パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

水曜と金曜にドカンと下げる-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20211123202059j:plain

11/22月曜日。前営業日のアメリカ株はダウ平均が下がってNASDAQとS&P500が上昇した。日経平均先物は29,590円前後。今日の日本株に大きな動きはなさそうだ。

 

先週末までに発表された年内のIPOがここ数年で最多になっている。12月上場企業が31社もあるのだ。例年に比べると数は多いがドカーンと上がる銘柄数は少なそうで、とはいえSBI証券のポイント狙いを中心にそれなりに申し込む予定である。すでに当たらないことを前提に考えているけれど、資金は用意せねばならぬ。複数の銀行から複数の証券会社への資金移動に手数料はかからないが、特に証券会社から銀行に移す場合に翌々営業日になることもあり、資金難の身としてはいくつかのことをしっかり考えて株式の売買もやらなくてはならない。

 

日経平均株価は前営業日比-130円ほどで始まった。メイン銘柄(最も多く長く保有している東証1部銘柄)や、将来のメイン銘柄候補である太陽誘電(6976)も小安く始まる。先週木曜日に5,000円で購入したHENNGE(4475)はやはり買うのが早かったようだ。小高く始まったけれど、綺麗な右肩下がりを維持している。メイン銘柄と太陽誘電がプラスに転じたのを確認してから4,510円で買うも、それでもまだ早そうだ。

 

リボミック(4591)が上がっている。数年前までマークしていた銘柄で、株主総会にも行った。何度も勝手に期待し勝手に負け勝手に撤退した。今日は化合物コードRBM-007(加齢黄斑変性症)のデータ開示が来年1月10日のアメリカにおける講演招聘時に行われるのでは? という期待感で上がっているようだ。上市に至れば物凄いことになるけれど、これまで勝手に期待し勝手に負け勝手に撤退してきただけに…。427円でポチ。

 

日経平均は右肩上がりで、終わってみれば前営業日比プラスで引けた。

本日の日経平均株価終値…29,774.11円(前営業日比+28.24円)

 

23日火曜日。前日のアメリカ株はラスト1時間でドカンと下げて、それでもダウ平均のみ何とか前日比でプラス引け。日本市場はお休み。ドル円が一時115円になったとニュースになっている。

 

24日水曜日アメリカ株はNASDAQが下げ、ダウ平均とS&Pが上げた。日経先物は下がっている。

窓から入ってくる光が優しい。快晴である。椅子に座って含み益が減少する板を見つつ憂鬱な気分になるくらいなら外に出て太陽光線を身体いっぱいに浴びたいものだ。

 

前営業日比で下がって始まったメイン銘柄を購入する。ネタが出たかのような下げであり、ストップ高の分の上昇がなくなってしまう恐怖感に怯えながら、だ。

同じく3%ほど下げた太陽誘電をポチッ。基本的には上を見ていればいいはずだが、それなりの上下動がある銘柄だから、短期でも取りに行っているわけだ。

HENNGEの下げも酷いけれど、先日の3,000円割れも見ているからここで買い足そうとは考えない。損切りもまだ先だ。

BASE(4477)の下げも長く果てしない。今日も5%を超えるマイナスになっている。信用買残はまだまだ多いから、年初来安値を割ったとはいえどこまで下げるかは機関投資家次第か? ひとまず777円から再参戦してみる。

 

この時点で日経平均は前営業日比-215円程度。場が開いてからは右肩下がりに近い。

ただ、東証マザーズの下げはそれ以上だ。昨日遊びで買ったリボミックが年初来高値を更新して久しぶりに500円台に達し、マザーズの値上がりランキング1位(10時過ぎの段階)になっているのが悪目立ちしている程度で、100銘柄以上が前営業日比-3%以上となっている。そのリボミックにしても思惑でしか動かない銘柄だから、来年1月まで固く握りしめるか、短期で遊ぶしかないだろう。

リボミックといえばそーせいグループ(4565)が連想される。今日はストップ高で年初来高値を超えるはず。買えないだろうけど並んでみるか。

 

