パチンコグッズお宝紹介と「株」&「SL」&「車」

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

驚天動地! 取引全面停止とは!-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20201001121850j:plain

28日月曜日。9月最終週である。そして9月権利確定日でもある。

先週末に現物買いと信用売りの成行注文を出していた銘柄が約定したのを確認してから場を眺める。朝から日経平均株価は200円近い上昇で始まり、個人的に最も多くの株式を保有しているメイン銘柄も上がっていて心は平穏である。

今週から10月入りということもあって、そろそろ今年の株式収支を考えなければならない。何が起こるかわからないとはいえ、準備は必要である。ひとまず、今年はそれなりに儲かることを前提に用意しようと思う。

例えば、今年100万円の利益(売却と配当)があったとする。税金は20.315%(以下、面倒なので20%とする)だから、税金は20万円だ。それならば、利益は80万円で本当に必要で有益な株主優待が20万円付いてくるほうが税金面ではいい。80万円に対する税金は16万円で、株主優待に税金はかからないからだ。ごまめの歯ぎしり程度ではあるが、結果的に利益を増やすことができる。本日朝の成行売買は、それ(つなぎ売り)である。

 

先週末に損切りした東芝(6502)が軟調だ。キオクシアホールディングス(6600)の上場延期の影響だろう。すでに株主ではないけれど、東芝に限らずこれまでの10年以上の投資生活の中で関わってきた数多くの銘柄にはそれなりの思い入れがある。不祥事の発覚による暴落で多額の損失を被ったオリンパス(7733)、6,380円で買ったらすぐに1万円以上に跳ね上がったものの結局勝ちきれなかった日本エスコン(8892)、16,000円台で買ったものの11,000円台で売らされて大負けしたファーストリテイリング(9983)……。大きく負けた銘柄のほうが記憶に残っているけれど、元カノとの思い出のようなもので、今でも元気にやっていることがわかればそれなりに嬉しい。エルピーダメモリ(6665)やタカタ(7312)のように上場廃止になった銘柄であっても。それゆえに、東芝の株価の推移も見守っていくつもりだ(もちろん、チャンスと考えた際に売買できるように、だ)。

後場、狙っているというかマークしているというか、普段からずっと眺めているいくつかの銘柄の株価が自分の売買基準に達しないため、ずっと静観している。9月権利銘柄がもう少し動くと考えていたが、スカされた感じだ。まあいい。こんなこともある。注文さえ出さずに後場を終えるのも悪くない。

 

29日火曜日。NYダウもNASDAQも上昇した。こうなると東京エレクトロン(8035)も上がってしまうかもしれない。さすがに昨日は配当分を考慮すると「買」のボタンは押せなかった。でも今日は押すつもりだ……ったが、ちょっと欲張ったこともあり、買えなかった。27,000円を割ったら買う予定(本日の最安値26,880円)だったのに、一瞬の逡巡があった。そして逃げられた。追いかけたくはない。100株だけでも様子見で? とも思ったけれど、脊髄反射で買えるほどの銘柄ではない。しばらくは「見」である。

 

午前中から下がっているのは日経平均株価だけで、マザーズは2%以上も上昇している。メイン銘柄も無事権利を通過したけれど、今日はしっかり上がっている。もう5年以上の付き合いになる銘柄だから、他銘柄のように素直に権利落ち→株価下降という単純な動きをしないことはわかっている。それでもちょっぴり不安だったけれど、この銘柄が上がればトレードが楽になるので今日も心は平穏である。

つなぎ売り分の信用現渡を終え、前場後半の右肩上がりの株価上昇(権利落ち分を完全に埋めた)を見ながら買える銘柄探しに勤しむ。

 

後場になっても権利落ちしたメイン銘柄が好調なので信用分を100株だけ売ってあげる。普通なら昨日売っておくのが常道だが、いつもこんな動きをするから目が離せないし、SNSなどに意味不明な書き込みがあったりする。実に面白いではないか。この先も業績は良さそうだから株価は上昇するだろうが、機関の空売り攻撃を受けやすいので、それも考えつつ売買していくことになる。

ディップ(2379)を2,143円で売り、フルスピード(2159)を526円で購入。NTTドコモ(9437)はTOBか。初めて株主総会に行ったのはドコモだったのを思い出しつつ、どうせ買えないだろうから参戦はせず。日経平均株価は結局プラスで終わり、マザーズもしっかり。

 

30日水曜日。秋らしいカラッとしたいい天気である。前場でディップを2,190円で売る。まだまだ持っているから上下どちらに動いても歓迎である。

 

