パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

オンキョー、BASE、こども庁関連…-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210330112317j:plain

3/29月曜日。3月最終週&令和2年度最終週&新年度入りの今週は、まず今日が3月権利最終日になる。スエズ運河でコンテナ船が座礁したため世界の物流に悪影響を与える&原油が値上がりしたとか、22年カタールW杯欧州予選グループAのセルビアポルトガル戦でロナウドのシュートがノーゴールと判定されたことなどとは関係なく、3月権利のオリックス(8591)をクロス取引。世界情勢よりも目の前の人参だ。

 

IPOで資金が必要なこともあって、3月の優待は以前から持っている株式で自動的&他動的にもらう以外、特に考えてはいなかった。しかし、ちょっと過去を振り返ってみたら3年くらい継続して持ち続けている(優待内容がちょっと良くなる)ようなのだ。それで、急遽、場が始まる前に注文したというわけだ。

 

前場でエルテス(3967)を1,279円で売却。4営業日で+6%なら悪くない。良くもない。

3月権利銘柄はいくつか売る予定だったけれど、もうちょっと上がってもらわないと利益が足りないから、結局、全ての権利銘柄を持ち越すことにした。

日経平均株価は207円くらい上がったとはいえ、保有株式はほぼ全てがマイナスになるという体たらく。つまらん。メイン銘柄(保有株式と含み益のほとんどを占めている東証1部銘柄)も下がったからテンションも下がる。唯一の慰めは、払い過ぎた税金が本日、確定申告により戻ってきたことくらいだ。

 

30日火曜日。3月最終週&令和2年度最終週&新年度入りの今週は、今日が3月権利落ち日になる。スエズ運河座礁したコンテナ船がやっと離礁したとか、野村HDに続いてクレディ・スイスも多額の損失が発生する恐れがあるとの報道などとは関係なく、権利落ちオリックスを現渡。世界情勢よりも目の前の取引だ。

 

5分割されたBASE(4477)は昨日に続いて下げている。一体どこまで下げるのだろう。1,522円で買い注文を出す。約定。

 

夜、IPOの抽選結果を各証券会社のHPなどで確認するも、もちろん全ハズレ。2年に1回くらいは当たっているけれど、そのために銀行と証券会社間の金銭のやり取りをする作業に少し疲れてきた。落選とか選外とか補欠とか、そんな言葉はもう見たくない。

 

31日水曜日。3月最終週&令和2年度最終週&新年度入りの今週は、今日が3月最終日になる。スエズ運河の「渋滞」が数日で解消されそうだとか、22年カタールW杯アジア2次予選のモンゴル戦で日本が14点も取ったことなどとは関係なく、3月最終日の今日も若干、不調なパソコンを立ち上げ板を見る。世界情勢よりも目の前の株の値動きだ。

 

2019年10月頃にまだ1,700円前後だったHENNGE(4475)は、翌年3月に2,355円で手放してからもずっと株価は見続けている。一時1万円を突破し、さすがにリストから外そうとしたけれど、その後6,000円台にまで下がった。最近も下げ基調で、そろそろ買いで入ろうかと考えていた本日、朝は安く始まったのに前場のうちに一時前日比+6%の上昇。また、買えないのか。比較的同じ銘柄にこだわる傾向があり、その結果、監視リストに入る銘柄は増えていく一方だ。

 

エルテスが上がっている。大引け時には前日比+8%も上がってしまった(終値は1,366円。ネタが出た)。これでは上下動で売買して儲けようという目論見が破綻し、バイバイするしかなくなってしまう。それはちょっと寂しい。

 

BASEも馬鹿みたいに上がっている。昨日少しだけれど買ったのは良かった、ということになる。売買が盛んなので、短期値幅取り銘柄候補としているが、最近入ったばかりなので動きについていくことさえできない。板を見ていると目が回る。大引け前からは下がり、結局前日比+4.6%の1,593円で引けた。

 

よく知らんが、今日3/31は一粒万倍日と天赦日と寅の日が重なる最強開運日なんだとか。ふ~ん。本日売買なし。

 

