パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

停電と時計

最近はめったなことでは停電しない。ところが5月下旬、1分もなかったとは思うが群馬県の一部地域で停電が発生した。いきなりパソコンが落ち、電気も消えたので少し驚いた。

 

以前にも触れたことがあるが、停電になると電気で動いている時計が「0:00」を点滅させながら「早く正確な時刻を表示できるようにして!」と訴えかけてくる。そんなアピールの有無にかかわらず、「0:00」の点滅は気になって仕方がないので、すぐに直す。

 

洗面所と風呂の給湯や換気関連のスイッチ、ほぼ使用していない2台のFAX&電話機など、もともと1ヶ月も放っておくとわがままな時計らしく数分以上狂うので、2~3ヶ月おきに修正しなくてはならないのだが、停電が起きると電波時計を見ながらそれらを修正して回らなければならない。それぞれ時刻修正のやり方が異なるので、思い出しながら時計を合わせることになる。

 

東日本大震災後の計画停電ではたまたまその地域に入らなかったので停電は経験しなかったし、電気が長時間通じなくて冷蔵庫の中のモノが腐ってしまったというような経験もない。

 

便利さを享受しながら生活することにすっかり慣れてしまっているだけに、今後、電力が足りなくなるかもしれないというニュースが流れている中、電気の安定供給を切に願いたいところである。(令和4年5月29日)