パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

5日連続で下げるとは-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20210929133623j:plain

9/27月曜日。今週は月末で9月権利があって自民党の総裁選があって、と何かと小忙しい1週間になりそうだ。前営業日のアメリカダウ平均は34,798.00ドル(前営業日比+33.18ドル)、NASDAQは15,047.70(同-4.55)、S&P500は4,455.48(同+6.50)とあまり動きはない。

 

今日は観光関連や飲食関連の銘柄が元気だ。緊急事態宣言やまん延防止の解除を念頭に買われているのだろう。しかし、あまり売買したい業種ではないので、慣れ親しんだ監視銘柄の値動きを見る。買いたい銘柄はなく、売りたくなるほど値上がりもしていないので静観である。明日が9月権利最終日なので、優待狙いで購入した8銘柄が上がるといいなと思いつつ株価を見てみる。

 

後場に入ると日経平均株価は前営業日比マイナスとなり、それに連れてメイン銘柄(最も長く多く保有している1部上場銘柄)やその他の保有株式もマイナス方向に振れる銘柄が増えた。メイン銘柄は明日が権利日であり、配当があるから少し増やしたいと考え、腹も減ったので昼食を作る前の13:22に買い注文を出した。権利日前に上がり権利日後に下がるといった当たり前の動きはしないことが多く、権利落ち日でも平気で上がったりするので、そのあたりの期待感もある。真正直ではなく、ひねくれた気持ちで付き合うべき銘柄というのが、ここ5年以上で得た実感なのである。

食事から戻ってパソコンを開くと、13:25に32,100株も出来ている。それまでのトータルでは36,700株しか出来ていないから、わずか1分間で205分間分に近い売買が成立したということだ。何かあったのか? その後も下がるし、もっと買っちゃうぞ?

本日の日経平均株価終値…30,240.06円(前営業日比-8.75円)

 

28日火曜日。9月の権利日だというのに日経平均株価は小安く始まる。ネット回線の影響からか立ち上がらないソフトに苛々しつつ、メイン銘柄の値下がりにイライラが募り、権利を取って値下がりした負け分を配当と優待で埋める(利益分を優待に差し替えるイメージ)ための9月権利銘柄の最終確認をしていたら昼休み。9月権利銘柄は今日まで新たに8銘柄買っているが、最終日に5銘柄を追加注文することとする(2銘柄約定)。

ついでにメイン銘柄と1,600円台を割ってきたタツモ(6266)に自動的に買い注文を入れる。タツモは信用で21日に買って24日に売っているが、違う口座では現物で少し持っている。売買を繰り返していると、たまに持っていることを失念したり、現物だったか信用だったか忘れたりすることもある。メイン銘柄は2つの証券会社で現物とNISAと信用のそれぞれで持っていて、信用分をどんどん売却して今は現物で買うようにしているから、無駄な金利の支払いが少なくなっている。もっとも、現金は多くないので、短期で考えている銘柄はどうしても信用が多くなる。

 

もう少し資金があればIPO銘柄を狙いたいところだ。初日からいい感じの上下動を見せつけられているからだ。ほぼギャンブルではあるが、本日はジィ・シィ企画(4073)ROBOT PAYMENT(4374)デジタリフト(9244)リベロ(9245)が新規上場し、初値後にストップ高まで駆け上がったり、初値後にドカーンと下がったり。後者はリベロ。1,607円で買い注文を出してみる。すぐに買えて上がり始めたと思って目を離したすきに下がり始めたから1,557円で追加注文を出す。始値よりも約24.6%安く買えたのだから喜んでいいのか? 賭け事はやらないタチであり、売り時に悩むゲームに参加している気分である。自己矛盾の分析はしない。

本日の日経平均株価終値…30,183.96円(前日比-56.10円)

 

