パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

ウインカーから始める安全運転

最近の若い奴は…などというつもりはないけれど、日々生きているのだから年を取るのは普通のことだ。そして、年を取れば愚痴が多くなる。哀しい事実だ。

 

車を運転していて思うこと。それはウインカーだ(もう何度も書いているが、大切なことだから視点を変えてまた書く)。道交法を持ち出すまでもなく、右・左折時はその約30メートル手前、進路変更をする場合はその約3秒前にウインカーを出すことになっている。それが共通認識になっていれば、約30メートル前ないし約3秒前までにウインカーを出していない車は右・左折も進路変更もしないと判断できる。しかし、実際は違う。

右折レーンの先頭にいるのにウインカーを出していないのはなぜ? 曲がり始めてから出す自分のアホさ加減に気が付かないのはバカだから? 右・左折の際も進路変更の際も全く出さないのはウインカーを出すことで消耗するバッテリーを保護している?

 

よくあるのは、割り込まなければならない際にウインカーを遅らすパターンだ。ウインカーを出したら意地悪され、割り込みできないと考えるのだろう。逆だ。

2車線から急に1車線になる(たいていは予告されているが)、工事中でいきなり車線がなくなる、2車線のうちの左側が左折専用になる、2車線のうち右側が右折専用になるなど、車線変更(割り込み)しなければならないことは生じてしまう。道に慣れてきたら早めに車線変更をするといった対処ができるが、初めての道を走ることもあるし、そういった車線変更はやむを得ない。

こういった場合、なるべく遅めの位置で割り込むのがスムーズで、特に合流車線の短い首都高速道路などではそれが当たり前だし、意地悪する人はほとんどいない。

しかし、一般道ではそれが「ずるい」と認識されることもあるようで、合流最終地点で割り込もうとすると意地悪されることはある。軽い洗礼だと諦めよう。しっかり30メートル前から車線変更をする意思を示し、入れてくれる車を待てばいい。洗礼ではなく、入れない車が晒されているくらいに考えればいい。そして、道に慣れてきたら早めに車線変更しておけばいい。

 

高速道路でもウインカーを出すタイミングは大切である。職業ドライバー(トラックやバス)が多い深夜帯の高速道路では、トラックドライバーの上手いウインカーの出し方に遭遇することがある。一気に加速ができない車は、そうやって自分がこの後どのような行動をするのかを周囲にしっかりアピールし、事故やヒヤリハットを未然に防いでいるのだ。

半面、下手くそだったり未熟だったりする運転者は、自分の今後の行動を誰にも予想させない。右折車線の先頭で青信号を待っているのだから右折するに決まっているだろ、くらいに考えている。ウインカーを出した瞬間に進路変更をして周囲の車に恐怖感を与える。

 

ただ、わからなくもない。

自分が先の交差点で左折する場合、早めにウインカーを出すと対向車線の右折車がそれを見て先に曲がろうとすることがある。それが嫌なのだ。

教習所で習ったことをいつまでも実行するのは初心者みたいで格好悪い。そんな思いが働くこともあるだろう。

道がわからなかったり、急に曲がらなければならなくなったりすることもあるだろう。ウインカーを出さないだけではなく、周囲すら見ていないから、周りの車の機転によって危うく大事故を免れたとしても、それにすら気が付かない。

 

ウインカーは安全運転のために欠かせない機器である。武器と言ってもいい。危機を招かないためにも普段からしっかり使いたいものである。

最後に一つ。ウインカーはブレーキを踏む前に出す。それを心掛けよう。(令和4年7月10日)