パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

作りすぎた梅酒の行方

昨年は梅の実が豊作だった。調子に乗ってもぎまくり、2日がかりで何十キロという梅をもぎとった。

 

不作の年は8リットル瓶1つの梅酒を作るのがやっと。1年近く冷暗所にしまっておいてから飲むので、瓶1つの年はそれはそれは貴重なものとなる。少しずつ飲んでいく。

 

しかし、昨年は採りまくったので、8リットルの瓶が足りなくなり、10本くらい購入した。それらが全て梅酒で埋まった…。

 

瓶や氷砂糖や焼酎代を計算するとかなり高い梅酒になるわけで、瓶はこの先、何年も使い回していく予定だ。

 

そうやって作った梅酒便は冷暗所に15本くらいある。例年なら1年ほど寝かせてから飲むのだが、今年は数が多いので3月頃から飲み始めている。

 

少なくても今年中は持つだろう。飲み切れなさそうな梅酒はどうするべきか。ひとまず飲んでから考えるとしよう。(令和4年5月4日)