パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

ストップ高で+3桁万円-今週の株取引-

f:id:kingdomfreedom:20220407101259j:plain

4/11月曜日。気合が空回りしたわけではないけれど、7時過ぎから待機。昨日、早く寝すぎたのだろう。

日経平均株価が本日最高値を記録した頃には、先週金曜日に買ったのが正解だったとほくそ笑んでいた。ただ、デイトレーダーではないので(とは言い切れないが)、というか(3月までのマイナスが大きいから)もっともっと利益が欲しいので、こんなところで売っていられるか! と我慢(欲をかいたと同義語)したらその後はマイナス領域へ。一時はそれなりに利益が出ていたのに、結局売買しないまま15時を迎えた。メイン銘柄(最も長く多く持っている東証プライム銘柄)がなぜか大きく下げたので、信用枠も少し心配になってきた。いったん、少しでいいから利益確定したいのだが、恐らくそう考えている人は少なくないだろうから、日本株はまだ下がりそうである。

本日の日経平均株価終値…26,821.52円(前営業日比-164.28円)、マザーズ指数…761.05

 

12日火曜日。不思議と火曜日は眠い。大きく下げたアメリカ株の影響もあり、日本株は今日も下げるだろう。日経平均株価は、上げる際は前日比プラス2桁円程度とショボいのに、下げる時は前日比マイナス3桁円と大きい。そんな状態が3/30から続いている。

一時的に戻るかなと思わせて結局は右肩下がりで、保有株式のほぼ全てが前日比でマイナスとなり、信用枠にも黄色信号が灯り始めた。先週金曜までは呑気に少し買っていたが、今週は大人しくしている。動くに動けないからだ。先立つものがないからだ。貯金箱がカラだからだ。自分の身体が株を買うことを拒否しているからだ。

株価は、上下どちらでも行き過ぎることが多い。止まりそうなところで止まらない。しかし、行き過ぎるのは困る。実に困る。そろそろ止まれ。いやマジで。

本日の日経平均株価終値…26,334.98円(前日比-486.54円)、マザーズ指数…754.14

 

13日水曜日。昨日、保有銘柄の一部で上方修正が発表された。まずWDBココ(7079)は前期経常を34%上乗せし、配当も4円増額した。そしてメイン銘柄は上期経常を21%上方修正した。すでに100株しかないWDBココはどうせ売らないからどう動いても良いけれど、ちょっとした上下動が金銭的精神的に大きな影響を与えるメイン銘柄は一発ドカンと上がってほしい。現物は目線をずっと先にして保有しているけれど、その現物の利益分があるからこそ信用でも売買できるからだ。

 

場が始まる前から板を見ていたけれど、ニュースに素直に反応しそうで嬉しい。機関投資家は結構売っているので、彼らなんか焼かれてしまえばいい。そう思って見ていると、9:12前日比+9.15%で寄り付いた。しかし、その後、動きがなくなり次の約定は9:15で、そこから怒濤の約定攻撃! 恐らく機関投資家の買戻しだろう。

 

日経平均株価アメリカ株3指数全ての下落の中、ドル円があまり動いていないこともあってか前日比+200円を超えた(9:30)。大して上がっていないともいえるけれど、なぜか保有株式はしっかり上がっている。HENNGE(4475)BASE(4477)などだ。これらはほぼ株価を見るだけに持っているようなものだが、準メイン銘柄にしようとしている太陽誘電(6976)が少し戻りつつあるのは嬉しい。

 

いつも感じる10時までの長さを今日も痛感しつつ、残り少ないHENNGEの信用分と先週買った現物分に売りを出す。信用分は1,294円で売れた。現物分は株価が1,300円になったのを確認してから1,298円で注文したらそこから下がった。動きの激しい銘柄だからどうなるかはわからない。

 

短期目線で先週買ったメイン銘柄も売り注文を出す。すでに前日比+15%を超えており、ストップ高も視野に入っているが、これは行きすぎだろう。だから売る。ところが、希望注文売値に届いたことを板で確認したのだが、約定メールが届いていない。どうやら注文の最後の段階でボタンを押していなかったようだ。HYPER SBIで板を複数表示しているだけでなく、並行していくつかのHPを見たり、アプリを立ち上げて仕事もしているから、たまにこういったことはある。言い訳だ。

結果論だが、そこからもう一度、注文売価を少し上げて注文し直し、それで売れたので夕飯代金が出た。

…はずが、その後11時過ぎに一時的とはいえストップ高にタッチした。夕飯ではなく豪華な会食ができたかと思いつつも、メイン銘柄は数多く保有しているから大した問題ではない。それでもちょっとだけ悔しいから信用分の100株をストップ高で売り注文。前場では売れず。

 

とはいえ、さすがにメイン銘柄が一時的とはいえストップ高まで駆け上がったので、保有株式の評価額は前日比で+3桁万円となった。望外の結果である。信用枠の黄色信号は消えた。

