パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

パチンコグッズお宝博覧会597(三洋-53)

f:id:kingdomfreedom:20210818185059j:plain

上げ底、という言葉があるが、このパチンコグッズにぴったりの言葉である。いい意味で。というか、いい意味で、といった時点で言い訳をしているわけで、実際はいい意味でないことのほうが多いような気もする。

平成22年に発表された「CRギンギラパラダイス2」のグッズなのだが、箱が大きい割に中身が小さいのである。しかし、小さいからといって手抜きをしているわけではない。毛抜きが入っているわけでもない。ガス抜きはするべきである。

では箱を開けてみよう。

f:id:kingdomfreedom:20210818171204j:plain

中身は2つである。写真の撮り方は相変わらず下手くそだが、それでも箱に対するブツの大きさくらいは理解できるだろう。しかし、いい意味で、といったハズだ。何度でもいうが、ブツは素敵である。

まず左に見えるのはクジラッキーのぬいぐるみである、といいたいところだが、違う。クジラッキーぬいぐるみメジャーというれっきとした製品名がある。可愛い顔の面を見せてあげたかったが、裏にあるPUSHと書かれた部分のほうをより見せたかったので、こんな写真になった。写真を3枚掲載すればいいじゃないかって? スルー。

ヒモを引っ張ることでメジャーとしてより便利に使えるのだが、150センチまで。それ以上引っ張ったら多分壊れる。その引っ張ったメジャーを収納する場合はPUSHを押す。もう10年以上経過しているけれど、今でもしっかりPUSHできた。

右にあるのはクジラッキーのロゴ入り電動レターオープナーである。単3電池を4個入れることで封筒を開けることができる。イケメン男子からのラブレターも、市役所からの新型コロナワクチン接種券在中の手紙も、破産管財人からの債権按分弁済の特定記録郵便も、きっちり開けられる優れモノである。

中身が良ければ、多少の上げ底構造も悪くない。(令和3年10月7日)

kingdomfreedom.hatenablog.com