パチンコグッズお宝紹介とたまに「株」と「SL」と「車」

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

今週も含み益増大強化月間継続中-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210209054649j:plain

2/8月曜日。ほんのわずかではあるが、月曜日は緊張感があって好きだ。特に月初めのアメリカ雇用統計後の月曜日は株価が大きく動くことがあり、過去には金曜日の夜に結果を知ってブルーなまま月曜日を迎えたこともあった。しかし、今は違う。道路上に置かれた障害物をスピードを落として避けながら走っていた過去と異なり、今はスピードを落とさぬまま障害物には目もくれずに走り抜けているイメージだ。雇用統計もドル/円も新型コロナウイルス禍も蹴散らして疾走する株価。世界的な金余りという大きな荷物が荷台にあるから、大小の障害物はぶっ飛ばせるというわけだ。

場が始まる前、メイン銘柄(多くの株数を数年以上売買しながら現物と信用で持っている東証1部銘柄)の成行買い注文が多く、いきなり前日比5%高程度から始まりそうな気配だったけれど、5分前に多くの成行買い注文が喪失した。やることが小さい。せこい。

先週末にギリギリで買えなかったWDBココ(7079)。どっちに転んでも良さそうな決算だったけれど、市場は「下」と判断したようだ。とにかく板が薄いのでまとまった売買があると株価は大きく動く。寄り付いたのは9:08で4,560円と前日比-4.6%で始まった。そんな閑散とした板を見ていたら、日経平均株価は軽く29,000円台を突破した。また、ニュースになるだろう。

 

とはいえ、その恩恵に与れているかというと、実はそうでもない。日経平均株価が前日比+500円を突破してもメイン銘柄は前日と同じだし、期待をもって握力強く握りしめている東海ソフト(4430)は下がってしまった。持ち続けているエルテス(3967)とベクトル(6058)も不調だ。1月頭に買った2月権利を見越した銘柄が揃って購入時から+12%超になっているのが救いか。

 

後場になってからWDBココに狙いを定める。前回は1/29に4,425円で買って2/5に4,725円で売ったから、その売値より安く買えるならOKだ。先週末に買おうとした金額より安く買えるだけでもありがたい。といいつつも、前場で一時4,330円まで下がった際は、本日は様子見、と考えた。そこから盛り返して(なにせ板が薄い→2/8の最終出来高5万株)本日最高値の4,620円になった時は買いそびれたかと焦った。色々と葛藤はあるのである。

4,420円で買い約定。悪くない(終値は4,410円)。明日もう少し下がっても買い足せばいいだけだから余裕がある。誰かが言っていたよな、株取引は余裕資金でやれって。自分みたいに全財産の99.9%を株に突っ込む(昔の話さ)なんて狂気の沙汰だぞ。

 

長期投資を決め込んでいる前田道路(1883)の決算発表が今日であることは知っていたけれど、それが11時とは知らなかった。今年頭に初めて購入した銘柄であり、長期で見ているし、そこまで頭が回らなかった。…言い訳。でも結果オーライ。3,000円くらいまで上がっちゃえばいいのに。

 

終わってみれば日経平均株価は前日比+600円を超えた。しかし、メイン銘柄が-2.3%、ベクトルの-5.7%もちょっと痛く、保有銘柄の時価総額は減った。

 

9日火曜日。2月らしい寒さと天気の良さ。身が引き締まる思いだ。身体はだるんだるんのぼよんぼよんだけどな。

本日も長期投資による保有株の含み益増大週間真っ最中ということで、板を見ながら仕事をする。メイン銘柄はストップ安に近い金額のところに買う気もない3万株の買い注文が入っているくらいで、本日は3%ほどの上昇(前場)となっている。順調に含み益が増えるわけで、長期投資家(w)としては満足である。ただ、メイン銘柄に色々な意味で頼りすぎな面があることは十分認識しており、さて、どうしたものか。

 

後場に入り、メイン銘柄が前日比+4%を超えたこともあり、信用分の一部を少しだけ売りに出す。上がったら売り、下がったら買う。今はそれを繰り返していればいい。他の銘柄は、今日までの過程を見続けているのならいいけれど、全くの新規銘柄は四季報などを見て判断するにしても、デイトレを除いて全般的に安い時でないと飛び込みにくい。せっかく板を見られる条件下にあるだけに、100万円枠(いくつかの証券会社は、1日の約定合計金額が100万円以下なら手数料が0円)を活かして、1日に枠内での取引でも活発化してみようか。

