パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

久しぶりの利益確定週-今週の株取引-

5/30月曜日。昨日は暑かった。高崎市は35度を記録したらしいが、確かに車で移動中、どうせ大した精度はないだろうと馬鹿にしている車の温度計が37度を示していたが、あながち間違いでもなかったようだ。

 

先週末のアメリカ株はダウ平均が前日比+1.76%、ナスダックが同+3.33%、S&Pが同+2.47%と大きく上げた。日経平均先物は27,000円台を回復しているから、今日の日本株はそれに応じた動きをしてもらいたいところだ。

というのも、5月はまたもや売買収支がマイナスになりそうだからだ。調整のための利益出しをするつもりはないけれど、それでも今日明日の状況次第ではプラスに転じる可能性もあるのだ。

 

保有株式のほとんどが前営業日比でプラスになっている。ただ、タツモ(6266)だけが9:15まで値が付かなかった。先週末、130.5万株の公募増資などを発表したからだ。先週末の終値が1,323円で利益は出ていたけれど、本日の始値は1,151円。大して持っていないとはいえ、予期せぬ出来事は痛い。全て現物だから放っておこう。

 

ラクス(3923)の最後の現物分を1,606円で売りに出す。すぐに約定。同じ情報・通信業に分類されているラクスル(4384)は下落が未だに止まらない。少し持っているのでそろそろ上昇に転じてほしい(その後、前営業日比6%以上の上昇)。

 

遅い朝食を魚料理で摂りつつ、ちょっと室内の「湿度感」が高めだと思ったので窓を開ける。爽やかな風が入ってくる。気持ちが良い。昨日ほどではないが暑い。昨日、車のハンドルが触れないくらい熱くなったので、それを防ぐハンドルカバーなどを取り出す。

日経平均はほぼ右肩上がりで前営業日比+500円を超えたこともあって、やることがないのだ。投資家の支持率は極端に低いらしい総理大臣は株式を1株たりとも持っていないこともあってか、税率20.315%でも高いのにそれをさらに引き上げようと考えているらしいとの報道は見たことがある。それにより株式市場から100兆円が吹っ飛んだというニュースも聞いた記憶がある。それが最近、政府が取りまとめる経済財政運営の基本方針に「貯蓄から投資への移行」を進める方針を表明したとのことで、それに驚きはないけれど、そんなことをきっかけに日本株の上昇に弾みがつく可能性もあり、となると今日は売りではなく買いだろうという気持ちも湧き上がってくる。その結果の「見」なのである。

 

といいつつ、コンフィデンス(7374)を1,656円で売りに出す。板が薄くて、リアルタイムで値動きを見られる立場にいると、やきもきして仕方がない。後場早々、約定する。

今日は全般的に上がりすぎのイメージもあるだろうから、明日下がっても1ミリ程度の後悔で済むように売っておく。明日上がっても1ミリ程度の後悔で済むように、ほんのちょっとだけ売っておく。

 

揺れる気持ち。願望込みで、ここから日本株はそれなりに上がっていくような気はするが…。

 

あとはメイン銘柄(最も長く多く保有している東証プライム銘柄)である。前営業日比+2~+3%ほど上がっているが、物足りない。信用分は決済時期が迫っている分もいくつかあるから、そろそろ売りたいのだが…(終値では同+2.87%)。

 

揺れる揺れる。まあ、いつものことだ。

日経平均は前営業日比+2.19%上がり、マザーズ指数は同+4.98%上昇した。

本日の日経平均株価終値…27,369.43円(前営業日比+587.75円)、マザーズ指数677.26

 

31日火曜日アメリカ市場は休場。色々あって午前中は休場気分を味わい、後場から参戦予定だ。

 

最近は、株主総会の議決権行使書はインターネットで執行できるケースがどんどん増えていて、アンケートに答えると1/100の確率で500円のクオカードが当たることもある。株主として(w)議決権をしっかり行使するべく、大変遺憾ながら株主総会に出席できない場合(w)は、全てではないけれどハガキで送るというアナログ的な行為を繰り返してきたが、今はネットでできるならネットでやっている。もちろん、1/100の可能性をうっすら信じて。

と、3月に株主総会を行った企業のスマホによる議決権行使により500円のクオカードが見事に当たったのである。たかだか500円であり、時給換算すると数円にもならないだろうが、スマホで議決権を行使した企業名もしっかり印刷されて送付されたので、その企業がちょっぴり好きになった。発送をもって発表に代えるというのは、以前に某出版社で送付していなかったことがバレるなど、信用性がイマイチである。しかし、逆に言うと、当選品が突然送られてくるので、当たった場合は嬉しい。

 

後場太陽誘電(6976)を売る。日経平均株価は前日比マイナス圏に沈んでいるが、それに逆行して上がっていることと、ひとまず信用分の利益出しをしようということだ。5,350円で売り注文を出す。板を見ながらいつでも5,340円に変更できるように準備をして、だ。が、大きめの約定があって5,330円まで下がったので慌ててその金額に値下げし、約定。本日最高値で売れなかったのは悔しいが、VWAP(5,298.7476)は余裕で越えているのでよしとする。まだ現物分も信用分もあるから、下がったら買い、上がったら売っていこう。ただ、この売りでも今月分のマイナス分はカバーできないから、5月も月間トータル収支はマイナスになる。

本日の日経平均株価終値…27,279.80円(前日比-89.63円)、マザーズ指数671.25

 

6/1水曜日。好天である。何か売るか。

休場明けのアメリカ株は3指数ともに下がった。日経平均先物は前日の日経平均株価終値とほぼ同じ。日本株はあまり大きな動きは期待できそうにない。

 

