パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

破れたパンツ

f:id:kingdomfreedom:20220407100858j:plain

パンツの寿命はどれくらいだろう。

 

個人的にはトランクスタイプが好きで、25年以上、そればかりはいている。デザインや素材に特にこだわりはないので、たまにやっている投げ売りみたいな価格で売っている場合に買うことにしている。出番待ちの新品が数枚以上はあるはずだ。

 

誰も興味はないだろうが、だいたい7~8枚くらいで回している。1週間に1回程度洗濯機を回せば大丈夫な状況が心地良いからだ。実際に最低でも週2回は回すのだが。

破れたら、ゴミにすることを考え始める。股下かお尻部分あたりが破けてしまうことが多い。小さな穴や数センチの裂け目が生じたくらいならはき続ける。

そしていよいよ大きな穴になってしまったらタンスの上から3番目の引き出しの左端にしまう。出番はあと1回だぞと言い聞かせて。

これらの「あと1回パンツ」は旅行時にはいていき、着替える際にそのまま捨てる。旅の恥はかき捨てというではないか。あまり関係ないけれど。

 

ところがここ数年の新型コロナウイルスによる旅行の自粛である。その前からあまり出かけなくなりつつあったけれど、コロナで旅は完全にストップした。

その影響でストックが貯まる一方なのがパンツである。引き出しの左端には最後のご奉公のために出番を待っているパンツが今現在、4枚ほど待機している。

どれもこれもかなり壮絶な破れ方をしている。縫ってもいいのだけれど、15年以上前に購入したものはサイズも小さく、今では履き心地がかなり悪い。

 

パンツの寿命の話だった。ごく普通の1枚数百円もしないトランクスタイプのパンツ。今では全てが2Lサイズであり、現状でMサイズの下着や上着を購入することは絶対にない。しかし、タンスの引き出しにある「あと1回パンツ」の一部はMサイズである。ということは、恐らく20年以上前に買ったものだろう。数年待機していることを考慮すると、15年は普通に使用し続けたはずである。

 

結論。

パンツの寿命は(1週間に1回程度の使用で)15年~20年である。(令和4年4月17日)