パチンコグッズお宝紹介とたまに「株」と「SL」と「車」

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

備えなければ憂いあり-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210513130011j:plain

5/10月曜日。前営業日のアメリカダウ平均は+229ドルで34,777ドル、NASDAQは+119で13,752、S&P+30で4,232と全て上昇。ドル円は108円台半ばになっていて日経平均先物は9時前に29,410円。今週から日本株は上昇基調に入るはずだから、ひとまず今日は日経平均株価+200円でよろしく。

 

今週から決算発表も本格化するが、保有銘柄の大半を占めるメイン銘柄も今日の大引け後に発表される。それもあってか、そこそこの値動き&そこそこの出来高となり、終わってみれば前営業日より0.5%ほど上昇した。15時過ぎに好決算を発表したから、ここ1年くらいはそこそこ素直に反応するので明日はそこそこ上がってくれることだろう。

本日の日経平均株価終値…29,518.34円(+160.52円)

 

11日火曜日。昨日眠る前はアメリカダウ平均が史上初の35,000円を超えたというニュースが流れていたけれど、朝起きるとマイナスに転じており、NASDAQS&Pも大きく下げた。本日の日経平均株価は下げ確定か。

 

好決算を発表したメイン銘柄は大きく下げた。信用買い残の多さを狙って機関の売りが入る銘柄で、過去には好決算を発表しても翌営業日には大きく下げることが多かった。ここ1年くらいは業績に素直に反応することが多かったけれど、結局前日比-5%となった。めっちゃ痛い。過去にこんな反応を多く体験したが、信用でも買っているから…また買った。まだまだ下げる可能性もある。

タツモ(6266)も1,700円台を割ったら買うつもりだったので、これも注文=約定。

終わってみれば日経平均株価は-909円と朝の浅はかな考えを大きく上回って下がった。明日はどうなるんだろう。

本日の日経平均株価終値…28,608.59円(-909.75円)

 

12日水曜日。前日夜から下げていたアメリカ株は3指数ともに下げたが、中でもダウ平均は-473ドルと大きめの下げとなった。下がる時はそんな外部要因に振り回されやすいメイン銘柄だけに、今日も大きく下げるのではないか。四捨五入すると信用分だけで100万円のマイナスになるかもしれない。心臓がチクチクする。日経平均もせめて200円くらいのマイナスでとどまってほしいものだ。

 

日経平均は一時+200円になるなどプラスで始まった。場が始まって30分ほどでマイナスに転じたとはいえ、BASE(4477)などが元気なのは心強い。また、ずっと狙っているHENNGE(4475)が買いたい金額付近まで下がってきている。信用分の含み損を考慮に入れるとあまり買えないので、もう少し様子見か。

後場になるとますます下がり、どこまで下がるのか予想もできない。

メイン銘柄も終わってみれば前日比マイナスとなり、ますます窮地に陥った。どうなる株価? どうなる俺!

本日の日経平均株価終値…28,147.51円(-461.08円)

 

13日木曜日。ダウ-681$、NAS-357、SP-89とアメリカ株がこれだけ下がれば今日の日本株も大きく下げることだろう。完璧に逃げ遅れただけではなく、新たに薪と灯油を入手するという素っ頓狂。ザラ場をしっかり見られることが多いという好条件の中で、連日の大きな下げをまともに喰らうとは馬鹿の二乗に×3した後で100足したような感じ。

 

さすがにマウスに八つ当たりするほど子どもガキではない。痛みをあまり感じないように握り拳で机を思い切りぶっ叩く。その瞬間、机の上に置いてあったコップが引っ繰り返り、8割以上のお茶がこぼれた。その多くは乱雑に置いてあった封筒の束で吸収されたが、机の上がビショビショになる。慌ててティッシュを束にして拭き取る。…机が綺麗になったのだけは事実だから、これも怪我の功名ということにしておこう。…コーヒーのような砂糖が入った液体ではなかったから虫も寄ってこないだろう。前向きに考えよう。…バカは死ななきゃ治らない。

 

後場に入るとさすがに値頃感が出たのか、理由は知らないが少し戻し始める。メイン銘柄も前日比変わらずくらいの位置まで戻っている。

 

薪と灯油に続いて100円ライターかマッチでも買おうと、800円台まで下がったベクトル(6058)や1500円台まで下がったタツモなどに買い注文を入れるが、恐らく買えないだろう。今日の最安値付近で注文しているからだ。

 

14時過ぎからまた下げ始め、終わってみれば保有銘柄はほぼ全てがマイナスとなった。見事な下げっぷりに、逆に感心する。

本日の日経平均株価終値…27,448.01円(-699.50円)

 

14日金曜日。3日で2,000円ほど下げた日経平均株価。今週くらいから上がるだろうと考えていたから被害は甚大である。とはいえ、売らされるところまではいっていない(信用分は少し損切りした)。下げの要因がSQ絡みと考えていたからこそ傍観に近い状況だったわけだ。

長期投資なら誤差の範囲と強がって売らされなければいい。ただ、悪材料が連発してここからも下がるようなら、長期投資家はどう立ち回るのだろう。そんなことを考えながら、アメリカ株は揃って上昇(ダウ+1.29%、NAS+0.72%、SP+1.22%)したから、週末とはいえ、今日は日本株も反騰することだろう。なんとか一息つけそうだ。

ただ、信用分のマイナスがそこそこ大きくなっているから、ここで大きく買うことはできない。とはいえ、本日に決算を発表する銘柄は多く、決算をきっかけとして上がる銘柄はあるだろう。SQも通過した。多くの人が考えている以上に全体的な株価は下がった(はずだ)。つまり、今日は買うべきである。

 

そんなわけで、ちょっと前からちまちま買っているネット関連銘柄の中からフィードフォース(7068)を916円で、タツモを1,616円で買い注文。本日大引け後に決算発表がある銘柄にも注文を入れるが、腰が引けた価格での買い注文だから買えない可能性が高い。もう少し資金があるか信用枠に心配がなければもっと買うし、注文価格も引き上げるのだが、日経-2,000円のインパクトはやはり甚大である。

 

後場に入ると同時にフィードフォースが915円で約定した。注文より1円安く買えた。ラッキーである。しかし、本当のラッキーはこの後に訪れる。14時頃、何かニュースが出た(LINEとの業務提携)ようで、一気に950円まで上がった後、板が止まった。ストップ高(1,070円)確定である。何たる大ラッキー。購入後1時間半でストップ高とは初体験である。長期投資用に購入している銘柄だから、買う予定はあっても売る予定はない。得てして翌営業日にはシレッと950円くらいに戻ったりすることもあるから、まずはニュースの分析をしよう。

 

わずかとはいえメイン銘柄も値を戻し、信用分は大きな含み損を抱えたままだけれど、日経平均株価が大きく下がった中、追証の危機にもならず、来週への期待感を持ちつつ今週を無事終えることができた。値動きが大きいのは決して悪いことではない。心臓には悪いことが多いが、株価が下がるのも悪くない。もちろん、日経平均の-2,000円への対応の悪さは大きな反省点であり、その結果が含み損の増加であり、机上のビショビショ事件の勃発であった。

来週は、今日以上の反発を期待したいところだ。(令和3年5月15日)

5/14の日経平均株価終値…28,084.47円(+636.46円)

kingdomfreedom.hatenablog.com