パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

たまには僥倖にぶち当たることもある-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20200804135918j:plain

今週から8月の売買となったわけだが、先週末(先月末ともいう)の7/31に日経平均株価が22,000円を割り込んだこともあり、今週からの値動きには不安要素が多いと盛んに書き立てていたメディアはどこだ? まあいい。ドル円も104円台になっていたし、東京を中心とした新型コロナウイルス感染者数は増加の一途を辿っていたのだから、日経平均株価が下がった理由として感染者増を謳っていたメディアとしては、そんな結論に落ち着くのは当然のことだろう。

 

ここ最近ずっと追いかけていたディップ(2379)、ピーバンドットコム(3559)、東海ソフト(4430)、ベクトル(6058)、トプコン(7732)などの銘柄もこの日(7/31)は下降一直線で、信用買リスク減少のため、ほぼ全てを損切りした。同時に、これまたほぼ同数を買い直した。後場が始まる際にともに成行で売買したのだ。買ったことが間違っていたとは思っていなかったけれど、時機が少し早かったということ。評価額がマイナスになった事実を見て損を確定し、また先を見て買うべきなら黙って購入するということだ。

 

8/3の週になっても東京を中心とした新型コロナウイルス感染者数は減らなかったが、日経平均株価は月曜日、火曜日と上昇した。円も軽く1円以上動いた。現物でも信用でも多く持っているメイン銘柄がちょうど決算発表を控えており、決算がどんなに良くても翌日から大きく下げる傾向があるため、NISAも含めて500株ほど売却した。現物の評価損益は300%を超えており、これがあるからこそ信用取引ができる富の源泉(大袈裟!)なので、まだしばらくそれなりの株数は持ち続ける予定である。だから500株しか売ってあげないのだ。

 

8/4には持ち株の中からザラ場でニュースが出た。エルテス(3967)である。そのネタの強さがどの程度なのかイマイチよくわからず、前場の最高値である1,362円で売りに出したが約定しなかった。昼飯のソバを食べながら板を見ていると、後場が始まる前に買いが増えてストップ高になりそうだったので、1,516円に注文単価を変えたら12:45に見事約定して23%の利益。全くの僥倖としかいいようがない勝ちだが、たまにはこんなこともないと。

ついでに、昨日1,609円で売却したJBCC HD(9889)が下がってきたので1,521円で再戦を挑む。

 

翌5日は真夏日になったからか(苦笑)売買のやる気が少し殺がれ、8月権利の優待情報を眺めていた。株式の売却益や配当には高い税金(20.315%)がかかるけれど、優待品は無税だ。それゆえに1ヶ月に1回くらいは魅力的な優待がある銘柄をチェックする。銘柄独自の優待やクオカードなど、8月権利でも数多くの優待が見つかったけれど「1年以上継続して保有」などの条件が付くことが多くなったような気がする。優待だけタダ乗りしようという輩を排除するためにはいいアイデアだが、その魅力は以前に比べて、相対的に少し下がったといえるだろう。普段よく利用している飲食系の優待でもゲットするか。9月権利を考えるとしよう。

そんな前場ではヤマウ(5284)を売った。10時過ぎまでいつものように閑散としていたのだが、10:30から動き出したので大して儲かってはいないものの464円で売り出したところすぐに約定。売買も活発になって10:35には500円まで上昇した。何かネタでも出たのだろうか。よくわからん。後場には少しだけ利益が出た東海ソフト(4430)を少しだけ売って少しだけ満足した。ベクトル(6058)も売りに出したが1円届かず苦笑いして終わり。

 

6日は昨日売れなかったベクトル(6058)を再び同じ813円で約定を狙うもまたも届かない。最近、優待の改正で値を上げているテンポイノベーション(3484)も売りたかったがこれも届かず。積極的に売ろうと考えているわけではなく、自分が納得できる金額に届いたら売ろうと考えているので、注文単価を買えずに頑固に守ったことが売れなかった原因である。一方で、軽い気持ちで買い注文を出していた東海ソフト(4430)が買えていた。平穏な一日だった。

 

7日、三度目の正直となるベクトル(6058)の813円売りがやっとかなった。値動きのいい銘柄だから、またすぐに売買することになるだろう。テンポイノベーション(3484)も自分の売りたい値になってしっかり約定した。今日は米の雇用統計もあるし3連休前だからポジションを落としたいと考えていたものの、火曜日に上がることも考えて思わずディップ(2379)を2,074円でポチッ。場が終わってからはIPO(インターファクトリー(4057))の申し込みをして今週の株取引を終了した。

 

今週は僥倖としかいいようがない勝利もあって、利益面では比較的満足できた。メイン銘柄も珍しく決算発表による大きな下げはなく、-2%程度だったから全く問題なし。来週は夏枯れになりそうな気もするが、気持ちだけは枯れずに売買していこう。(令和2年8月8日)

8/7の日経平均株価終値…22329.94円

 

kingdomfreedom.hatenablog.com