29日水曜日アメリカ株は3指数ともに大きく下がった(前日比で-1.6%~-2.8%)。これくらい下がればその原因を書いたネット記事を見ても納得できる。日本株も今日は大きく下げるだろう。9月権利銘柄はただでも下がるのに悪影響を受けるだろうから踏んだり蹴ったりだ。

 

日経平均株価は前日比600円だ700円だと下がっていく。タツモを追加で買う。それ以外は様子見だ。今日は損切りはしないし、買い向かうこともしない。値動きが気になるからパソコンに板は表示しているが、仕事に没頭する。明日明後日そして来週と下がるようなら損切りしつつ買いを入れよう。

メイン銘柄は配当落ちだったのに思ったほど下がらず、しかし9月権利銘柄は予想以上に下がった銘柄もあり、さすがにこれだけ日経平均が下がれば影響は受けるわけで。テンションも下がっているけれど、この下げの中でも踏ん張った銘柄を探してみようと思う。

本日の日経平均株価終値…29,544.29円(前日比-639.67円)

 

30日木曜日。眠る前はアメリカ株はそこそこ上がっていたはずだが、起きてみるとダウ平均は大して上がっておらず、NASDAQはマイナス。日経平均先物も冴えず、これでは今日の日本株はあまり期待できないのか? 9月優待銘柄で少しでも利益が出ているものに関しては即座に売りたいので、買い約定金額の+1円などで売り注文を入れる。

 

下がっているタツモに買い注文。日経平均前場始まってすぐにマイナス領域に入り、メイン銘柄は閑散とし、朝から高く始まったBASEは上下動しつつ前場引けで前日比+6%と気を吐いている。相変わらず観光や飲食関係が上がっているようだが、それには目もくれない。慣れないことには手を出さないのだ。

後場途中から体調不良により寝込む。

本日の日経平均株価終値…29,452.66円(前日比-91.63円)

 

10/1金曜日アメリカ株は3指数ともに大きく下げ、日本株も今日は下げ確定だろう。そんな誰でもわかる動き通り、日本株は下げて始まり、その後も右肩下がり。ダウ平均先物も下がっており、来週月曜日の切り返しが期待しにくい。つまり、今日の買いは遠慮したい。

 

メイン銘柄がほとんど下げておらず、BASEはこの地合いの中で上昇しており、もちろん保有株式のほとんどが下がっているとはいえ、大きなダメージにはなっていない。信用分が少ないこともあり、損切りを考えるような段階ではないと思う(と考えて何度失敗したことか)。買いは遠慮、損切りは考えない。つまり、前場ですでに日経平均株価は前日比-600円を超えているけれど、何もしない1日になりそうだ。

 

今日は、前田道路(1883)が3社共同持株会社設立による経営統合によりインフロニア・ホールディングス(5076)となってテクニカル上場する日。保有株式数が中途半端な数字になっていて新鮮な気分だ。始値は925円で安値が876円、高値が947円(前場段階)と上下動が激しい。なぜ?

単元未満株は若干、売るのが面倒というか手数料もかかるので、とりあえず単元分を売ることにする。後場、974円まで上がったのでその価格で売り注文を出したら売れた。残りの単元未満分は来週にでも手放そう。

 

日経平均は前日比-600円〜-700円あたりで落ち着いている。何か買いたくなってうるる(3979)ジィ・シィ企画(4073)に買い注文を出す。前者は分割したから、後者はギャンブルだ。前場最安値の+1円では買えるはずもなく。

 

メイン銘柄が前日とほぼ変わらずと踏ん張ったとはいえ、今週は毎日含み益を減らした1週間となった。9月は前半にメイン銘柄の利益確定によってしっかり利益を出したとはいえ、今週に増加してしまった損切り候補銘柄により、10月入りしたというのに台風接近による今日の天気のようにどんよりとした重い空気が漂っている。来週は快晴連発で打破したい!(令和3年10月2日)

10/1の日経平均株価終値…28,771.07円(前日比-681.59円)

kingdomfreedom.hatenablog.com