パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

今年の収益は2桁万円で終了-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20211214144131j:plain

12/27月曜日。寒い。今年一番の大寒気の影響だろう。雪こそ降っていないが、足元からしんしんと冷えている。

前営業日のアメリカ株は休場。場が始まる前に見た日経平均先物は前営業日の日経平均株価終値とほぼ変わらない。参加者は少ないだろうし、今日の日本株は小動きだろう。

 

本日も損切りを発動しなければならない。BASE(4477)である。今年の株式売買による収益は3桁万円を予定していた。目標を達成できると思った。しかし、特に下半期のBASEの下落によって大きなマイナスを記録し、恐らく1銘柄による最大の負け額を記録することになるはずだ。

同じように損切りをする人もいるだろうから、朝のうちに切ろうと考え、638円で売却。高値で買った分はこれでほぼなくなった。それと同時に今年のトータル収益が3桁万円を割った。ちまちま売買を繰り返しわずかな利益をちびちび積み上げてきたというのに、実に悲しいし、自分に腹が立ってしょうがない。

 

特に買いたい銘柄はないけれど、自分と同じように明日までに今年の収支調整をする人はいるだろうから、それによって下がった(と思われる)銘柄は少し買ってもいい。まだ探し切れていないから、ひとまず前場は板を見るだけだ。

 

後場には少し下がったメイン銘柄(最も長く多く保有している1部上場銘柄)に本日最安値より安く買い注文を出したり、太陽誘電(6976)に本日最高値より高く売り注文を出したりしたけれど、どちらも約定することなく大引けとなった。

本日の日経平均株価終値…28,676.46円(前営業日比-106.13円)

 

28日火曜日。よく晴れた空を見ながら深呼吸。アメリカ株は3指数ともに1%前後の上昇。日経平均先物も上がっているから日経平均は前日比+200円くらいは上がるだろう。

 

今日は調整売買をする。今、マイナスになっている銘柄をいったん売却して損を確定し、今年の利益をさらに減らす。支払い済みの税金が還付されるから嬉しい(超強がりw)。そしてすぐに買い戻す。

損切りや調整ばかりでは心が荒むので、太陽誘電を6,710円で売り注文。日経平均は前日比+400円超となっているけれど、全般的に値幅はあまり大きくない。売買も細っている。

 

11時、パソコンを閉じて昼食に行く。全く何の関連もないが、昨日の晩飯が非常に納得できない外食だったから、その嫌な思いを拭い去りたいのだ。とにかく値段と見た目と質と量のバランスが悪く、店自体は悪くない雰囲気だけれどもう二度と行きたくない。その記憶を消すために本日の昼食は行き慣れた店に行く。美味い。満足する。記憶消去。単純である。

 

13時に戻り、パソコンを立ち上げる。

リボミック(4591)後場になっても下げ止まらない。来年1月の導出の結果が漏れているのか? 大して持っていないし、1/10までは保有し続けることを決めているので、僅かな利益で確定しようとも思わないが、それでも気持ちはほんの少し揺れる。終値は前日比-140円の611円。

 

今年の調整はほぼ終わり、最終的に2桁万円の利益で落ち着くこととなった。全く満足できない結果だけれど、全ては自業自得。儲けたのも自分、損したのも自分。上手いのも自分、下手なのも自分。

本日の日経平均株価終値…29,069.16円(前日比+392.70円)

 

29日水曜日アメリカ株はダウ平均が上がりNASDAQが下がりS&Pはわずかにマイナス。年末だが、新年一発目(受渡)の取引日、窓から見える外の風景は冬らしく凛としている。快晴。令和4年こそ3桁万円の利益を株式投資(投機w)であげたいものである。

 

リボミックがストップ安の様相を見せている。というか、間違いなくストップ安に沈むだろう。来年1/10を待たず、導出の可能性が…。昨日、IRが出ていた。結局は、夢に踊らされたということか。リボミックではたまにあること。驚きはない。ただ、わずかとはいえ損失になるのでちょっと痛い。仕方ないが。1/10まで持つと決めていたから。

