パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

パチンコグッズお宝博覧会497(藤商事-37)

f:id:kingdomfreedom:20210224202826j:plain

映画は好きだ。邦画よりも洋画をよく見る。ダイ・ハードも多分、ほとんど見ている。悪い奴が誰だかすぐわかり、何をしているのかもすぐにわかる単純なものでないと嫌だから、ダイ・ハードは見たいと素直に思えるのだ。映画を見て深く考えたくない。3回も5回も見ないとよくわからない映画は見たくないし、伏線もしっかり回収できないと困る。

そんなダイ・ハードがパチンコ化されたのは平成21年のこと。3機種発表され、全てST機である。好きな映画がパチンコ化されたので、もちろん、すぐに打ちに行った……というのはウソで、洋画とパチンコの親和性はほぼ0だと思い込んでいる。洋画を題材にしたパチンコ台で面白かった機種があるか? 有名映画はかなりパチンコになっているけれど、ヒットした機種があるか? そしてシリーズ化された機種は、アニメなどのパチンコ台と比べるとかなり少ないのではないか。それがすべてを物語っている。

そんなダイ・ハードのグッズは、懐中電灯である。電池を入れるとピカリと光ってしまうのである。実は、昨日紹介した懐中電灯と形状がほぼ同じだから、同じ頃に発表された機種のグッズだと考えてわざわざ2連続で紹介したのだが、こちらは東日本大震災前である。備えあれば憂いなし。そーゆーことだ。(令和3年5月13日)

Die Hard,Die Hard 2,Die Hard with a Vengeance,Live Free or Die Hard TM &ⓒ2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

kingdomfreedom.hatenablog.com