日経平均前場引け時点で前日比+420円。

 

後場に入っても大きな変化はない。メイン銘柄は再びストップ高にタッチしたし、HENNGEは1,298円で売れた。前場に注文したメイン銘柄は約定したので、再びストップ高で売り注文を出す。まだまだいっぱい持っているから少しずつ売っていく。下がればすぐ買う。あと1,000円くらいは上がってもらわないと困るし、それくらいの実力はあると判断している。その偏愛のせいで数年間、苦労しているのだが。

 

HENNGEはその後、一時1,350円まで上がり(終値は前日比+16.55%の1,345円)、メイン銘柄ストップ高(+18.45%)で大引けを迎えた。約16.6%上がったHENNGEと、上方修正で約18.5%上がったメイン銘柄。パーセンテージには納得できないが、景色が一気に変わったのは間違いない。

本日の日経平均株価終値…26,843.49円(前日比+508.51円)、マザーズ指数…785.65

 

14日木曜日。昨日は結局、メイン銘柄を400株ほど手放した。事業内容も今後の収益性も問題ないからあとは株価が上がるだけ、なのだが、もうここ数年来、ずっと期待を裏切り続けている。上場来高値を記録した際は4桁万円の含み益があったけれど、そこではあまり売らなかった。もっと上がると考えたからだ。その後、一時はその高値から1/4まで下がった。上場来高値の時よりもさらに実績を積み、利益を生み出し、将来性もある。そう考えるとまだまだ上昇余地はあるはずで、この程度の株価で満足できるわけがない。

とはいえ、この株のクセみたいなものが身体に蓄積されており、ストップ高になって喜んでいても次の日から下げることが多く、気が付くとストップ高前日の株価に戻っている…それを繰り返してきたのだ。

ただ、メイン銘柄に関しては長期目線ということと偏愛しているということで、ある程度の株数は保有し続けたいので、ストップ高でもちょっとしか売らなかったというわけだ。

 

ところで本日決算発表のベクトルが朝からやけに下げているのはなぜ? 結構追いかけている銘柄で、1,100円を割り込んだら買いだと思うのだが、発表当日にここまで下げるということは何か漏れているのか? 考えすぎて手を出せない。

 

本日はHENNGEがまた朝から暴れている。日経平均株価も前日比+250円を超えてきた。アメリカ株は3指数ともに上がっていたから、このくらいの上昇は想定内である。

 

後場太陽誘電を5,170円で売る。明日金曜日の下がったところで買い直そうという皮算用である。上がってもまだ少し持っているから売ればいいだけ。少しずつ良い循環になりつつある。

大引けではHENNGEが前日比-2.75%の1,308円まで下がった。激しい上下動に息もできない。メイン銘柄は同-0.93%だったが、出来高から見るとまだ平常に戻った感じはない。

本日の日経平均株価終値…27,172.00円(前日比+328.51円)、マザーズ指数…782.24

 

15日金曜日。わずかとはいえ資金ができた。ストップ高は大きいし、保有銘柄の多くが株価上昇となれば、結果として信用での買いも増やせる。全般的には信用比率は低くしていくつもりだが、今日は朝から太陽誘電狙いである。

場が始まる寸前までは前日比300円以上下げそうな気配だったが、前日終値から160円下げてのスタートになった。少しでも安く買いたいから4,955円で買い注文を出す。日経平均株価アメリカ株3指数の大きめの下落もあってすぐに前日比‐400円近く下がった。まだいくつも持っているから下がるのは楽しくないが、下がったら下がったでその価格帯で売買すればいいだけのこと。

 

ちょっと油断していたら、日経平均が上昇し始め、まさにあれよあれよという間に前日比プラス圏にまで駆け上がった。何があった? というか、もう買えないじゃん!

 

一方でメイン銘柄は下げている。いつものことだ。今回はそのパターンを踏襲せずに踏ん張ってくれることを期待したけれど、ストップ高自体が出来過ぎであるから仕方がない。前日比-4%でも十分に痛い。日経平均がプラスに転じても影響などない。

 

HENNGEは相変わらずの暴れっぷり。10時過ぎの段階で高値安値が1,345円(10:08)1,232円(9:15)って物凄くないか。

 

後場は全般的に膠着状態で、結局、何も約定することなく終了した。

 

今週はメイン銘柄ストップ高という年に1回あるかないかの幸運に恵まれ、少なくても気分は大きく変わった。今日はその反動で前日比マイナス5%以上という体たらくで、それがこの銘柄の平常運転状態なのだが、今後の動きは読めない。ただ、溺愛している銘柄だけに、上下動でも取りつつ一定株数を持ち続けるのは間違いない。(令和4年4月16日)

4/15の日経平均株価終値…27,093.19円(前日比-78.81円)、マザーズ指数…765.73

kingdomfreedom.hatenablog.com