IPOが当然のように外れて資金移動をしたり、月初めに支払う金額の確認と口座移動をしたりしつつ、板を見る。日経平均は前日比+150円ほどで、保有株式の中ではメイン銘柄が同3%ほど上がっている。もうちょっと上がってくれれば期日が近い信用分を売ることができる。来週までにあと10%くらい上がると嬉しいのだが。

 

それ以外は特筆すべき動きはなく、短期で取りたい、取れそうな、取るべき銘柄はない。というか、探せていない。仕方ない。仕事でもするか。

 

後場、気が向いたからマクアケ(4479)を買い、メイン銘柄の信用分を売り注文。前者のみ約定して大引けとなった。

本日の日経平均株価終値…27,457.89円(前日比+178.09円)、マザーズ指数675.33

 

2日木曜日。朝から天気が良く、洗濯日和である。2回ほど洗濯機を回す。

アメリカ株は3指数ともに下がった。ドル円は再び130円台に入っている。

気配値の段階から、メイン銘柄と準メイン銘柄の太陽誘電の株価が上がりそうで嬉しい。前者は四季報の先取り情報に何かが載ったとか。後者はミニゴールデンクロスの形成とレーティングの格上げなどによるらしいが、何にせよこれらの銘柄が上昇することが株で勝つための必須条件なので、誠に喜ばしい限りである。

 

メドピア(6095)が大きく下げている。少し前の成功体験だけを頼りに1,924円で買い注文を出す。ラクラクスルも前日比-6%以上下げており、前者を1,450円で買う。後者はひとまず様子見だ。

太陽誘電は順調に上がっているから5,570円で売り注文。洗濯物を干している間に約定した。その後も上昇し続ける。まだ現物分も信用分も持っているとはいえ、その日の最高値かそれに近い金額で売らないと悔しいから、5,620円(10:22)まで上がったのを見て90デシベルの叫び声を2秒ほどあげる。上がっている途中で売って一時的に下がったところで買い直そうという変態的なことを常に考えているからだ。ちなみに、火曜日にも同銘柄を売っているが、それに関しては1ミリたりとも後悔はない。

 

買いたくても買わずに耐えることが大切なときもある。売りたくても売らずに耐えることが大切なときもある。買いたくなくても買うべき時もある。売りたくなくても売るべき時もある。そーゆーことだ。

 

日経平均株価は一時前日比-200円を超えたが、その後は盛り返している。保有株式の中で上がっているのはメイン銘柄太陽誘電だけだが、まるで日経平均が300円ほど上がっているようなイメージで含み益が増えている。信用枠も増えるし、気持ちに余裕が出るし、良い傾向である。

 

前場が終わってメイン銘柄太陽誘電は前日比で3.13%と6.79%(5,660円)上がっている。日経平均は同-46円だった。

 

後場は大きな動きはなく、前場に売った銘柄も買った銘柄も少し上がって大引けとなった。日経平均は少し下がったけれど、悪くない一日だった。

本日の日経平均株価終値…27,413.88円(前日比-44.01円)、マザーズ指数660.54

 

3日金曜日。昨日は突然の雹に見舞われてびっくりしたけれど、夜遅くにも大粒の雨が降ってうるさかった。それでもしっかり眠っているから体調は良い。

アメリカ株は3指数ともに上昇。日経平均先物も9時前の段階で27,760円だから、日本株は今日も上がるのだろう。

 

昨日買ったラク買い気配でかなり上がりそうなので、買値+100円の1,550円で売り注文を出す。場が始まってすぐ、メドピアが2,077円まで跳ね上がったので、2,075円で売り注文。ラクがすぐ約定(9:10)したのを見つつ、太陽誘電が元気なので信用分を5,720円で売りに出す。9:35約定。

 

何かとせわしない時間を過ごしていると、リボミック(4591)ストップ高になっている。宝くじみたいな銘柄で、株価をより積極的に見るためにわずかな株数を保有しているだけだが、損益は-50%を超えている。たまにこうした花火が打ち上るのだが、それが実を結ぶ日はくるのだろうか? ストップ高とはいえ221円と手頃な金額だから遊ばれやすいともいえる。いつも通り高みの見物である。

 

最近の譲渡益に貢献しているのがラクだ。5/6の1,399円買い→5/26に1,593円売りをはじめとして、1,349円買い→1,409円売り、1,284円買い→1,606円売り、1,278円買い→1,485円売り、1,450円買い→1,550円売りと、ここ1ヶ月は一度も負けずに売買ができている。昨年9/15には4,775円まで上がったのにここまで下がったから満を持して参戦した。

ラクスルも同じだ。昨年11/18には7,310円まで上がったのに、ラクスと同じようにそこから70%近くも下がったから参戦したわけだ。残念ながらこちらは含み損を抱えているが。

 

振り返ると、過去にも似たような経験をしている。BASE(4477)HENNGE(4475)だ。高値からかなり(と考えた)下がったところで頃合い良しと判断して参戦し、最初のうちこそちまちま勝っていたけれど、その後のドカーン下げに付き合って傷口を広げ、恐らく損切分と含み損分で3桁万円くらいは負けたはずだ。

いかに参戦タイミングが大切かということだ。

 

今週は信用分をだいぶ整理できたし、利益確定もできたのですっきりした感じ。少し大きめの下げを織り交ぜつつ基本は上に向かって株価が上がっていけば儲かるので、来週からはそんな展開をお願いしたい。(令和4年6月4日)

6/3の日経平均株価終値…27,761.57円(前日比+347.69円)、マザーズ指数670.37

kingdomfreedom.hatenablog.com