パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

12月権利と令和3年相場-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20201222112717j:plain

12/28月曜日。冬休みや年末年始休暇はあっても株休みはない……はずの今年最終週の月曜日、本日は諸事情でほぼお休み。家族サービスの日、みたいなものだ。12月権利の日でもあるが、逆日歩も考えて今月のみ現物買いの信用売りはしなかった。調整売り最終日ということでエニグモ(3665)とタツモ(6266)に買い注文を入れたくらい(約定した)。

終わってみれば日経平均株価は+197円となっていたけれど、持ち株はほぼマイナス。何もしなくても財産はきっちり減った。結果論として色々買いたかった銘柄はあるけれど、たまにはこんな日があってもいいだろう。

 

29日火曜日。実質的には令和3年の相場初日である。朝から持ち株は全て上がっている。前日と合わせるとプラスマイナス0といった感じか。と、見るたびに株価が上がって行くといった感じで、後場に入ると日経平均株価は+700円を超えた。ユニクロの社長ばっかり儲かっちゃうなあと思いつつ、恩恵は受けているのでそれは言わないこととする。

注文はせず、それ故に約定もせず、パソコン画面の板を眺めていたら場が終わっていた。

 

30日水曜日大納会である。10年くらい前までは午前の取引で終わり、いかにも大納会で今年も終わるなあという実感があった。今では通常取引となっているけれど、さすがに閑散としている感が伝わってくる。板の動きが鈍いのである。

前日に元気だった三櫻工業は下がっている。しかし、それなりに参加者はいるようだし、こっちは握りしめているだけだから、値動きを見つつも平穏である。メイン銘柄は無風。まるで退屈な授業中に寝ている高校生のようだ。今日が令和2年の最終取引日なのだから、大台は死守して終わってほしいところだ。

あまり売るつもりはないけれど、本日の最高値でいくつかの銘柄に売りを入れ、案の定売れなかったところで15時となった。令和2年の株取引が終了した。

三櫻工業の出来高は262万株、終値は941円だった。メイン銘柄は大台を死守して終わった。いつしか雨は上がり、晴れ間が出ている。

 

無事、大納会も過ぎたから、令和2年の総括をしよう。

まず、令和2年の損益確定回数(売った回数をまとめた)は165回。令和元年は45回と極端に少ないが、平成30年が237回、平成29年が207回、平成28年が161回だから、今年は平均的である。売買手数料は年々安くなっているから、その点では助かっている。

 

令和2年は、1/8に三櫻工業の(結果として)デイトレで始まり(1,119円買い1,169円売り)、メイン銘柄(※現物株でそれなりの株数を保有し、信用売買もしている。令和2年の全取引の約22%を占める)の短期売買で終わった。

それでは、令和2年はどんな銘柄を売買したのか。複数回、売買した銘柄を挙げてみよう。

 

ベステラ(1433)、フルスピード(2159)、ディップ(2379)、ハイパー(3054)、ウイルプラスホールディングス(3538)、ピーバンドットコム(3559)、エニグモ(3665)、アステリア(3853)、PR TIMES(3922)、オープンドア(3926)、エルテス(3967)、東海ソフト(4430)、HENNGE(4475)、リボミック(4591)、ラウンドワン(4680)、図研エルミック(4770)、ヤマウ(5284)、ベクトル(6058)、ストライク(6196)、タツモ(6266)、タカトリ(6338)、東芝(6502)、インターネットインフィニティー(6545)、ライトアップ(6580)、三櫻工業(6584)、イリソ電子工業(6908)、ジェイリース(7187)、トプコン(7732)、東京エレクトロン(8035)、イオン(8267)、オリックス(8591)、JBCCホールディングス(9889)

※優待取り売買、IPO、メイン銘柄などは含まない

 

こうして見ると、どんな業種をメインにしているかがよくわかる。内臓を見せているようで気恥ずかしさを覚える。以前は誰でも知っている225銘柄が多かったけれど、今はマザーズなどから将来性の高い銘柄を探しつつ、1日の値幅が大きい銘柄を狙って短期売買をし、IPOやNISAも活用しながら日本株だけに投資(投機)している。メイン銘柄は元々マザーズで、株式の分割や1部昇格もあって一時、購入時の15倍まで上昇したことで利益を生み出し、今では中核銘柄として君臨しているわけだが、それ以降に購入した有望銘柄は強い握力で持ち続けることができず、後悔が多い。

例えばHENNGE。3/27に2,355円で売って以来、売買していないけれど、10月には9,000円台にまで上昇した。ディップも結果的に上手く上下動に乗れたから6月以降、全取引の15%近い取引を記録したけれど、11/10に2,376円で手放してからは全く触っていない。東京エレクトロン(10/7に27,215円で売ったのが最後)も、短期売買ではなく、ただ持っているだけで(それがなかなか難しい)100株だけでも100万円前後取れたと思うと……。言ってはいけないことだが、言ってしまうと日々板を見ている自分が情けなくなるが、言ったからといって利益が変わるわけではないが、結果論、あくまでも結果を見ただけの暴論だが、3月までに購入した銘柄をそのまま持ち続けて12月に売っていたら……。絶対にその検証はしないと誓っている。

ただ前向きに反省するならば、追い続ける銘柄の選定をもう少し慎重にすべきだったと。

 

いいのいいの、最終的に目標には届かなかったけれど、3桁勝ってしっかり税金も払ったんだから。そう言い聞かせて令和3年の株の世界へと漕ぎ出すのである。(令和3年1月2日)

12/30の日経平均株価終値…27,444.17円

kingdomfreedom.hatenablog.com