パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

マザーズ指数は1,000を回復-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20211214144029j:plain

12/20月曜日。今年も残すところ2週間。まだ損切りしたい銘柄があるし、買い増ししたい銘柄もある。ずっとそう考えてきたが、果たしてそれでいいのかと自問自答している。日本株売買の主体である外国人投資家にとって、日本市場は魅力がないのではないか。政治的にはそう判断されているだろう。それならば現金化を急いだほうがいいのかもしれない。少なくとも日本株以外には投資するつもりが全くないので。

 

アメリカ株は3指数ともに下げた。特にダウ平均の下げが大きい。今日、日本株が下げたところで買う…というのがこれまでのやり方だったが、場が始まる前から板を見つつ今後の日本株の動きを憂いている。それでも気を取り直し、下がって始まった太陽誘電(6976)に6,320円で買いを入れる。

 

日経平均株価は前営業日比-200円あたりをウロウロしている。太陽誘電は6,440円まで上がって買えそうにないし、メイン銘柄(最も長く多く保有している東証1部銘柄)も若干上がっている。買いたくなるほど下がっている銘柄を探し切れていないこともあり、遅い朝食を摂ったり軽く机周りを掃除した後、クソして戻ってきたら日経平均が-500円を超えている。短時間に何があったのか。太陽誘電を買えたから良かったのか? あまり下がらず始まった日経平均だけに、急落はちょっと怖い。いつの間にか保有株式もほぼ全てが前営業日比マイナスに沈んでいるし。

 

後場は野暮用で外出し、やっと戻れたのが大引け直後。日経平均はなかなかの下げっぷり。ロング用(優待にも期待)でマクニカ・富士エレホールディングス(3132)を2,543円で買ったけれど、さて。

本日の日経平均株価終値…27,937.81円(前営業日比-607.87円)

 

21日火曜日アメリカ株は3指数ともに1%以上の下落となった。日本株先物が上がっているので何とか踏ん張ってくれるのではないか。

ただ今日は、普通の社会人として普通に外に働きに出かけるという普通の出来事があるので、コロナ禍では普通だった株取引中心の生活はできそうにない。明日と明後日は場にガッツリ張り付く予定なので、今日は普通に仕事に邁進するつもりだ。

保有株式はほぼ全てが上がってくれたから、何もせずに含み益が増加した一日となった。

本日の日経平均株価終値…28,517.59円(前日比+579.78円)

 

22日水曜日。人間なんて勝手なもので、天気が快晴であれば気分が良い。窓から空を眺めながら、伝わってくる寒さを感じつつ気持ちがシャン! とする。

アメリカ株は3指数ともに大きく上昇し、日経平均先物も上昇しているから、日本株も連れ高してほしいところだ。年末までに整理したい銘柄がいくつかあり、どうせなら少しでも高く売りたいから。ただ、今週末まで新規上場が数多くあり、本日上場銘柄の多くは初値が公募価格を下回っている。上場ラッシュが終わらないとマザーズ銘柄の低迷は続きそうで、つまり来週頭まで待って最後の調整をするべきなのか。迷う。

 

今日はメイン銘柄が好調だ。配当は明日、口座に入る。一時に比べれば保有株式数はかなり減ったけれど、今でもメインと呼べるだけの株数は持っている。先月のストップ高で400株だけ売ったけれど、そこから下げる過程でまた400株買い足した。取得単価が上がってしまったのはちょっといただけないが、過去数年、この銘柄で利益を出してきて、今後も出し続ける予定なので、適度な上下動でお願いしたいところだ。

 

前場BASE(4477)を切ってBASEを買う。恐らく今年一番負けた銘柄になるだろうが、ただで引き下がるつもりはない。BASEの負けはBASEで取り返さないと気が済まない。今年はもう諦めたけれど、来年は必ず笑ってやる。今日はマザーズ指数が1,000に復帰しそうなくらいマザーズ銘柄は上がっているし、何とかなるっしょ。

とはいえ、Mマート(4380)のようにまだ低迷している銘柄もあり、次期準メイン銘柄に育てようと考えている中、果たしてそれが正解なのか、少し疑問に感じるようになってきてもいる。

本日の日経平均株価終値…28,562.21円(前日比+44.62円)

 

23日木曜日。窓が曇っている。軽く窓を拭いてから外が快晴であることを確認する。外は寒そうだ。暖房器具のスイッチを入れる。

アメリカ株は3指数ともに前日比0.8%~1.2%ほどの上昇となっていて、日経平均先物も上がっているから日本株も上がることだろう。

 

保有株式を中心にしっかり値上がりしてくれたものの、希望売値までは達していないから売り注文は出さないが、本音を言えば迷っている。このまま日本株がすんなり上がる可能性は低いだろうから、希望価格に達していなくてもいったん売るべきではないか。そんな思いが渦巻いているのだ。ここのところ日経平均は1日500円程度の上下動もあり、売るのを躊躇った翌日に大きく値を下げ…という展開が続くと腹が痛くなる。長期目線で保有している銘柄はそんな動きにも一喜一憂することは少ないが、短期銘柄では仮定の売買を頭の中で繰り返して勝手に落ち込むこともある。

 

後場、4銘柄を損切りとわずかな利益確定で売りに出したが、売れたのはエルテス(3967)だけだった。あと3日、年末の調整もだいぶ先が見えてきた。

本日の日経平均株価終値…28,798.37円(前日比+236.16円)

 

24日金曜日。今日も快晴、そしてアメリカ株も3指数揃ってそれなりに上昇した。株価が下がればオミクロン株への警戒、上がればオミクロン株への警戒が和らいだ…。

月曜日に買ったばかりのマクニカ・富士エレホールディングスがすでに200円を超えるくらい上がっていて、短期目線なら喜んで売り飛ばしているところだが、買ってすぐに長期で考えている銘柄が上がると少し困るのはいつものこと。

買って下がり、買い増して下がり、もう1回くらい買ってから上がるとそれなりの株数を持てるのだが、いきなり上がるともう買い足す気がなくなる。単に気持ちの問題なのだが、このあたりは今後、改善していかなければ。

 

太陽誘電が上がっている(前日比+1%くらいw)。今日は9時半から野暮用があって出かけなければならない。張り付けない。上昇具合を見つつ売り注文を出したいが、それができないので何もせずにいったんパソコンを閉じることとする。

 

後場少しして帰ってきた。掃除や洗濯や食事などもあって落ち着いて場を見ることはできないが、日経平均株価は前日比+30円くらいでウロウロしていて、12月優待もIPO銘柄のセカンダリーも狙ってはいないから、何となく場を見ているだけ。

 

14時を過ぎ、気が向いたので昨日に引き続き損切り注文。BASEだ。自戒の念を込めて、というか自分に対する嫌がらせで100株だけは持っておくつもりだが、それ以外は28日までに売り払うつもりだ。

 

今週は月曜日に買った2銘柄がそれなりに育ったが持ち越し。売ったのは損切りばかりだった。外出することも多かった。

マザーズ指数は1,000を回復した。来週そして来年に期待が持てるのか?(令和3年12月25日)

12/24の日経平均株価終値…28,782.59円(前日比-15.78円)

kingdomfreedom.hatenablog.com