パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

日経平均株価は3万円台へ-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210907122409j:plain

9/6月曜日。米雇用統計の結果を受けたアメリカ株は小動きだが(ダウ平均は下がりNASDAQは上がり(ともに0.21%)、S&P500指数はほぼ動かず)、日経平均先物は日本の政治的閉塞感が払拭されたからか上がっている。

保有株式は先週金曜日に色々売ったけれど、今週もその流れで利益出しをしつつ、9月優待を見据えた買いも行っていく予定だ。

 

場が始まり、日経平均株価の前営業日比400円以上の上昇を確認した後、メイン銘柄(最も多く長く保有している銘柄)の信用分に売り注文を出す。これで残り信用分は1,000株を割り、4ヶ月以上保有しているものもなくなった。信用新規建余力は4桁万円あり、その数字だけを見ると小金持ちになった気分である。10時過ぎ約定。

9月の優待(配当)狙い銘柄は、権利日までに想定以上に値上がりすれば売却も厭わない。ピックアップした20銘柄は全て優待があるのは当然として、うち13銘柄は9月に配当がある(ほかの7銘柄は3月一括配当)。優待や配当を狙いつつ、値上がりも視野に入れているのだ。前場で1銘柄を購入し、これで7銘柄を買ったことになるが、今後も日本の株価が上昇するようなら優待狙いの銘柄を追いかけるつもりはない(魅力的な銘柄から順番に買っていることもある)ので、ひとまずは打ち止めである。気が付けば日経平均株価は29,500円台。3万円台も見えてきた。

 

売り残しているベクトル(6058)WDBココ(7079)などに売り注文を出すも、やはり金額が少し高すぎたようで約定せず。ここは高望みするタイミングなので、売れなくても後悔はない。

 

大引けを迎えて保有資産の評価合計額を見ると、今年2/12以来2番目の金額になった。メイン銘柄の株価の影響が大きいだけだが、思えばその際の日経平均株価も29,500円くらいだった。

本日の日経平均株価終値…29,659.89円(前営業日比+531.78円)

 

7日火曜日アメリカは休場。日経平均前場のうちに3万円台を回復したとのニュースが流れたが、個人的には保有株式の含み益が減少し、売りたい銘柄が下がっているからそんなニュースに浮かれることもない。毎日毎日保有株式が上がっていくことなどないから、今日はひと休みでいい。

 

後場IPO絡みの金銭移動や申し込みをする程度。優待狙いの買い注文を1つ出したけれど約定せず。日経平均株価はこれで7連勝となった。

本日の日経平均株価終値…29,916.142円(前日比+256.25円)

 

8日水曜日。サッカーの中国戦が気になって朝早くに目覚めた。1対0での勝利。まずは良かった。

アメリカ株はダウ平均は下がったけれど、NASDAQはまだ上昇基調のようで。日経平均先物は少し下がっているから、今日の日本株は少し下がるイメージか。

 

メイン銘柄にまた買う気もない注文が入っている。ストップ安に4万株、そのちょっと上に5万株の買い(それぞれ1件ずつ)。9時過ぎの全買い注文が16万株だから、この2件の注文だけで全買い注文の60%近くを占める。たまにあることだが、総じて妙な買い注文が半数以上を占めるケースでは株価が下がることが多いから気持ち悪い。

結果的には踏ん張って前日比1.25%の上昇。しかし、出来高はたったの5万株程度。最後まで消えなかった最安値付近の1注文ほども出来なかったわけだ。

 

売りたいほど上がった保有株式はなく、買いたいくらい下がった銘柄もなかったので本日は注文さえもなし。勝手に含み益が増えた一日だったと、日記に書いておこう。

本日の日経平均株価終値…30,181.21円(前日比+265.07円)

 

9日木曜日アメリカ株は3指数揃って下がり、日経平均先物も3万円を割っている。日本株は3万円を挟んだ攻防になるのかもしれないが、それより保有株式の動きが気になる。

 

メイン銘柄にはストップ安に3万株(1件)の買い注文が入っている。9時過ぎの段階で買い注文の合計数は9万株ちょいだから、この1件で33%近くを占めているわけだ。全板を見られない人に「売り買い拮抗」と誤解させることには成功しているはずだ。

昨日同様、メイン銘柄の出来高は少なくなりそうで、個人が細々と売買しているイメージ。数%上がったら信用分を売りたいと考えていて、下がったら買わざるを得ない(?)から、何とか数%でもいいから上がってほしいところだ。

 

日経平均が下がり、それに伴って以前から狙っていた9月優待銘柄も下がったから2銘柄に買い注文。もちろん現物だ。1銘柄約定。

 

後場BASE(4477)を現物で買い注文。1,118円。今日だけで6%も下がっているからだ。勝算があるわけではない。当分の間、2,000円台はおろか1,500円台さえも遠そうだから、下のほうでちょこまか動いている間に少しでもいいから取ろう、とスケベ心を出しただけだ。もちろん短期。明日上がればすぐに売り飛ばす!

本日の日経平均株価終値…30,008.19円(前日比-173.02円)

 

10日金曜日アメリカ株、日経平均先物ともに下がっている。週末要因も考慮すると、日経平均株価は3万円台を割って終わりそうだ。

 

場が始まる前の段階で、今日はメイン銘柄に妙な注文は入っていない。買いが約3.6万株、売りが約6.5万株と平常運転である。

場が始まってすぐ、信用分を100株だけ売りに出す。9/2にちょっと下がった際に夕飯代を稼ごうと考えて買った以外は順調に信用分の利益出しが進んでいる。まだまだメイン銘柄の名に相応しい程度の株数を保有しているから、しばらくは信用分を売っていく。約定。

 

メイン銘柄以上に元気なのがBASEだ。昨日1,118円で買い足ししたばかりだというのに9:35には1,290円まで駆け上がった。それを確認して1,290円で数百株だけ売りに出す(1,300円で約定)。すでに保有0だがHENNGE(4475)なども6,000円台に復帰しているし、保有&監視銘柄が元気なのは嬉しい。

 

前場の途中から後場の途中まで所用で株価は見られなかった。日経平均BASEもどこかで跳ねたようで、1,290円の売り注文は約定していた。まだ1,000株前後は持っているから、もっと上がってくれるとありがたい。というか、出来高が凄いな。

 

どうせ買えないだろうが、新生銀行(8303)にも成行で1,000株ちょい、買い注文を出しておく。午後2時前の段階で18万株ほどの売り注文があるが、これは週初などに注文を入れたまま放ったらかしの人の分か? 買い注文は5,100万株ほど。大引けにかけて売りは減り、買いは増えるだろう。

結局、新生銀行は買えるわけもなく、メイン銘柄は3%ほど上昇して終わった。

 

今週はメイン銘柄の信用分で利益を出し、9月優待銘柄を2つ買い、BASEでちょっと遊ばせてもらった感じ。損切りもなく、悪くない1週間だった。(令和3年9月11日)

9/10の日経平均株価終値…30,381.84円(前日比+373.65円)

kingdomfreedom.hatenablog.com