パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

含み益を増やした1週間-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20211102112329j:plain

11/1月曜日。月初で週初が1日というのは何となく気分がいい。衆議院選挙の定数465議席が確定し、株取引をやっているとどうしても思い出してしまう暗黒の時代に戻ることはないことがほぼ確定したので、格言通り11月は株価上昇となれば利益確定ができて嬉しいところだ。また、選挙前にほとんどポジションを落とさず、今日株価が下落したらけっこう大変なことになっていたはずだから、軽い賭けに勝ったような気分でホッとしている。

 

前営業日のアメリカ株は3指数ともに上昇したし、選挙結果も海外勢から見て投資環境の悪化には繋がらないと分析しているはずだから、少なくも今日の日本株は上昇するだろう。株価上昇の道程で、売った買ったを繰り返しながら利益を出していきたいので、ひとまず何か売りたい。前場で利益確定し、後場で買い直すイメージである。夜中の間も選挙速報を見ていたけれど、6時過ぎに起きてすでにパソコンの前。変に気合が入っている。空回り? 

 

日経平均株価は当然、上昇して始まり、一時は前営業日比+700円超に達する場面もあり、これなら何かしら保有銘柄の中から売却できるだろうと高を括っていたのだが、まるで狙いすまされたかの如く持ち株の上昇度がイマイチ。それでも元気なHENNGE(4475)が上昇し始めたので5,940円で売り注文を出す(注文時点の最高値は5,910円)。10:39約定。嬉しい。

メイン銘柄(最も長く多く保有している東証1部銘柄)も珍しく前営業日比5%ほど上がっているので、信用分の100株だけ前場最高値で売り注文。現物分をまだ多く持っているし、売れても売れなくてもいい。10:45約定。

 

保有株数が少なく、長期運用を考えている銘柄は、決算発表があっても事前に気が付かないことがある。兼松エレクトロニクス(8096)がそうだ。何となくポートフォリオを見ていたら上がっていて(といっても+3%程度だが)、そこでやっと決算のニュースを知った。長期で考えているから一喜一憂してもしょうがないけれど、保有銘柄はもう少し絞らないといけないかもしれない。

 

後場HENNGEが5,780円まで下がった。もうちょっと下がれば買い直すところなのだが、思い通りにはいかない。現物で持っている分もあるし、上がっても下がっても対応できるのは楽しい。

日経平均は前営業日比+600円〜+700円くらいを維持している。前場では思い通り売ったけれど、後場は買いたい銘柄がなかったので板を見て過ごしたのみ。

本日の日経平均株価終値…29,647.08円(前営業日比+754.39円)

 

2日火曜日。忘れていたカレンダーめくりに精を出す。大して部屋数はないのに、頂いたカレンダーは極力使うようにしているから、部屋数×4枚くらいのカレンダーをめくらなければならない。11月は2ヶ月で1枚のカレンダーであってもめくることになるから、年間用以外は全てめくることになる。今年もあと2ヶ月か。思いを新たにする。

 

アメリカ株は3指数ともに上昇。書き飽きた。

 

今日もHENNGEが元気だ。5,810円で始まってすぐに5,800円になった後は一気の上昇で、こんなに上がるなら10/26に5,840円で買った現物分を売ろう。6,320円で売り注文。約定。その後も前場で6,460円まで上がった。前日比+10%以上である。ネタでも出たのか? よく考えるまでもなく、結果論だが、朝一で買って11:23に売ればデイトレで10%取れた。凄い銘柄である。ビビリにとっては怖いけど。

 

普段、株取引はパソコンを立ち上げて、仕事をしたり、YouTubeを見たり、Zoomをやったり、資料を作成したりしながらのいわゆる「ながら作業」である。

8月に買ったが思った以上に上がらなくて保有期間中ずっとイライラしていたQDレーザ(6613)に引導を渡そうと、売り注文を出す。すぐ約定。あれ? 現値よりも数円高く(949円)注文しているのに約定? そう、売りと買いを間違えたのだ。生涯3度目か。「ながら作業」をしているからこうなる。一度に複数のことがこなせると過信しているからこうなる。バカだからこうなる。

