KINGDOM FREEDOMの令名日和

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

下げの影響を大きく受け、上げの影響は限定的-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210420114317j:plain

4/19月曜日。先週末のアメリカ株はダウ平均、NASDAQ、S&P500ともに上昇したから、本日の日本株は若干の上昇だろう。直近に上場したIPO銘柄や監視銘柄などで上下動のありそうなところで取れるといいが、どこまで勝負できることか。

 

保有株式の多くを占める東証1部のメイン銘柄が前営業日比で下落から始まったが、出来高は少ないながらもザラ場でゆっくり上昇したから余裕ができた。今週は最低でも手数料がかからない範囲で売買をすることを義務にしているので、BASE(4477)に2,158円で買い注文を出す。しかし、2,160円で切り返したため買えなかった。そこから一気に戻したので残念ではあるが、完璧なる結果論。終わってみれば前営業日比+15円の2,232円。

 

東芝(6502)は9:12に前営業日比-300円の4,300円で寄り付いた。あのごたごたでは仕方ないだろう。終値は前営業日比-200円の4,400円。

ベクトル(6058)は前営業日と大して変わらない株価で推移している。安値で買った人が焦れるくらいの期間は上がらないかもしれない。950円程度まで下がったら買い増し予定だが、さすがにそこまでは下がらないか。現物なのでしばらく静観しよう。終値は前営業日と変わらずで1,002円。

大引けにかけて表示灯(7368)に比較的大きな売りが数回にわたって入ったので参戦を決め、2,856円で買い約定。終値は前営業日比-97円の2,832円。

 

日経平均株価は前営業日比+2円の29,685.37円。最近はまったくもって小動きである。

 

20日火曜日アメリカ株はダウ平均、NASDAQ、S&P500ともに下落したから、本日の日本株は若干の下げとなろう。直近に上場したIPO銘柄や監視銘柄などで上下動のありそうなところで取れるといいが、どこまで勝負できることか。

 

日経平均株価は前日比300円以上のマイナスで寄り付いて以降も下落し、-500円ほどで推移する。予想以上に下がった。緊急事態宣言発出の可能性もあるから下がっているのかもしれないけれど、自粛ははっきり言ってもう慣れっこになっていると思う。

BASEを2,145円や2,141円などで買い注文。オープンドア(3926)も先週の売値よりもだいぶ下がったので1,842円で買い注文。メイン銘柄や表示灯ベクトルなどの保有株式が大して下げていないので気は楽だ。

紀文食品(2933)は直近IPO銘柄でかなり激しい値動きをしていて、ちょこちょこ株価を見ている。今日は前場で安値1,940円、高値2,132円と暴れている。怖いけれど参戦したくなる値動きではある。

 

後場に入ると、下がりすぎたが故の戻りを期待したがさらに下降。前場で買ったネット関連の長期を見据えた銘柄は少し下がり、短期用の2銘柄は一時デイトレで処分できる寸前まで上がったが届かず。エルテス(3967)が1,300円を割ったので参戦しようかと考えたが、全般的に下がっているし、さらに明日下がる可能性があるからひとまず今日のところはこれ以上参戦しないこととする。メイン銘柄が3%近く下げていることも判断に影響を与えている。円高の動きは気になるし、問題点に目を向けると何も買えなくなる。ひとまず、これまで同様、下げたところは「買い」でいいとは考えている。

 

日経平均株価は前日比-584.99円の29,100.38円。大きく下げたものである。

 

21日水曜日アメリカ株はダウ平均、NASDAQ、S&P500ともに連続して下落したから、本日の日本株もそれなりの下落となろう。下げたところは「買い」とはいっても、まだ下がる余地はあるからそれを考慮に入れつつ腰の引けた売買をしていく予定だ。

 

監視銘柄が軒並み下げている。値下がりランキングワースト50にBASE、オープンドア、ディップ(2379)、HENNGE(4475)、紀文食品、ベクトルと6銘柄も入っている。保有銘柄は2つ。どこかで買って利益を取ってやろうと手ぐすね引いて待っている。

