影でもしますか。(令和2年7月11日)

 

※当日の乗車動画です↓

youtu.be

 

※当日の復路・SLぐんまよこかわの走行映像です↓

youtu.be