4/1木曜日。3月最終週&令和2年度最終週&新年度入りの今週は、今日が4月初日でエイプリルフールになる。本日からモノやサービスの価格を税込みで表示することが義務化されるとか、女子テニスツアー「マイアミ・オープン」で大坂なおみが世界ランキング25位の選手に負けて連勝が23でストップしたことなどとは関係なく、7月末頃にも上場廃止になりそうなオンキヨーホームエンターテイメント(6628)の板を見なければ。世界情勢よりも目の前のお祭りだ。

 

そのオンキヨーだが、前日比-72.7%の6円で寄り付いた後は5円~8円の間で取引されている。先週末の段階で信用買残が436万株ほどあったけれど、30分も経たずに出来高は1億株を超えているから、信用組はもう売り払ったことだろう。追証の恐怖は骨の髄の手前くらいまでは理解しているつもりなので、他人の不幸を蜜の味と感じることはないし、何とか無事に売って市場から退場しないですむといいと本当に思っている。

板を見ていると1万株や2万株の取引の間に100株の約定などもちらほらと。さすがに5円で100株買っても意味はないと思うのだが。しばらくはイナゴの大群に弄ばれることだろう。

 

保有株式の中では損切りの後に買い足したBASEがネタが出たことによって上がっていて、これはまさにラッキーの一言。ただ5分割により1,650円とか1,750円とか言われても、いったん8,250円とか8,750円に変換してから考える自分がいて、現在値を見て高いか安いかの瞬間的な判断ができない。分割銘柄では慣れるまでしばらく時間がかかる。いつものことだ。前日比+169円(10.61%)、1,762円で引ける。

メイン銘柄もちょっとずつ戻しているから気分は平穏である(前日比+2.11%)。そして、そのお陰でエルテスに買いを入れられる。まだ買うには少し早いのだが、メイン銘柄のほうで含み益が拡大(現物分)&発生(信用分)しているから、余裕ができた。エルテスは1,300円を割ってから参戦しようと考えていたけれど、後場に1,312円で買い注文を出す。今週月曜日に売った際の売値よりも高く買い戻そうというのだから、苦笑いするしかない。約定はしなかった。

 

2日金曜日。3月最終週&令和2年度最終週&新年度入りの今週は、今日が週末の金曜日でアメリカの雇用統計発表日(毎月第1金曜日)になる。菅首相の訪米が4月上旬から4月中旬に延期されそうであるとか、パドレスダルビッシュ有とツインズの前田健太(ともに敬称略)が開幕投手を務めた試合でどちらも勝利できなかったことなどとは関係なく、自民党が次期衆院選の公約に子育て政策の要・こども庁の創設を盛り込む方向というニュースにより値上がりしそうな関連銘柄の一部売却を考えたい。世界情勢よりも目の前の利益だ。

 

関連銘柄ではJPホールディングス(2749)を保有している。株主優待の内容変更を発表してからずっと売りたかったけれど、最近の四季報でも「最高益」などと言う見出しが躍るものだから保有し続けてきた。ひとまず308円で売り出す。約定。その後、9:54には321円まで駆け上がり、一時東証1部の値上がり率1位となった。

 

朝方、Mマート(4380)が1,100円を割ったので買い注文を出す。出来高が少ない銘柄だから、ちょっとまとまった注文が入ると大きく動く。注文時の本日最安値が1,094円で、1,089円で買おうとしたけれど、その後、上昇して逃げられた。少し持っているので、また下がったら買おう。

 

前場では310円で引けたJPホールディングスだが、後場に入ると一時324円まで上がったので、前場で残しておいた分を324円で売りに出す。と、大きな売買が立て続けに入って一気に喰われた。今日は数年ぶりの大商いになりそうである(8,973,700株で終値は325円)。

普段から売買している銘柄であれば324円で売る前に308円で売っているから強烈な悔しさを感じるところだが、去年から早く処分したいと考えていて、こういったきっかけがあったら売ろうと決めていたので、心は平静である。そんなこともある。頭と尻尾はくれてやれ(w)だ。

 

今週はメイン銘柄が戻り始めてくれたし、最後にこども庁関連のサプライズがあって長く持っていた銘柄を売ることができたし、悪くない1週間だった。(令和3年4月3日)

4/2の日経平均株価終値…29,854.00円

 

kingdomfreedom.hatenablog.com