日経平均株価は一時前日比-500円に達しているから、保有銘柄も全て前日よりもマイナスになっている。ひとまずBASEを2,051円で買い注文(終値は1,995円)。デイトレ用にオリックス(8591)を1731.0円で買う(終値は1,745.0円)。エルテスを1,269円で買い注文(終値は1,272円)。こども庁関連で上がったから4月上旬に手放したJPホールディングス(2749)が下がってきているので297円で買い注文(終値は301円)。ついでに紀文食品終値は1,835円)も。

 

これらは皆、今日の下げが行き過ぎている…後場には日銀などが出てくる…といった希望的観測での買いだ。とはいえ、明日くらいまで下げ続けたほうが、個人の狼狽売りをもっと煽れると思うから、まだ下がるような気がする。資金は少し残しておこう。

ベクトルが950円を割り込んだので買い注文(終値は950円)。メイン銘柄も先日の+10%の上昇がほとんどなくなったので自動的に買い参戦。消極的で気分の悪い買いだが仕方ない。結局、先日の値上がりで得たのは100株分の利益だけ。なんてこったい。

 

後場になっても下げ続け、東証マザーズ時価総額は前日比で-3.37%(大引け時)。個人にとってかなり辛くなってきていることの証左だろう。

 

日経平均株価は前日比-591.83円の28508.55円。2日連続で大きく下げたものである。

 

22日木曜日アメリカ株はダウ平均、NASDAQ、S&P500ともに1%前後上昇したから、本日の日本株はどこまで戻るか注目である。昨日そこそこ買ったので、これらが大きな利益を生んでくれるよう日経平均株価は700円くらい上がってくれると嬉しいが、29,000円台を回復できれば御の字だろう。9時前の段階で日経平均先物は28,870円程度。

 

確かに株価は上がった。日経平均株価は前日比+500円を超え、29,000円台を回復した。で? 保有銘柄は全然元気ないじゃないか! 下がる時だけ悪影響を受けて上がる時は置いてけぼりかい!

 

まずメイン銘柄は前日比マイナス。10%上がって喜んだ分は吹っ飛んだ。そういう銘柄であることは過去の経験で理解しているが、辛い。

そしてBASEは大して戻らないし、オープンドア終値は1,730円)もちょい上げ程度。表示灯終値は2,560円)紀文食品終値は1,798円)は大きく下げている。

下がったメイン銘柄の買い増しに対応するため、現物株を2つ損切りする。現物で残しているBASE終値は2,016円)ベクトル終値は969円)はまだ保有する予定だ。

110円から始まったPATH(3840)終値は116円)に手を出したくなるが、じっと我慢する。軽くて値動きは良いけれど危ない銘柄での一発勝負にはまだ早い。かなり早い。

 

終わってみれば日経平均株価は前日分のマイナスを軽く挽回したけれど、持ち株に与える好影響はあまりなくガッカリ。保有株式は昨日のマイナス分を取り返せていないのだ。

 

日経平均株価は前日比+679.62円の29188.17円。今日も大きく下げれば追証危機のパニック売りなども生じただろうに、売り屋も根性、入れんかい!(入れなくていい)

 

23日金曜日アメリカ株はダウ平均、NASDAQ、S&P500ともに1%ほど下落したから、本日の日経平均株価は週末でもあるし29,000円台を割り込んで終わるだろう。昨日の大引け後に損切りしたばかりの表示灯が上方修正したのはちょっと悔しいが、どうにもならないことに一喜一憂する気はない。くそ。

 

本業(?)が忙しく久しぶりに前場は板を見る時間がほとんどなかった。後場もほぼ同じ。メイン銘柄は下がるし、保有銘柄も多くが下がり、何とも冴えない金曜日だった。そして今週は含み益を大きく減らすこととなった。(令和3年4月24日)

 

4/23の日経平均株価終値…29020.63円

kingdomfreedom.hatenablog.com