パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

400円以上の上昇が3日-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20211012112320j:plain

10/11月曜日。カレンダーを見ると赤いが、スポーツの日はもう消化してしまったので今日は単なる月曜日。そうはいっても、日本全国、どこかに「今日は祭日だから仕事は休み」と勘違いする人が3人くらいはいるのではないか。

 

アメリカ株はNASDAQが少し下がったが、それ以外は小動き。原油高が続いていてガソリンが高値で維持されているのが感じ悪い。もちろん、生活費が上がるからガソリンが高くて辛い、というべきだろうが、最近は比較的早めに入れるようにしていて、1回の給油量があまり多くない分、支払金額が5,000円を超えないので、辛さが軽減されている。高くなった野菜の値段を抑えるために、束の数を減らして同じ価格で売っているホウレンソウみたいなものだ。

 

日本株は小安く始まった。株式の売買に関する税金が30%になる? というような話(金融所得税率の引き上げ)もあったが、先週末、岸田首相が明確に否定した。つまり、今日、日本株が上がれば先週まで株価が下がった要因の一つに金融所得税率問題があったとも理解できるのだが、前営業日比マイナスで始まった日経平均株価を見る限り、その影響はなかったようだ。

…9時半過ぎから日経平均は上がり、それに連れて保有株式も一斉に上がり始めた。どう解釈すべきか、という問題は置いておこう。大きく上がれば、その銘柄を売るだけだ。

 

先週末に買ったばかりだが、HENNGE(4475)が上がり始めたので5,810円で売り注文を出す(それ以外の分も含み益はあるが継続保有)。短期間で株価が上昇した場合は即座に売ることが多い。ひとまず利益を確定し、すぐに買い足してもいいからだ。前場ではさすがに届かず後場に期待していたら難なく約定。悪くない。

 

太陽誘電(6976)は今日も元気だ。安値高値が5,850円6,130円と値幅がある。こういった銘柄は短期で取りやすいから、元気で値幅がある銘柄を少しでも多く集めて売買したい。マザーズより東証1部であればなお好ましい。以前は東京エレクトロン(8035)などがその好例で盛んに売買していたこともあったけれど、当時の株価は2万円台だった。今日の最高値は47,650円。リスク回避のためにも1万円台までの銘柄から選択したいので、それを探す日々である。

 

最近はメイン銘柄(もっと多く長く保有している東証1部銘柄。配当あり)の株価が安定しており、心の安寧につながっている。相変わらず業績の割に株価は上昇しないし出来高も10万を超えることが滅多にない。現物で数年以上保有している分は10倍以上になっている分もある(ずっと買い足したり売ったり信用分を現引したりしている)が、これらはあまり売る気はなく、年末に売買調整する際に考える程度だ。

 

大引け2分前、HENNGEがいい感じで上がり続けるものだから、10/4に買った信用分を5,880円で売り注文。1分後に約定。

10月分の優待銘柄を2つ買うべく注文を出したが買えなかった。

本日の日経平均株価終値…28,498.20円(前営業日比+449.26円)

 

12日火曜日。昨日夕方過ぎ、群馬県高崎市内の国道17号で事故があった。国土交通省高崎河川国道事務所のTwitterによると、トラックから洗剤が漏れ、常盤町付近が除去作業のために通行止めになった。国道18号などの分岐地点もある交通の要所だから、大渋滞が発生したという。知人も巻き込まれたとか。国土交通省高崎河川国道事務所のTwitterでは22時半に通行止めが解除されたらしいが、その後に所用で通ったら、窓を閉めていても芳香剤のようなちょっと甘い匂いが漂っていて、気持ち悪くなりそうだった。

 

アメリカ株は2日続けて3指数ともに下がった。日本株も今日は下がるだろうから、何か買い戻せればいいのだが。

 

先月末に購入したリベロ(9245)ストップ高に張り付いている。要因はレーティング情報にあるらしい。それだけで一気に駆け上るのか。昨晩というか夜中にPTSがすでにストップ高になっていたのは、場が始まってから知った。ストップ高でやっとわずかな利益になる程度の買値だから、もう少し夢を見るとするか。失敗がレーティングのおかげでプラスに転じるのだからラッキーだ。終値は前日比+300円で1,592円。出来高は14,500株。200万株以上の成行買いか残ったけれど、この数字を「すげー」と見るのは間違っている。買いたい人(買い戻したい人)が大量に注文した結果に過ぎない。

 

メイン銘柄は大して下げずホッとすると同時に、他の監視銘柄は買うには安くなく売るには高くないため、様子見。つまりやることがない。板を見つつ、仕事でもしよう。

 

せっかくの下げも売買なしで大引けとなった。

本日の日経平均株価終値…28,230.61円(前日比-267.59円)

 

13日水曜日。サッカーW杯アジア最終予選の対オーストラリア戦はアツかった。早い時間での先制は購入直後に素敵なネタが出たマザーズ銘柄の含み益を見ている気分だったが、同点に追いつかれところでの落胆はストップ安気分だった。それが最後にわずかな時間を残しての勝ち越し弾。涙が出た。

 

アメリカ株は3日連続で3指数ともに下落。日経平均先物も下がっているから今日の日本株も下がることだろう。

 

場が始まる前からリベロの板を見ている。今日もストップ高なのか? 記念の(w)100株以外は手放すつもりなので、値動きを見ながら売り注文を出そうと思う。寄り付いたのは9:21で1,912円。ストップ高は1,992円である。目まぐるしい動きをしているが、ストップ高まで行かないことも考慮して1,970円で売り注文を出す。届いた。その後、一瞬、ストップ高にタッチするも下がり、しかし揉んだ後にまたストップ高へ。ひとまず結果が出たのでスッキリした。他、行こう!