 

終わってみればメイン銘柄はその後も上がって本日の東証1部値上がりベスト25に入ってしまった。実力は当然あるけれど、目立つと叩かれるし、ワケわからず売られるのがイヤだから、静かに「あれっ」という感じで上がってもらえればいい。日経平均株価はドル/円が若干とはいえ円高方向に振れたから前日比+117円で終わった。

 

10日水曜日。何気なくパソコン画面の指示に従ってPCを再起動したら「処理にしばらくかかります」と表示され…そこから2時間! 何の拷問だ? そんなこともあろうかと、古いWindowsで対処したから大きな問題ではないけれど、デジタル社会における予備機種や予備データの必要性を改めて認識した。

そんな想定外の出来事があった影響で、午前中はメイン銘柄に本日の最高値で売り注文を出した程度。相変わらず買う気もないと思われる金額に4万株の買いが入っているけれど、この銘柄ではたまにあること。買い注文数を多く見せたいのか。

前場を終えてWDBココの出来高は1,100株。笑っちゃうくらい少ない。ピーバンドットコム(3559)も10,800株。元に戻った。これだけ薄い銘柄で勝とうとしたり板を見たりしている奴は変態に認定してもいいと思う。…自分だ。変態ついでにWDBココは売りに出しておこう。

 

後場も特にどうという動きもなく終わり、売りに出した2銘柄はかすりもせず、苦笑いとともにパソコンを閉じて本日の取引は終了とした。2月のIPOもかすりもせずに終わりそうだし、今はただ単に持ち株の含み益が少しずつ増えているのみ。明日は祭日で場は休み。掃除でもするか。だから祭日は嫌いだ。(↓アホだな、こいつw)

https://kingdomfreedom.hatenablog.com/entry/2020/02/24/020000

https://kingdomfreedom.hatenablog.com/entry/2020/11/03/233000

 

11日木曜日建国記念の日により休場。

 

12日金曜日。どんよりとした空模様だが、祭日明けの株式市場もどんより感が漂っている。基本的にはまだ上だろうから買いで取るのが正しいと考える。とはいえ、では具体的にどの業種、どの銘柄を買えばいいのかと思案しても、これといった結論が出ない。思い切って飛び込むしかないのだが、静観するのも手かもしれない。動かないというのはもっとも安易で、実は何も考えていないということになるのだが。

 

何があったのか、どんな思惑が働いているのかは不明だけれど、メイン銘柄が本日も順調に値を伸ばしている。相変わらず全く購入できないと思われる金額で2万株(1件)の買い注文が入っている。板を見れば、これがどれだけ不自然なことであるかは一目瞭然である。本日は朝から売買が活発に行われており、値上がりしているから何の文句もないけれど。信用分のうちの100株だけ売りに出してみる。

 

それ以外にもベクトルやタツモ(6266)などの保有株が上がっている。一方で、上がってほしいエルテスや東海ソフトなどは相変わらず商いが薄く動きが悪い。上がっても下がっても売買ができるからどっちでも歓迎のWDBココは平常運転で、個人さえも売買していないように見える(12:53の約定後、13:43まで動きなし! その後13:55からにわかに動意づいたのは何だ? それを見て売りに出す)。我ながら出来高の少ない銘柄ばかり選択したようで苦笑するしかない。

 

後場になると値動きが全般的に悪くなった。ちょうど本日は742件(SBI証券のHPによる)の決算発表があるからだろうか。保有株にも大引け後に決算発表を控えている銘柄がある。持ち越すと決めているけれど、期待感だけで変に上がってしまうと決算結果によっては、もしくは材料出尽くしによる大きな下げが待っている。心理的にもきっかけとしてもある程度売っておくほうがいいのかもしれないが、だからこそ握力強く握りしめておこう。

 

月曜日に買った信用分のWDBココを売って今週も終わった。メイン銘柄は届かず。結局は今週も含み益を増やす週間となった。それはそれで悪くない。(令和3年2月13日)

2/12の日経平均株価終値…29,520.07円

kingdomfreedom.hatenablog.com