パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

迷惑メールと迷惑電話

f:id:kingdomfreedom:20201214131926j:plain

まだ現役で稼働しているFAX付き留守番電話

自宅に自分専用の電話を引いた際の喜びは今でも覚えている。

簡単な電話工事と、当時としてはそれなりの金額を支払って部屋に電話を引いた。自分専用の電話番号と電話機。もう親と同じ電話機を親と同じ空間で使う必要がなくなる。それが嬉しかった。

仕事をするようになってからはFAX付き電話機に変え、携帯電話を使うようになってからもしばらくは部屋に専用電話があった。

しかし、携帯電話でほぼ全てのことが済むようになり、家を出たこともあって部屋の電話は解約し、もうその電話番号さえ覚えていない。

その後も実家にはずーっと昔から使っている電話がそのまま残っている。昔のことだから、電話帳への電話番号の掲載も断っていなかった。だから、今でも迷惑電話がかかってくる。

 

ナンバーディスプレイがないので、電話が鳴ったら素直に出る。と、自動アンケートの電話だったりする。暇なら答える。数分で済むことだ。

しかし、半分以上は勧誘だったり押し売りだったりする。大変申し訳ないけれど、こんな電話には一切付き合わない。相手も仕事でやっていることだろうが、職業に貴賤はないというけれど、その電話を受けて投資をしたりお金を払うと本当に思っているのだろうか。いや、100回に1回はうまくいくのだろう。だからやっている。

在宅確認の可能性もある。

 

今では、電話が鳴ったらまずは素直に出る。しかし、こちらからは名乗らない。無言で放っておく。すると半分は切られる。知人などからの場合はすぐに相手が名乗るから問題はない。数秒後に「もしもし」と相手側が名乗る。それを確認してガチャ切り。以上だ。

 

携帯電話(スマホ)にやってくる迷惑メールは削除するだけだから簡単だ。時期によっては1ヶ月近く全く来ないこともあれば、頻繁に来ることもある。今月は1通も来ていなかったけれど、昨日いきなり3通来た。今日は6通。捨てて終わり。

 

パソコンにやってくる迷惑メールは(1アドレスにつき)日に数通だろうか。仕事関係の重要なメールが迷惑メールに振り分けられることがあるので、相手先アドレスなどを確認してから、本当の迷惑メールは開封せずに捨てている。もうルーティーンになってしまったが、トータルすれば迷惑電話と迷惑メールに費やしてきた無駄な時間がどれくらいになるのか想像もしたくない。

 

これからも電話機とパソコン(メールアドレス)がある限り、迷惑行為はなくならないのだろうか。電話機とパソコンは超便利で生活に欠かせないものだけれど、その便利さを享受するためにはそれなりの手間をかけなければいけないということなのか。

「何だかなあ」と思った日曜日の夜。(令和2年12月13日)