KINGDOM FREEDOMの令名日和

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

収集癖のルーツはプロ野球カードだった

f:id:kingdomfreedom:20210224131812j:plain

昭和50年ごろのプロ野球カード。右に写りこんでしまったのは令和3年版の年賀状で、

わずかしか来ないにもかかわらず末等が当たった!

収集癖があるのは間違いない。

 

国鉄(現JR)の硬券入場券や簡易委託乗車券、テレホンカードに始まり、オレンジカードからハイウェイカード、今ではクオ・カード、それ以外にも雑誌やコミックなど、集めたものは多岐にわたる。積極的に収集したものもあれば、何となく集まってしまったものもある。

 

そのルーツは何かとさっき考えていたのだが、恐らく昭和50年頃のプロ野球カードにさかのぼるのではないかと思う。1番の長嶋のカードから300番くらいまでほぼ連番で集めたような気がする。もちろん、友達と交換しながら、である。

 

400枚近く収集したそれらのカードは、大きな引っ越しをした際に、いったんゴミ袋の中に放り込んだ。しかし、1分後に気持ちが変わり、たまたま缶の中に保管していたからゴミ袋の中でばらばらになっていなかったこともあり、容易に取り出すことができた。もちろん、折れたり汚れたりもしていない。

 

それから10年くらい経った頃、ちょっと金に困った際にプロ野球カードのことを思い出した。いったん、ゴミ袋に放り込んだことは事実であるから、他の収集品と異なり、売ることに躊躇はなかった。

 

これが予想外の金になった。ヤフオクでたまたま競い合う環境になったからか、1枚で数万円になるカードがあったことは驚きだった。順調に売れ、ほぼ売り切った。残ったのは、さっき写真を撮ったこの5枚+ちょいである。

 

プロ野球カード以外の収集物はほとんど手放していない。まだ少し未練があるからだ。ただ、老い先短い故、そろそろ金に換えてその資金で海外旅行にでも…いけないか。もうしばらく保管しておこう。(令和3年3月7日)