KINGDOM FREEDOMの令名日和

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

株価は動くも売買には動かなかった-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210119063721j:plain

1/18月曜日。快晴で実に気持ちが良い。雨が嫌いなわけではないけれど、雲一つない空を眺めると心が洗われる気がする程度の純真さはまだ残っている。

先週末のアメリカ関連の株価や為替、そして日経平均先物などの状況から、日本の株価も下がるだろうという誰もが考える通り、本日はマイナスからのスタート。しかし、保有株式へのダメージはほとんどない。メイン銘柄は下がった後に上昇したし、マイナスになっている銘柄も誤差の範囲。もう少し下がらないと他銘柄を買う気にならない。つまり動けない。

 

ネット証券などの売買手数料は年々安くなっており、SBI証券岡三オンライン証券などでは、1日の売買が100万円以内なら手数料は0だ(プランによる)。株式投資に慣れるためには実際に売買してみることが重要だから、初心者はひとまず50万円以内の株をデイトレして練習するのも手だろう。どう動いていいかわからない今日のような日に何もしないで板だけ見るのはつまらないから、自分も100万円の枠を利用して遊んでみようか。

そんなことを思いつつ、将来性を考えて安い銘柄をちょっぴり買って終了。

 

夕方、1週間分の食料を購入すべくスーパーに行くと、駐車場が混んでいる。もちろん、店内も混んでいる。2週間くらい前からこんな感じで、レジの前だけソーシャルディスタンスが実現している。

夜、店内飲食を避けるため、テイクアウトの食事をネットで頼み、その受け取りにファミレスに行く。さすがに自粛期間中というべきだろう。店内には見事に客がいない。夕食のゴールデンタイムにこれって……。

こんな状況なら、混んでいるスーパーは避け、空いている飲食店で食事をしたいところである。株式投資的には、飲食店関係の株は買えないけれど、スーパー関連の株は購入の検討の価値ありといったところか。

 

19日火曜日。個人的な好影響は少ないけれど、日経平均株価が上昇している。一時400円を超えた。どれだけの「材料」があるというのだろう。含み益がじわじわと増えているから不満はないけれど、ちょっと気持ちが悪い。

内心びくびくしながら先週買ったディップ(2379)が考えていたほど押さずに上昇に転じているのはありがたい限り。本日は売買どころか注文もなしで終了。

 

20日水曜日。今日も見事な快晴となっている。雲が見つからない。

何が本業なのか、という議論は置いておくとして、最近、本業が忙しくなって株式投資に割ける時間が減少している。こういったときは無理をしないに限る。チャンスを逸してしまうかもしれないけれど、中途半端に売買して後悔するよりはいいはずだ。勝手に株価が上昇して保有財産が増える、という状況でもあり、長期投資という考え方に立てば(立たないけどw)、毎日株価の動きを見る必要もない。

と書きつつ、ディップを2,418円で売りに出す。この価格は、購入時の平均約定価格の+100円である。つまりテキトー。ところが、9:16に2,418円に達して売れたのはいいのだが、何と100株だけ。残りは約定しなかった。本日の最高値で売れたことは素直に嬉しいけれど、何とも中途半端である。その最高値から50円安くなったら買おうと注文を出しておいたけれど、そうは問屋が卸さなかった。残念。

一方、1/6に思い切って購入した銘柄の中で、本日はWDBココ(7079)の調子が良い。商いが薄いからちょっとしたことで上下動するけれど、順調に上がってすでに買値から+20%ほどになった。2月権利銘柄で、それまではあまり売るつもりはないベクトル(6058)も上昇していて、1,300円台に乗った。何とか握力強く持ち続けているNISA分の三櫻工業(6584)やメイン銘柄もちょっぴりとはいえ上昇しているから心は平穏だ。安心して本業に戻れる。

 

21日木曜日。冬らしい日差しが部屋に差し込んでくる。いかにも乾燥していそうな外を眺めながらパソコンを立ち上げる……立ち上げ……立ち……上がらない! どちらかというと、無駄に画面上にフォルダーを並べたがるタイプで、それも部屋の乱雑さとは裏腹に、フォルダーやアプリの色や形にこだわりながら使いやすいように場所も決めている。いくつものアプリを同時に立ち上げつつ作業することが多く、それらの作業領域に重ならない場所に新しいフォルダーが配置されていないと嫌だ。それなのに数年前のパソコン購入時にCPUなどをちょっと下位のものにしたり、メモリもそんなに大きくないので自業自得ではある。しかし、Windows7とはいえBookタイプがあるし、古いMacintoshもある。いざという時のためにスマホには各証券会社のアプリも入っている。ただ、やはり板で値動きを見るためには大きな画面のデスクトップタイプが慣れているし、いいなと思う。

 

そんな右往左往もあって、場が始まってからHYPER SBIを立ち上げる。刻々と変化する板の動き。躍動感があってまるで身体中に血液が行き渡っているようで気持ちがいい。昨日のディップの最高値は2,418円で、その価格で約定したのは100株だけで、その100株を売ったのは自分である。あまりないことだからちょっと誇らしい気分だったが、本日はその高値を上回る2,430円から始まった。思い切り結果論、「昨日、100株しか売れなくて良かったー」。そして「今後も上下動、よろしくー」。

昨年末に買ったエニグモ(3665)が今期配当を無配から10円にしたと発表したことで一時7%ほど上がった。全くの予想外であり、単なるラッキーである。たまにはそんなこともないと。

日経平均株価も上昇しており、今は何もしなくても勝手に含み益が増えている状態だ。結果論好きとはいっても、だから年末年始にもっと買っておけば良かったとは考えていない。性格上、思考上、あの程度の買いが精々である。そして、今はそれを握力を強くして握り続ける。これがまた頻繁に売買するよりもしんどかったりするのだけれど。

 

後場になってもディップが上昇する。2,500円に低いながらも壁があるしから2,499円で売り注文を出す。……売れた後も伸び、一時2,531円まで上がった。そこまで行くか。以前、考えた以上に株価が上がったからすっぱりお別れし、先日の急落で復縁した銘柄だが、再び別れの日が来てしまうのか。株は難しいねえ。

 

22日金曜日。もう金曜日である。場が始まってすぐに日経平均株価は前日比-230円ほどまで下がったけれど、保有銘柄の多くは上昇している。出遅れ銘柄にこれからスポットが当たるなら嬉しいところである。相変わらずディップが激しく上下動していて入るタイミングを逸した。メイン銘柄は3%以上の上昇と、大変ありがたい状況。WDBココは一時5,000円台に到達し、三櫻工業やベクトルなども悪くない。金曜日だし、今週はディップしか利益確定をしていないから、30%以上の利益が出ている4銘柄のうちの1銘柄の100株でもいいから売りたい気持ちが芽生えていて、抑えるのがなかなか大変である。

後場には週末要因で日経平均株価は下がるかと思ったが、想像よりは下がらなかった。来週はIPO申し込みに絡んだ金銭移動や1月権利銘柄の売買などもあり、今週は力を溜め込む週間と割り切ろう(何のこっちゃw)。というわけで、今週最後の取引日も約定はおろか注文さえせずに15時を迎えたのであった。含み益が順調に増えているから不満は全くない。(令和3年1月23日)

1/22の日経平均株価終値…28,631.45円 

kingdomfreedom.hatenablog.com