パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

運命には逆らわない

道路に設置されている信号は、時間帯や交通量などを考慮し、しっかり制御されている。

とある国道を毎週のように深夜に通るのだが、A交差点からB交差点までの数キロは、ある一定のスピードで走ればその途中にある信号に引っかかることはない。ここ数年、一度もない。

また、C交差点からはどんなにスピードを出してもD交差点で赤信号に引っかかる。60キロ制限の道路だが、若干ゆっくりめの50キロで走るとD交差点を緑になりたての状態で通過できる。

 

車を走らせる際は他車との関係があるから独りよがりな運転はできない。少なくとも違反したり事故を起こしたりしたくなければ、標識やルールに従うだけではなく、他車の動きや人の動き、不可抗力への備えなどが必要だ。前はもちろん、後ろや左右への目配りも必須となる。

 

それゆえにいくら夜中の車通りの極端に少ない国道とはいえ、信号の制御を考慮に入れた自分勝手な運転はしない。夜中の60キロ制限の道を60キロで走るのは、実際問題、危険なことが多い。70~80キロで流れているからだ。

しかし、前後左右に車がいない時なら、55キロくらいで走ってD交差点手前で止まることなく走り続ける。恐らく燃費も向上しているだろう。

たまに、爆走していたトラックがC交差点からだけゆっくり走り、D交差点を止まることなく通過しその後また爆走する、なんて光景を見ると、その行為の是非はさておき「この道を走り慣れているのだろうな」とは思う。

 

そんな制御されている信号ではあるが、走り慣れていない道ではたとえ制御されていてもどのように制御されているかを理解していないことが多いから、微妙な黄色信号で一瞬の判断に迷うことがある。

 

以前、片側3車線の広い国道を走っていた時のこと。1キロ先で右側車線のみが目的地方向に枝分かれするので一番右側の車線を走っていると、バックミラーに小汚い大型トラックが右に左に車線を変えながら爆走してくるのが目に入った。危ない。怖い。

すると、その小汚いトラックが車線変更して自車の後ろに入った瞬間、前方の信号が黄色に変わった。通常ならブレーキを踏むところだが、すでにトラックはバックミラーの中で巨大化している。止まったら追突される。そう判断して止まらなかった。警察官が見ていたら違反切符を切られても素直に従うしかないだろう。交通事故よりも交通違反を選んだことになる。

 

当然のようにトラックは赤信号で突っ込んできて、さらに加速して交差点を通過後、真ん中の車線に移動して爆走していった。近くに警察官はいなかったし、事故も起こさなかった。

ただ、その後、どうなったのかは知らない。今でも爆走し続けているのか、無茶なトラック運転手としてニュースになってしまったのか。

 

運命には逆らわない。運命には抗わない。たかが信号を守るといった(「運命」という重い言葉を語る上では)当たり前だが小さなこととはいえ、赤信号で突進したからといってラッキーとは全く思わない。それどころか、赤信号を守らずに「運命」を変えてしまったことで、その先の道路で待ち受けている運命の歪みが怖い。本来なら遭遇しなかったはずの車や歩行者との間で何か不具合があったなら、赤信号を無視したからだと考えてしまう。赤信号を無視せずに車や歩行者との間で何か不具合があってもそれは運命だから受け入れられる。

そういうことだ。

 

ただ、信号は制御されているから、走り慣れた道であれば「運命」を変えることもできるのだが。(令和4年4月29日)