すぐに誤購入した分も含めて再び949円で売り注文を出す。結果的に、誤購入によって昼飯代程度の利益がプラスされた。万々歳である(おいっ!)。

反省せず、心の中では「証券会社のHPがおかしいんじゃないの」とどこかの爺ちゃんみたいに責任転嫁した事実は秘密にしておこう(終値は902円)。

 

前場が終わって日経平均株価は前日比-66円程度。保有株式は小動きもプラス方向だから、含み益は増えている。まだまだ利益を確定しつつ、安いと思われる銘柄を拾っていかなければ。

 

最近ちょっとだけ凝っているシラス飯(半額のシラス干しが売っている時のみ購入し、アツアツご飯にわさび醤油をぶっかける)の昼食を楽しんでからパソコンの前に戻り、12月権利銘柄のリスト出しをする。ここから年末まで株価が上昇基調になっていくと仮定するなら、12月権利銘柄を買うのも悪くないだろう。

 

目先ではHENNGEが下がったら(といっても6,000円割れ狙いだから今日は難しそう)また買いたいから、板を見ている。このまま上昇に転じたら他の銘柄に行けばいいだけ。10月からHENNGEでは7戦7勝(今年は9勝2敗)であり、たとえ次に大きく負けても(さすがにストップ安はマズいが)利益が吹っ飛ぶことはないから余裕がある。

 

太陽誘電(6976)を5,650円で買い注文。そろそろ予定数終了なので、上げに転じてほしいところではある。そんなことを考えていたら、机の上に置いておいた湯呑みのウーロン茶を倒してしまい、78ccほどこぼれた。慌ててティッシュで拭き取る。ちょうど机を水拭きしたいところだったから逆に良かったかも。反省はしない。

 

12月優待銘柄に本日最安値価格で買い注文を出す。買えない可能性のほうが高い。

また、決算が悪くて後場が始まると同時にストップ安になったブイキューブ(3681)が気になっている。上下の値幅の影響も受けていると感じていて(上下幅が400円)、今日のブイキューブは前日比22.95%のマイナス(ストップ安で1,343円)になっている。いきなりストップ安になったのではなく、始値は1,373円で一時1,472円まで戻した後に1,343円になっている。信用買残は多いし、もっと詳細な分析によって翌営業日以降も下がることは十分にある。

 

以前、タツモ(6266)との出会いも決算発表だった。悪決算を機に下がったのだが、それにしても下がりすぎだろうと感じて色々調べて買った。それから長い付き合いになっている。

 

成行で買う。ひとまず数百株程度で勘弁してやろう。これまで一度も売買していない銘柄だけに、値動きが体感として入っていないので不安しかないが、株の利益は恐怖の代償というではないか。木曜日にもっと下がったら今日以上の分を追加できるだけの玉は用意しておく。

本日の日経平均株価終値…29,520.90円(前日比-126.18円)

 

3日水曜日。休場。アメリカ株は3指数ともに上昇。最高値更新とか言われてもニュースバリューはない。祭日は嫌いだ。やることがないから仕事をして時間を潰す。

 

4日木曜日。夜中に見たアメリカ株は下がっていたはずだが、起きたら3指数ともに上昇とは。市場の想定通りのテーパリングの開始と政策金利の維持で警戒感が後退したかららしい。ラスト2時間でマイナスからの見事な上昇となっている。日経平均先物もそれに沿って急上昇しており、今日の日本株が上がるのは間違いない。

 

個人的な注目株は次の3つ。まずはメイン銘柄。この含み益があるから信用取引もできるわけで、特に現物はあまり売る気はないけれど、信用売買に与える影響が大きいのでじわじわ上がってくれればそれでいい。