 

太陽誘電に買いを入れる。5,800円。日経平均がプラスに転じてから注文を出したから買えない可能性のほうが高いか、と見ていたら日経平均のマイ転とともに約定。すると、場が始まってまだ45分だというのに日経平均は前日比+120円。パーセントでいえば約0.4%だ。これに理由付けするのが仕事の人は本当に大変だろう。俺なら言うね、誤差の範囲内だ、と。

 

日経平均は前日比-100円程度でダラダラと推移するが、太陽誘電は右下がり。前日比-6%まで下がる。たまに入る大きな売りが今後の下落を想像させる。売って取ろうというわけではあるまい。何か情報を掴んだ? 機関投資家同士の戦い? 悔しいが、逃げ場を考えておかねばなるまい。

 

後場、10月優待銘柄を1つ買って終了。

本日の日経平均株価終値…28,140.28円(前日比-90.33円)

 

14日木曜日。夜中、熟睡しているときからずっと頭が痛い。頭痛には長い間悩まされてきたが、今年は改善の努力をしたので、ここ20年で最も頭痛の頻度が少ない一年になるはずだ。逆に言うと、頭痛に対する耐性が弱くなった。以前なら普通以下の痛みなのに、今では普通以上の痛みなのだ。今日は静かに生活しよう。

 

アメリカ株は反転の兆しといった感じで、ダウはほぼ変わらずのマイナスだが、NASDAQS&Pは上昇。日経平均先物も少し上がっているから、今日の日本株は上昇から始まるだろう。

 

保有株式の多くは日経平均株価の上昇とともに値を上げ、ここ2日で減少した含み益が少しは回復しそうで嬉しい。

リベロは2,001円で寄り付き、すぐに2,070円を付けたがそこから下がり、9:38には1,807円を見た。祭りは終わった。ただ、デイトレなどではまだまだ取れそうだから参戦もありだろう。

下がったら買いたいHENNGEは下がらず、3%以上上がったら売りたい太陽誘電はそこまで上がらず。

メイン銘柄は30分ほどで前日比+3%ほど上がったから安堵。100株だけ売りに出してみる。一瞬でもいいから届いて売れ、そこから下がってまた買えればいいと夢想する。

10時前、板を見る以外に株に関してやることがなくなったので、パソコン画面に板を残したまま仕事をすることにする。

 

少し動きが止まったかのように見えたリベロが9:38の1,807円を底に強烈に巻き返し始めた。たかが100株とはいえ売りたくなる。2,139円で売り注文を出すと、すぐに2,100円台を割るもドドーンと上がって約定し、10:31には2,250円に達した。儲かったから文句はない(本日安値は9:38で1,807円、高値は10:40で2,342円)…ことにしておこう(終値は2,150円。出来高は2,602,000株)。

 

後場はあらゆる意味であまり盛り上がらず、見ていただけ。今日上場したPHCホールディングス(6523)は初値が3,120円と公開価格を4%下回っただけではなく、その後も下がり続けて終値は2,651円。最近のIPOはやる気をなくすくらい元気がない。12月は多くのIPOが控えているようだが、どうせ当たらないとはいえ、もう少し盛り上がってほしいものだ。

本日の日経平均株価終値…28,550.93円(前日比+410.65円)

 

15日金曜日。今日は何かとせわしない。以前からわかっていたことだ。9時過ぎに家を出て病院に行き、それ以外の私用をいくつか処理し、昼に戻ってきて掃除や洗濯をし、後場が始まってすぐに健康診断のために再び外出する。板を見る暇はない。外出先からスマホで株価を確認する程度だ。

 

アメリカ株は3指数ともに仲良く上昇。日経平均先物も上がっている。週末要因を考慮すると、29,000円台には届かない感じだろうか。

 

前場引けで保有株式は3銘柄を除いて前日比でプラス。エルテス(3967)が+7.2%、ベクトル(6058)が+5.6%と気を吐いている。BASE(4477)は+3.9%。もう少し上がれ! 

 

全てが完璧に予定通りで帰宅したのが午後3時。大引けとともに帰ったというわけだ。日経平均は右肩上がりに上昇したようで、保有株式も結構、上がっている。悪くない。ザラ場を見られたらいくつか売っていたことだろうが、来週も上がればいいだけのこと。リベロの値動きは面白かったし、悪くない一週間だった。(令和3年10月16日)

10/15の日経平均株価終値…29,068.63円(前日比+517.70円)

kingdomfreedom.hatenablog.com