株式は上がったり下がったりするものであり、購入後に上がり続ける株はない。上がって利益が出たなら売ればいい。下がっても想定内なら買い足せばいい。下がりすぎたら損切りだ。1日の売買が700株しかなく、その内300株が自分だった際に、証券会社から「価格形成に影響を与える可能性があるから云々」というメールが来たことがある。そんなこと言われても……だが、こういった流動性の低い銘柄こそが一番タチが悪い。理由(分析)不明で上下動する銘柄のほうが、心の健康には良くないかもしれないが、動かない銘柄や流動性の低い銘柄よりもマシだ。

普段、監視している銘柄が結果的に抜けていってしまうのは、自分が売買していた値幅を大きく上回った場合である。例えばディップ。特に理由もなく上下動している(分析不足)が、今はその上下動を活かして売ったり買ったりしている。右肩上がり3連発で500円も上がってしまったらいったん、ポートフォリオから外す。そうやって外れる銘柄があるから、常に追加する銘柄も探さなくてはならない。一定範囲で上下動してくれていれば売買だけで済むから楽でいい。もちろん、すでに5年以上持ち続けている(売買による増減あり)メイン銘柄のようなものもあり、基本的には長期投資を軸としつつ、短期売買やIPOなどを駆使しているだけである。

 

後場に入ったら何が起こったのか知らないが、日経平均株価が急落した。思わず東京エレクトロンをポチる。条件反射というやつだ。27,555円也。しかし、購入後もまだ下がる。アメリカ大統領選の討論会でバイデン氏有利が伝えられ、NYダウ先物が売られた(→米企業への増税→米企業の利益減少→株価下降という連想らしい)。それに乗じて日経先物に仕掛け的な売りが入ったとか。

ついでに、ということでJBCC HD(9889)とフルスピードにも注文を入れておく。最近、持ち株を減らしていたので余力は十分。無駄撃ちは嫌だが、動けるときには動きたい。しかし、買った後も下がり続けた東京エレクトロン損切りポイントに到達してしまった。結果的にデイトレとなり、損失確定となった。27,000円を割ったら買おうと考えていたのに、焦って注文した罰が当たったということだろう。一発叫んで忘れることにする。9月最終日を有終の美で飾れなかったのは残念だが、今月もプラス収支で終われたのだから良しとしよう。

f:id:kingdomfreedom:20201001122020j:plain

10/1木曜日。とんでもないことが起こった。東証時価情報配信障害により取引中止となったのだ。それを知らず、場が始まる前に(東京エレクトロン成行買)注文を入れようとしたのだが、「現在、当該注文はできません」という表示が出た。信用と現物で数回試したがダメ。口座を乗っ取られた? (絶対ないが)追証? パソコン不調? 他の証券会社の取引画面もいくつか見てやっと「東証の障害による売買停止」という前代未聞の事態を知った。さすがに再開前に「何時から再開」といったアナウンスはあるだろうが、それも証券会社の取引画面を見ていないと何時からなのかがわからない。見逃したせいで損をするのは嫌だから、結局何の取引もできないのにパソコンの前から動けない。うんこにも行けない。

 

うんこした。いきなり始まることはないだろうと思ったからだ。洗濯もした。風呂の電球が切れた。でも、1ヶ月ほど前に電器店に行ったついでに予備電球を購入していたので問題なし。自分を褒めよう。無為な時間が流れる。板の動きを見たい。投資家っぽく振舞いたい。値動きに一喜一憂したい。もう完全に株依存症である。病院での治療が必要となろう。ただ、億単位の利益を株で上げている人の何割かは、ほとんど依存症なのではないか。そんな気がする。負けているなら治療。勝っていれば財産と称賛を得て豊かな人生を。結果が全てである。

f:id:kingdomfreedom:20201001122121j:plain

午前中の段階で本日の取引が終日停止されることが発表された。切り替えよう。本日のザラ場→掃除に振り替える。儲ける機会を逃した半面、損失の機会もなくなった。信用の金利負担とか海外投資家への配慮とか、数多くの問題があるだろうが、それは東証が解決すべきこと。明日の場が9時に開くことを期待するだけだ。

 

2日金曜日。NYダウもNASDAQも上昇した。これでは東京エレクトロンは買えない。相変わらずディップは元気でいい。メイン銘柄が人知れずゆっくり上がっているので、板を監視するだけ。下がってきた東海ソフト(4430)を1,346円でポチ。フルスピードも注文しておく。

 

後場に入ると大きなニュースが飛び込んできた。トランプ大統領新型コロナウイルス検査で陽性になったという。当然、日経平均株価も反応した。個人的にも即座に反応し、前場で買った銘柄も含め、リスク回避により信用分の多くを損切りする。

10月になって取引全面停止の翌日に損切りパレードか。仕方ないとはいえ、残り3ヶ月がちょっぴり不安な秋模様である。(令和2年10月3日)

10/2の日経平均株価終値…23,029.90円

kingdomfreedom.hatenablog.com