次にHENNGE。正直なところ、もう逃げられたと思う。6,000円台では買いたくないから、今後、買いのチャンスはないかもしれない。板を見つつ、6,000円台でも買いたくなるか、7,000円台に入って完全におさらばするか。

そしてブイキューブ。しばらく遊ばれることだろう。2日に買っているが、それ以上の金額は用意しているから、折を見て参戦するつもりだ。もちろん、短期。

 

太陽誘電が上がってきたので信用分の一部を売りに出す。前場最高値の5,820円だが、日経平均株価は下降気味であり、売れるかどうか。前場終わり間際に約定。

ブイキューブがいい感じで下がって含み損が生じている。1,283円で少し買う。その後1,248円まで下がった。まだ大丈夫。追いかける気満々である。

タツモが上がり始めたので売り注文を出す。9/16~10/4にかけて1,463円~1,670円で買い、10/18に1,670円、10/26には1,707円で売ろうとして売れなかった。本日は1,752円で見事約定。

 

いくつかの証券会社から銀行を経由していくつかの証券会社に金を移動し、IPOの申し込みをする。

前場が終わって日経平均は前営業日比+271円。

 

後場は大切な野暮用により1時間も見られない。本日の株取引はほぼ終了である。

本日の日経平均株価終値…29,794.37円(前日比+273.47円)

 

5日金曜日。良い天気だ。太陽が眩しい。まだ今年は暖房を使っていないこともあり、部屋の中は15度を割っている。空気が冷えていて気持ちが良い。

 

アメリカ株はダウ平均が誤差の範囲内程度下がったが、NASDAQS&Pは上昇。本日の日本株は各企業の決算結果と週末要因、来週のSQを考慮した動きになるだろう。

 

決算といえば、前日大引け後、BASE(4477)が決算を発表した。「でしょうね」という内容だった。前日終値とほぼ変わらずの893円で始まり、すぐに944円まで上がったが、その後ドカン! ガツン!! ボコン!!! と急降下して841円まで下がった。それに気づいて849円で買おうと思い、いくつかのニュースをタラタラ見ていたら買い損ねた。

 

決算といえば、本日大引け後には太陽誘電が発表する。昨日、一部を利益確定させたとはいえ、頭の中では7,000円台への戻りがイメージされている。つまり、昨日の売値程度なら買えるのだ。ただ、さすがに売値より高くは買いたくない(他銘柄で買ったことはある)ので、5,750円くらいを希望しているのだが…。前場最安値最高値は5,760円6,050円。相変わらずいい動きをしている。そして、ちょこちょこ大きな売買がある(14:08には73,900株≒約8.7億円の取引)ので、30円とか50円くらいはすぐ動く。好きだ。ただ、好決算でも売られることは少なくないから、月曜日に買い増しできる余力は残しておく。

注文金額を5,760円に上げてボーッとしていたら後場に約定。その後5,730円まで下がったからちょっと悔しいけれど、決算前に予定していた株数分は買えたので、あとは首を洗って決算を待つとしよう。

 

日経平均株価は右肩下がり。後場途中で前日比-250円ほどになっている。とはいえ、後場すぐに約定した太陽誘電は戻りつつある(終値は5,800円)し、買えなかったし追いかけなかったBASEも戻している(終値は902円)し、メイン銘柄は+3%ほど上がっているので最後の信用分100株を売りに出す。メイン銘柄で信用分を1株も保有しなくなったとしたら数年ぶりのことだ。約定。

HENNGEは一時6,940円まで駆け上がった(終値は6,800円)からしばらくお別れだ。

ブイキューブは少し戻して(終値は1,321円)今週が終わった。

 

今週はブイキューブの買いは拙速だったかもしれないが、納得したギャンブルであり、それ以外はいくつかの利益確定とメイン銘柄の上昇があって3桁ほど資産が増加した悪くない1週間だった。(令和3年11月6日)

11/5の日経平均株価終値…29,611.57円(前日比-182.80円)

kingdomfreedom.hatenablog.com