パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

パチンコグッズお宝博覧会504(SANKYO-32)

f:id:kingdomfreedom:20210224205621j:plain
パチンコグッズお宝博覧会504を読んで、ちょっとしたネタを仕入れようなんて人はいないだろうが、読み終わったら少なくても一つは小ネタを得たことになるはずだから心して読むように。

「CRフィーバーインディー・ジョーンズ」というSANKYOの機種は全3兄弟で構成された平成18年に発表された機種だ。個人的には洋画がモチーフの機種は好きじゃない。その中で「CRフィーバーインディー・ジョーンズSF-T」は大当たり確率が1/399.6で確変率68%というスペックだが、保通協持ち込み時は「CRSAKP003」という機種名だった。実は当時、SANKYOだけではなく、他メーカーにも保通協持ち込み時の機種名がアルファベットの羅列のような機種(例えばタイヨーエレックのCRTA04など)がいくつもあった。理由は問うまい。

そんな「CRフィーバーインディー・ジョーンズ」のパチンコグッズは携帯電話に取り付けることでお洒落といわれる可能性がアップするストラップである。画面を拭くこともできるはずだ。令和の時代にスマホに付けたらお洒落度がアップするのはいうまでもない。(令和3年5月24日)

ⓒ 2006 Lucasfilm Ltd. & TM. All rights reserved.

kingdomfreedom.hatenablog.com