 

メイン銘柄は過去に2度の株式分割を経て株価が一時15倍まで跳ね上がったけれど、最近は分割しても逆に下がることが多いように感じる。期待感が(勝手に)大きいだけに、たまに下がった銘柄の記憶が残っているだけかもしれないが。

HENNGE(4475)である。2分割されて今日からより買いやすくなった。以前に買った信用分があり、昨日までに損切りする手もあった。しかし、流動性は確実に上がるだろうし、元気な銘柄だから継続保有を選択した。…今のところ、あまり芳しくない。

 

一発目の注文は太陽誘電だ。ロングでもショートでも取れる素敵な銘柄なので、日経平均株価を睨みながら6,610円で買い注文を出す。逃げられたかと思いきや、約定。メイン銘柄も同じだが、いくつかの証券会社の現物と信用を使ってなるべく手数料がかからない(もしくは安い)ように売買しているので、どの証券会社で何株、現物or信用で持っているのか、即座にはわからなかったりする。デイトレにしても、A社で買ってB社で売るといった変則的な形になることもある。

 

日経平均はその後、大きく値を下げ、前日比-300円を超える。マザーズも10時過ぎまでは上昇していたのに、下げに転じた。太陽誘電に6,520円で買い注文を出す。うまい具合に(?)6,520円まで下がったけれど、自分に順番は回ってこなかった。

 

商いが薄いメイン銘柄は誤差的な上昇となっているが、今年こそ大きく飛躍してほしいと考えているので、どこかで下がったら少しずつ買い増す予定だ。

 

後場は板をちらちら眺めて過ごした。以前はちょこちょこ売買していた東海ソフト(4430)が今日は少し上がっていて、久しぶりに株価を見て違和感を感じた。しばらく株価を見ていなかったが、まさか1,000円を割っていたとは。同じくピーバンドットコム(3559)も今日は少し上がっているが、500円を割っていたとは。元カノが落ち込んでいるようで複雑な気持ちになる。逆に言うなら別れて正解だったということか。

本日の日経平均株価終値…28,906.88円(前日比-162.28円)

 

30日木曜日。今年最後の取引日である。アメリカ株はNASDAQが前日比-0.1%でダウ平均は+0.2%ほど。パソコンを立ち上げて板を表示するが、積極的に何かをしようという雰囲気はない。

今日も冬晴れ。誰が作った言葉なのかは知らないが「冬晴れ」とはよくいったもので、外を見ると本当に冬晴れと感じる。

 

日経平均株価は始まって20分弱で前日比320円ほど下がった。年末で(多分)参加者が少なく、(恐らく)上下動の材料も大してなく、(きっと)株価に大きな動きはないだろうと考えていたので意外な下げだ。下げたら買おうと考えていた銘柄はいくつかあったが冷や水を浴びた気分になり、買い注文が出せなかった。

令和3年分の確定利益の確認を各証券会社のHPで行うという名目でリアルタイムの株価確認から逃げていたら、何があったのかは知らないが日経平均はプラス領域目指して右肩上がり。朝一であの銘柄とこの銘柄を買っておけば良かったと何の意味もないことを思いつつ、指をくわえて株価を見る。

 

大納会。令和3年の株取引がこれで全て終わった。

今年の株取引による収益は2桁万円。配当(配当落調整金などを含む)は1桁万円。

投資用の現金は3桁万円残っていて、信用新規建余力は4桁万円。

現物の含み益は3桁万円で、信用の評価損は2桁万円。

 

令和4年の目標は、収益3桁万円である。4桁万円が過去に一度あるが、その時よりも投資額が大幅に減っているので、実現不可能な高望みはしない。堅実に何とか3桁万円を確保したい。それがささやかな望みである。(令和4年1月1日)

12/30の日経平均株価終値…28,791.71円(前日比-115.17円)

kingdomfreedom.hatenablog.com