パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

愛読書は時刻表だった

f:id:kingdomfreedom:20220227174509j:plain

時刻表。ここでいう時刻表とは、JTBが毎月発行している大型版の時刻表のことである。

 

地図と駅名以外、多くは時刻の羅列に過ぎない時刻表。数字には強いほうで、また好きだったから、数字ばっかりの時刻表を読んでも全く苦にならない。

 

その昔、日本全国の国鉄(現JR)全てにいかに効率よく乗るかを考えて、それこそ時刻表の縁が黒くなるまで読み込んで調べまくって予定を立てたことが何度もあり、そんな経験も時刻表に対する親和性を培ったように思う。

 

人によっては、時刻表をチラッと見ただけで嫌悪感を示す人もいる。以前は日本全国の鉄道や飛行機、バス、船舶の時刻の多くが掲載されており、見方や調べ方がわからないと苦行でしかなかったはずだ。

現代ではスマホという超便利グッズがあり、それを使えば時刻表は不要という考え方もある。

 

時刻表は必要不可欠なものだった。特に20年以上前は。

東京を出発して北海道を効率よく回って全ての国鉄(現JR)に乗るとするならば、最低何日かかるのか、それを調べるには時刻表が欠かせない。当時、もしスマホがあったとしても、旅の予定は立てられなかっただろう。

 

そうやって時刻表を毎月買うようになったのだが、気楽に旅に出られる立場ではなくなった頃から毎月ではなく、3月などの大型改正がある月だけ購入するようになった。ここ数年は1年に1回か2回。その程度である(だからタイトルも「愛読書は時刻表だった」と過去形にしている)。

 

令和4年は、3月12日にダイヤ改正がある。新型コロナウイルスの影響もあって輸送体系の見直し(運転本数の削減)などの話題のほうに注目が集まるが、特急料金の改定などもある。個人的には北陸新幹線安中榛名駅の停車本数が削減されるかどうかにやきもきしていたが、これまで通り上下13本ずつ停止するようで、まずはほっとしている。

 

9月23日には西九州新幹線武雄温泉駅長崎駅)の開業が予定されている。遠い昔に国鉄(現JR)全線踏破を達成して以降、新規路線への乗車にはあまり興味を持てず、九州新幹線北海道新幹線も乗車していないというタイトルホルダーとしては実に恥ずかしい状況の中、約66キロ程度の新規開業のために乗りに行くかというと、行かない。恐らく死ぬまでに1回乗車するかどうかだろう。

 

3月号の発売日は2月25日だったが購入したのは27日。つまり今日だ。

久しぶりに書店に行き、時刻表コーナーに行くとJTBのものだけ置いていない。店員に確認すると、棚の奥の引き出しから出してくれた。もしかして、並べるのを忘れていた? 

 

さて、久しぶりに時刻表を堪能させていただくとしよう。(令和4年2月27日)