また、年末も近づいてきたので、今年の収益を見つつ損切りすべき銘柄は切らなければならない。いわゆる調整だ。前場のうちにキャンディル(1446)を今日の最高値となる509円で売りに出す。

 

午後に入っても右肩下がりの下落はとどまるところを知らず、日経平均は前営業日比-500円を超えた。保有株式のうち、5銘柄が-4%以上であり、ストップ高リボミックなど焼け石に水しぶきだ。

ただ、この下落が継続的なものと考えるなら損切りしないとマズいけれど、一時的なものや仕掛け的なものと正確に判断できるのであれば買い場、ということになる。チャンスなわけだ。というのは、午前中に買ったメイン銘柄も太陽誘電も、その後、大して下がっていない。売り仕掛けるなら10時から日経平均は300円以上も下がっているのだし、これらの銘柄ももっと下がるのではないか。自分が売りを仕掛けるならこの機に乗じて売る。

下がった時にビビるだけではなかなか利益を出せない。もちろん、ピンチをしっかり把握しないと大損するけれど。

本日の日経平均株価終値…29,302.66円(前営業日比-471.45円)

 

25日木曜日。カラッと晴れて快晴。幸福感に包まれる。アメリカ株はNASDAQが少し上がり、ダウ平均とS&Pは誤差の範囲。日本株は昨日のマイナス分を即日で回収してくれるといいのだが、世の中そんなに甘くはないか。

 

昨日下がったから、現物でそれなりに持っているのに信用分で買い足したメイン銘柄が朝から元気だ。9:10には前日比+5%。ラッキー、なのか? その後、下がり始める。

ラッキーと言えばキャンディルだ。昨日は結局売れなかったのだが、大引け後に自社株買いを発表したのだ。損切りしようが持ち続けようが金額的な影響は軽微であるが、それでも気分的に昨日売れていたら残念に感じていたことだろう。逆に今日は高望みしすぎた売値を付けたのでまた売れないかな。

 

HENNGEが盛り返している。信用売残もまだ多いし、3,000円を割っても文句は言わないつもりだが、今日は戻りを試している。あとはBASEが上がってくれれば言うことはないのだが、思い通りにはいかないのが世の常。前場引けで前日比-1円の765円。駄目だこりゃ。

 

後場は停滞。買いたい銘柄は見つけられず、売りたい銘柄もなく、板を見てボーッとしていたら大引けとなった。

本日の日経平均株価終値…29,499.28円(前日比+196.62円)

 

26日金曜日。冬らしくカラッと晴れ、身が引き締まる思いがする。アメリカ市場は休場で、日本株は週末要因で下げて今週も終わるのか。

 

なかなか派手な動きをしている。日経平均株価は前日比で-400円を超えたと思ったら、その後も右肩下がりで一時-700円とは。何があったのか。ただ、メイン銘柄は軽いネタが出たこともあって前日とほぼ変わらないからポートフォリオはあまり傷んでいない。余裕があるわけではないけれど、太陽誘電に買いを入れる。6,510円。約定(終値は6,490円)。

リボミックも元気だ。今回の思惑はひょっとすると…。そんな風に思わせる。少ししか持っていないから高みの見物を決め込むつもりだ(終値は581円)。

HENNGEは一時4,000円を割り込んだ。5,000円で買った信用分は当然マイナスになっている(終値は4,115円)。

 

後場に入ると日経平均は一時前日比-900円近くまで下がった。まさに売りが売りを呼ぶ展開である。それでも不思議と痛みを感じない。鈍感なのか、麻痺しているのか。メイン銘柄と太陽誘電はもう少し下がったら買おうと考えながら板を見ている。

途中、気分を変えるため、ファミレスに移動する。16時間ダイエット(w)をたまにやっていて、昨晩の夕飯からちょうど16時間を経過したので、好きなものを食べようというわけだ。

 

日経平均は最後に少し戻して終わった。水曜日と金曜日に大きく下げたので少し買い足したけれど、これらが来週以降に花開くと嬉しいのだが。

11/26の日経平均株価終値…28,751.62円(前日比-747.66円)

kingdomfreedom.hatenablog.com