パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

パチンコグッズお宝博覧会703(豊丸-53)

f:id:kingdomfreedom:20211102213338j:plain

豊丸といえば一般電役というイメージが強い。ナナシーなどのヒット機種を輩出しているからだろう。

話は逸れるが、一般電役という言葉には違和感を覚える人がいるのではないだろうか。パチンコでは専門用語が使用されることが多く、一般人にはワケのわからない言語をちゃんとした日本語に直すのもパチンコメディアの仕事である。だからこそ、大入賞口や特別電役などの言葉は見た目ですぐに理解できる言葉に置き換わられた。それによってパチンコへの親しみが増したり、理解度が増幅したりしたのである。しかし、一般電役は訳しようがなかった。電チュー連動開放機とか、大当たり中連チャン可能機とかではピンとこない。羽根物とか権利物といった多くの人がしっくりくる名称を考え付かなかったのだ。ただ、長く使い続けられたことによって、一般電役は市民権を得たことだろう。

話を戻す。「CRドラゴン伝説2」(平成19年発表)は、平成8年に発表された「ドラゴン伝説ZZ」の2代目である。初代は大当たり確率が1/191、2代目は1/134(他に1/69の「CRAドラゴン伝説2V」がある)だ。

その販促品は、オリジナルカーシェイド&レジャーシートである。2つ入っているわけではなく、どちらでも使える2WAYということだ。大きさは120センチ×60センチ。日本製である。ただ銀色で反射しやすいので、撮影するのに時間がかかって嫌だった。(令和4年3月11日)

kingdomfreedom.hatenablog.com