パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

5連勝でじんわり利益-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210831052552j:plain

8/30月曜日。ほぼ快晴ながらクソ暑いということはなく、どこかに秋の気配すら感じられる8月最後の月曜日。気分は上々だ。

アメリカ株はNYダウが35,455.80ドル(前日比+242.68ドル)、NASDAQが15129.50(前日比+183.69)、S&P500指数が4,509.37(前日比+39.37)と相変わらず上昇している。日経平均先物は場が始まる直前で27,870円だから、日経平均株価は250円くらい上げるイメージか。

 

メイン銘柄(最も長く多く保有している東証1部銘柄)は場が始まってから緩やかに上昇している。昨年5月から1ヶ月単位で見ると必ず買いか売り(全て信用)をしており(先ほど調べて驚いた)、今さらながらにメイン銘柄であることを実感する。現物(NISA含む)は1,000株単位で保有しているが、ここ数年増減はない(現引で100株〜300株くらい増えたかも?)。長期投資家なのである(w)。

そんなメイン銘柄を今日も100株売りに出す。10時前の段階で前場最高値で。5分後に約定。満足である。

 

先週売り切ったHENNGE(4475)は今日もストップ高にタッチした。正直悔しい思いはあるが、結果論と割り切っている。1万円台まで上がった後に2,000円台まで下がり、そこからまた強烈に切り返すという怖い動き。上下動の激しい銘柄がいくら好きだとはいえ、ここまで激しいと恐怖感のほうが大きい。昨年同様、ここからは見るだけだろう。3,000円台に戻ったら参戦してあげるけど。

 

日経平均株価は場が始まってすぐに前営業日比280円ほど上がってからは下がって+100円前後をウロウロしている。保有株式はほぼ全てが上がっているので、どうでもいい。

 

気が付くと大引けを迎えており、メイン銘柄は前営業日比3.44%上昇。それ以外の持ち株もいい感じで上がったので、今年4月頃と同じくらいの資産(現金と株式評価額)に戻った。数年前から比べると1/4近いけれど、1/5くらいは消費したからだし、今後も地道に含み益や売却益を伸ばしていきたいものだ。

本日の日経平均株価終値…27,789.29円(前営業日比+148.15円)

 

31日火曜日。空はどんよりしている。どこかで雨が降るかもしれない。

株式に関する収支は表計算ソフトで管理している。自動的に毎月ごとの収支も出るようにしてある。これが心を乱す。今日は8月最後の日。当然、昨日時点の8月の収支を理解している。月の収支がマイナスになりそうで、なおかつ11ヶ月連続で勝利中なんてことであれば、記録のために利益が出ている現物株を売ろうと考えることもある。今月は平均点以下とはいえ勝っているからそんな姑息なことは考えない。記録をつけるのは大切だが、その記録に振り回されないようにしたいものだ。という自戒の念。

 

日経平均株価は前日比でわずかのマイナス。メイン銘柄やその他の保有銘柄も小動きの中、鉄道関連や旅行関連銘柄が下げている。値下がり率で陸運業と空運業がワースト2になっているのだ。新型コロナウイルスの蔓延によりまだ人の移動がしにくいからという分析もあるようだが…。もはや買いで入りたい業種ではないので静観するのみだ。

前場引けで日経平均株価は前日比-53円。そんなものか。

 

1時間の昼休み時間に9月優待に関しての調べごとをした。大したことではない。売却損の代わりに配当と優待をもらうか、クロス取引逆日歩分の代わりに優待をもらうか、ちょっとした遊びだ。結果として20銘柄を選択し、優待4週間前から頃合いを見計らって買うか、クロス取引をするかを考える。最近は、優待のためには1年とか3年とかの継続保有を求められることが多くなっていることを実感する。そうこうしているうちに後場が始まると、日経平均が上昇し始めた。

 

優待銘柄を買うには少し資金が足りない。メイン銘柄の現物分を100株売り注文。一時、前日比10%上昇したQDレーザ(6613)、ちょっと前に売り逃したら少し上がってラッキーなベクトル(6058)などにも売り注文を出す。

一方で、9月権利銘柄はクロス取引よりも今のうちに購入しておこうという考え方のほうが大きいので、6銘柄に買い注文を出す。この時点で日経平均は前日比+350円。何かあったのか?

 

結局、売りは1銘柄、優待狙いの買いは3銘柄約定して終了となった。

日経平均は前日比+300円で終わったけれど、その理由は? 政治的な安定を見越してみたいなこともいわれているけれど、個人的には儲かればいいので理由なんてどうでもいい。

本日の日経平均株価終値…28,089.54円(前営業日比+300.25円)

 

9/1水曜日。アメリカ株は3指数揃って下落したとはいえ、誤差みたいなもの。

それより重要なのは、メイン銘柄が昨日の大引け後に出したIRの内容だ。連結子会社の元取締役による不正行為が発覚したというのだ。自分の都合だけで昨日100株売ったとはいえ、まだ数多く保有している。悪影響は避けられないだろう。ただ、これは誰も予想できなかったことだろうから、株をやるものとしてのリスクとして許容するしかない。大台を割るようなら買い増すまでだ。

 

昨日も売れなかったベクトルを適当に1,039円で売りに出したらすぐに約定した。昨日買えなかった9月の優待狙いの銘柄1つに買い注文を出す。

買ったらすぐに5,000円を突破してニヤニヤしていたら3,000円台まで下がって何度か買い直したWDBココ(7079)が上昇基調となっている。とにかく板が薄く出来高が少ないので思った価格ではなかなか売れないが、全て現物で持っているのでまずは100株だけ4,585円で売り注文を出す。

