パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

経済を動かすためにできる小さなこと

f:id:kingdomfreedom:20201017125521j:plain

新型コロナウイルスの感染者は未だに減らないけれど、Go Toキャンペーンは全国的な広がりを見せ、それなりに魅力あるキャンペーンが始まっている。どの業種においても何とか生き残ろうと独自のキャンペーンを行っているケースもあり、それをうまく活用することで通常より安い金額で楽しめるのは嬉しいことだ。

 

Go Toトラベルキャンペーンではすっかり出遅れて今のところ具体的な利用は考えていないけれど、Go To Eatキャンペーンではその恩恵を早速受けてきた。

 

Go To Eatは2種類ある。一つは登録飲食店で使用可能な25%のプレミアム付き食事券、もう一つはオンライン飲食予約→利用によるポイント付与だ。

 

群馬県においてはプレミアム付き食事券に付いてはまだ販売概要が発表されただけで、来週からネット受付(抽選)が始まるとのこと。どの飲食店が登録されるかわからないとはいえ、申し込もうと考えている。

 

昨日利用したのは、オンライン飲食予約→利用によるポイント付与だ。ディナー(というほど洒落た店ではないが)で利用したから、多分ポイントが貯まったことだろう。貯まったポイントの使い勝手はイマイチ良くないけれど、普段から外食が多いので、キャンペーン期間中は行きつけの参加店舗を探し予約して出かけるとしよう。

 

集客という点で頑張っているJR(東日本高崎支社)にも期待したい。特に10/9から始まった「鬼滅の刃×SLぐんま〜無限列車大作戦〜」では様々なイベントだけではなく、駅名票の装飾や機関車にオリジナルデザインヘッドマークを付けて運行するなど、行きたくなる乗りたくなる撮りたくなる仕掛けがいっぱいだ。実際に、沿線の撮影人口は確実に増加している。撮影者は車で来ることが多いかもしれないし、人が多くなれば無茶や無謀なことをする輩も増えるだろう。JRへの実入りは恐らく小さいはず。それでも何とか前向きにイベントを行うことに対して、貧乏人とはいえ少しは寄与したい。それゆえ、今日も駅で入場券を購入した。貢献度はたかだか150円だけれど、ちりも積もれば、だ。(令和2年10月18日)