パチンコグッズお宝紹介とたまに「株」と「SL」と「車」

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

NYダウ3万ドル突破と日経平均29年ぶり高値-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20201127131451j:plain

11/24火曜日。3連休明けの日経平均株価は本日も右肩上がり。前場で前営業日比+600円を楽々超え、後場に入ると+700円以上で保有株もほぼ全てが上がった。

メイン銘柄もやっと時流に乗ることができたのか、5%以上の値上がりとなっている。そして何より、板に変な気配がないのがいい。後場始まってちょっと経った頃のトータル売注文が7万弱、トータル買注文が7万ちょいと、いつものメイン銘柄に戻っている。先週下がったところで苦しい思いをして何回か買注文を出したけれど、それが報われるなら嬉しい。業績や将来性などを考慮すると、今の株価はまだ全然安いと思うのだが、それは市場、というか大口投資家が決めること。ここまで長く付き合ってきても、最高値から株価が4分の1になったり、そこからまた数ヶ月で3倍になったりと、魔性の女でももう少し付き合いやすいのではないかと思えるほどの動きを見せる。何度も書いているけれど、この銘柄のおかげで株式の世界で生き残ることができたといっても過言ではないので、最も多かった頃の持ち株に比べると4分の1ほどに減ったとはいえ、まだまだ上下動にドキドキしながら売買を繰り返しつつある程度の株数を持ち続ける予定である。

 

今週は26日に11月権利が来る。大した優待銘柄はないけれど(失礼)、4銘柄で優待を頂こうと考えている。また、12月のIPOラッシュに備えて、足りない資金を作るためにいくつかの株式を売らなければならない。1日に上場(抽選)が3つも4つも重ならないようにしていただけるとありがたいのだが、色々大人の事情もあるのだろう。

 

25日水曜日。NYダウは史上初の30,000ドル突破ですか。「ニュース」としてはキリの良い数字を初めて上回ったということで経済紙(誌)ではなくとも取り上げるだろう。NASDAQも12,000超でS&P500指数は3,635。30銘柄で構成されているNYダウよりS&P500指数を見たほうが良いような気もする。個人的には日本株も同様で、日経平均株価よりもマザーズ指数のほうが気になる。

以前、損切りしなかった分が少し残っている三櫻工業(6584)が朝から上がっている。なぜ今日、一時8%近い上昇となっているのかは知らないけれど、ひとまず697円、698円、705円と少しずつ売却した。1ヶ月半ほど持っていたことになる。残りは現物ばかりだから、もう少し様子を見るとしよう。IPOに備えた換金売りを望外の銘柄で達成できそうなのはツキが回ってきたということか。

 

新規上場株式は出来高が多く値動きが良くなる傾向にあるから、前場にアララ(4015)に買注文を出しておいたら後場始まってすぐに約定した。しかし、その後はさすがに日経平均株価も垂れてきて、前場の元気の良さが嘘のように三櫻工業も下がったから、機械的に655円でちょっとだけ買い戻す。メイン銘柄も昨日の上昇分を帳消しにするような下げとなっていて、遊んでばかりもいられないのでアララを3,275円で売り飛ばす。結果的にはデイトレとなったわけだ。一時540円ほど上がった日経平均株価は結局+131円で終わった。

 

26日木曜日。メイン銘柄の出来高が前日の半分になった。以前は、その半分程度の取引が当たり前で、だいぶ増加してきてはいたのだが、機関投資家の目的がある程度達成できたのかもしれない。知らんけど。この流れは翌日にも引き継がれ、その結果として値動きも悪く、±1%も動いていない。

結果論をいくつか。その1。アララが今日は下がっている。昨日、薄利で売っておいて良かった。三櫻工業が下がっている。昨日、信用分を全て売っておいて良かった。現物分も売り、下がったところでもっと買い戻していればなお良かった。

 

27日金曜日。朝からどんよりした天気である。日経平均株価は始まってすぐに前日比マイナスになってから上昇に転じたが、個人的には保有株式の多くが上がっているので気分はどんよりしていない。 上がって下がって上がってと、方向性のない展開で自分の売買の方向性も定まらずに見ているだけ。

最近、インターネットか何かで「株で億単位の儲けを出した人」が、「売るのが下手(売り時が下手)」だから長期投資をメインにするようになったという主旨の記事を見たけれど、本当に売り時は難しい。また、上がると分析して購入した株を、上がったところで売るのは違うのではないか、というような記事もどこかで見た。よくわかる。1年に1回も当たらないIPOのために銀行と証券会社間を頻繁に金銭移動したり、短期投資で少ない利益を懸命に稼いだり、取引内容や日々の株価の動きを表計算ソフトで管理したり、ザラ場では板を追いかけたり、大きなニュースが飛び込んでくるたびに株価の変動にやきもきしたり、それなりの利益がないならやっていられない。11月は8月~10月に比べると株の売買益は上がっているけれど、費やした時間から時給を算出すると恐らく屁みたいなものだろう。少なくとも、満足感はない。

後場に数銘柄を売りに出し、約定したのは1,153円のエルテス(3967)だけ。

 

今週も不完全燃焼で終わった。来週は来月で、今年の最終月。だから何? の気持ちで精進していこう。(令和2年11月28日)

11/27の日経平均株価終値…26,644.71円