 

上がってほしいBASE(4477)と上下動で取ろうと虎視眈々と狙っているQDレーザの2つの板を表示している。どちらも1,100円台で、9:30現在の出来高が80万株程度。目まぐるしく変化する板の動きも似ていて、見ているだけで楽しくなる。日経平均株価は前日比+300円を超えた。

 

肝心のメイン銘柄は一時前日比-4%超まで下がってしまったものの、それで禊は済んだのだろう。若干のマイナスのまま推移している。前場引け時点では-1.51%。 この銘柄にしては出来高が若干多い(といっても11.7万株程度)が、あの程度のIRは気にしないということか。

 

後場日経平均も個別株も動きは緩やかで売買注文はなし。メイン銘柄は前日比-0.76%で終わり、出来高も約15.3万株と平常に近い。日経平均も360円ほど上がったが、これまでもよくわからない下げがあったし、よくわからない上げも悪くない。ただ、この調子だと9月末に向けてそれなりに株価が上がるような気もする。

本日の日経平均株価終値…28,451.02円(前営業日比+361.48円)

 

2日木曜日。雨模様。長袖でないと少し寒い。秋の気配。アメリカ株は3指数揃ってわずかなマイナス。その要因を分析して記事にしなければならない人は大変だろう。

 

小高く始まった日経平均株価の流れに沿って保有株式も含み益が増加したが、その後は右肩下がりで前日比マイナス領域へ。JR西日本の公募増資の影響は大きく、JRグループは総崩れだし、業種別のランキングでは陸運業が最下位、空運業が31位となっている。2つの業種は株主優待が魅力ではあるが、しばらくは買えない。株主にはなれない。

10時を過ぎて昨日、一昨日に買えなかった9月の優待狙い銘柄のいくつかに買い注文を出す。9月末はIPOが多く、そのための資金も用意しなければならないが、ひとまず目先のことだけを考えよう。

 

前場引け寸前、メイン銘柄に前場最安値で信用買い注文。昨日のIR以降の値動きと出来高、今日の値動きと出来高を見て短期で夕飯代を稼げるのではないかとビビッと来たからだ。約定。

 

後場に入ると日経平均は少し戻ったけれど、保有株式はCARTA HD(3688)タツモ(6266)ベクトル以外はマイナス街道を走っている。前場で思い付きで買ったメイン銘柄も少しとはいえ下がっている。この分では夕飯抜きである。

本日の日経平均株価終値…28,543.51円(前営業日比+92.49円)

 

3日金曜日アメリカ株は3指数ともに揃って上昇。相変わらずだ。ただ、今日は9月第1週目の金曜日。米雇用統計は先月よりも少し弱い数字になりそうとのことで、来週への展望を考えつつ、8時前からパソコンの前にいる。

 

メイン銘柄に5,000株を超える成行売り注文(13件)が入っている。一方で、前日終値よりも高い位置に5,000株の買い注文(1件)が入っている。メイン銘柄に限ったことではないが、妙な注文はよく見るので、この買い注文も場が始まる前に引っ込むと思った。…引っ込まなかった。上昇して始まる。結局は成行買い注文が入っていたようなものだが、注文状況にさえ変に反応してしまうのは悪い癖だ。とはいえ、メイン銘柄の株価の動きはもっと癖が悪いから…。

 

利益が出ているベクトル少々、タツモ全部、CARTA HDラスト100株に売り注文を出す。売れたら9月優待銘柄でも買おう。

メイン銘柄が下がってきたので、昼飯代を狙って買い注文。まだ買えていない9月優待銘柄の中からいくつかに買い注文。

 

前場後半からの日経平均の上昇に伴って売り注文が全て約定した。全て現物株で同じ証券会社で保有していた銘柄だが、売値合計が100万円近くになったので、この口座での今日の取引は終了。買うなら違う証券会社で注文しなければならない。なぜなら、100万円までの売買は手数料がかからない複数の証券会社で取引しているからだ。

メイン銘柄も昼飯代は稼がせてくれないようで、前日終値まで戻した。

夜の米雇用統計発表とアメリカ市場の月曜日休場などちょっと怖い要素はあるけれど、後場は少し買いに動くとするか。

 

最近の寝不足もあって前場終わりから後場始まりまでまったり休息し、後場が始まって驚いた。日経平均が前日比+500円以上値上がりし、29,000円台を回復しているではないか。ひとまず前場で買い注文を出していた銘柄を再確認し、いくつかは値を上げて約定を目指す。その後に上昇の原因をニュースを見て確認する。菅首相が総裁選に出ないからか。

 

前場で売った銘柄は全て約定価格以上に上がっている。メイン銘柄も昨日買った金額よりも上がったから、このままのペースなら大引けまでに夕飯代復活くらいまでは上がりそうだ。前場で新たに買えていれば万々歳だったが、そんなに上手いこといかないくらいがちょうどいいし、楽しい。

…下がった。まあいいさ。あわよくばWDBココも100株だけ売りたかったけれど、希望売却価格の4,580円には届きそうにないから注文も入れない。

9月優待を1つ追加し、大引けを迎えた。

 

なんだかんだで日経平均株価は今週5連騰となった。個人的にもそれなりに利益を取れたので悪くない1週間だった。(令和3年9月4日)

9/3の日経平均株価終値…29,128.11円(前日比+584.60円)

 

kingdomfreedom.hatenablog.com